bmr

bmr>HOTSPOT>[new song] SAINt JHN (Carlos St. John) – I Heard You Got Too Litt Last Night [prod. by f a l l e n]

HOTSPOT

[new song] SAINt JHN (Carlos St. John) – I Heard You Got Too Litt Last Night [prod. by f a l l e n]

Saint JHN (Carlos St. John) - I Heard You Got Too Litt Last Night

アッシャー『Hard II Love』で“Crash”をフォーレン(f a l l e n)と共同プロデュース、“Rivals”のソングライティングにも名を連ねたカルロス・セイント・ジョン。2016年頃からセイント・JHNという名義でブルックリンを拠点にトラップ系ラッパー/シンガーとしても活動している彼が、新曲“I Heard You Got Too Litt Last Night”を発表しました。プロデュースは“Crash”同様にフォーレンです。

ガイアナ系アメリカ人のカルロス・セイント・ジョン(ブルックリンと南アメリカを行き来して育ったそう)は、フーディ・アレンの2012年曲“No Interruption”などにソングライターとして名を連ねたほか、カイザ+ジョーイ・バッドアスの“Bad Thing”、ゴーゴン・シティの“Doubts”、dvsnの“Can’t Wait”(最新作『Morning After』収録)などにもソングライターとして関与。ゴーゴン・シティの“Doubts”はフォーレンがアディショナル・プロデュースで関わっています。

またカイザ+ジョーイ・バッドアスの“Bad Thing”は、アッシャー“Crash”でも共作したラティフも関わっており、ラティフの2016年作『Love Language』にはセイント・JHNがラッパーとして参加。セイント・JHNは、2016年3月に発表した“1999”から本格的にアーティスト活動を始めたものと見られますが、同年7月に発表されたフォーレン制作の“Roses”がヒット。Kitsunéのコンピ『Kitsuné Maison Compilation 18: The Hysterical Advisory Issue』にも収録され、Spotifyでは1000万回再生、ハンガリーの映画『ヴェルクマイスター・ハーモニー』をベースにしたというMVはYouTubeで400万回再生を記録しています。