bmr

bmr>HOTSPOT>[live videos] チャンス・ザ・ラッパーがSNLでグラミー候補作から2曲をパフォーマンス

HOTSPOT

[live videos] チャンス・ザ・ラッパーがSNLでグラミー候補作から2曲をパフォーマンス

Chance the Rapper - Saturday Night Live 2016

昨年12月に初めて人気TV番組『Saturday Night Live』に出演し、メジャー・レーベルと契約していないアーティストによるパフォーマンスはこの長寿番組の長い歴史の中でも初となったチャンス・ザ・ラッパー。彼が、年内最後の放送回で『Saturday Night Live』に1年ぶりにカムバック。

今回は、『Coloring Book』(→ 全曲フル試聴)で来年のグラミー賞7ノミネートとなったチャンスが、このミックステープから“Finish Line”と“Same Drugs”の2曲を披露しました。前者には、8月に発表したフリー・アルバム/ミックステープ『Telephone』も素晴らしかったノーネーム(・ジプシー)が、後者には『The Hamilton Mixtape』でもチャンスと共演、また9月にデビュー作を発表したフランシス&ザ・ライツも参加しています。

公式の映像ではないので削除される可能性ありますので、ご了承のほど。ちなみに出演前には、「TVでは『Coloring Book』の全曲を一度はパフォーマンスしたいんだよね。これまで5曲やったけど、今度のSNLでは何を見たい?」と事前にファンにパフォーマンスする曲のリクエストを募っていました。またこの出演タイミングに合わせてでしょうか、ビッグ・ショーンがチャンスとジェレマイ参加の“Living Single”を発表。元々は『Coloring Book』用に制作された楽曲だったといわれています。

また旧聞ではありますが、先月には英BBC放送の番組でドレイクの“Feel No Ways”をカバーしたほか、“All We Got”をパフォーマンス。

10月からキットカットの新CMに登場、チャンス流にジングルをカバーしていることも話題となっていますが、ハロウィン・バージョンも登場しています。