bmr

bmr>HOTSPOT>[live report] Nao Yoshioka 公開ライブ・レコーディング レポート

HOTSPOT

[live report] Nao Yoshioka 公開ライブ・レコーディング レポート

Nao Yoshioka - Denon - YEBISU MUSIC WEEKEND 2014

先日、ヤマハミュージックコミュニケーションズからのメジャーデビューが発表され、さらなる飛躍が期待される日本人ソウル・シンガー、Nao Yoshioka。あのアポロシアターのアマチュアナイトで準優勝し、日本人としては異例のトップドッグまで勝ち上がった実力派として知られる彼女が、去る11月に開催された〈YEBISU MUSIC WEEKEND〉で公開ライブ・レコーディングを開催。その時の様子をレポートします。

11月3日(月・祝)、恵比寿ガーデンプレイスのザ・ガーデンルームにて開催された公開ライブ・レコーディングは、彼女が所属するSWEET SOUL RECORDSをバックアップしていることでも知られるDENONとのコラボレーションによる企画で、「ハイレゾ」なDSD(Direct Stream Digital)での高音質のレコーディングが行われた。

(ここでのDSDレコーディング音源は、今月15日月曜19時まで渋谷ヒカリエの8階で開催されているOTOTOY DSD SHOP2014で先行試聴できる)

最初に主催者からの説明があり、続けてDENONの宮原氏から挨拶。DENONはハイレゾ対応ポータブルヘッドホンアンプを発表していたが、ハイレゾへの取り組みについて「コンテンツの素晴らしさをあまりなく伝える」、「演奏者のパッションまで引き出す」というフィロソフィーを説明。今回のコラボレーションへの期待を明かした。

簡単なサウンドチェックを終えて、実際の公開レコーディングへ。昨年話題になったデビュー・アルバムから、表題曲“The Light”の録音を行う。今回の編成はキーボードとパーカッションというミニマムなもの。3人とも、12月に発売されるDENONの新製品ヘッドフォンを付けながら臨む。観客に見守られながらレコーディングするのは(当然ながら)初めて、とやや緊張を見せるNao Yoshiokaだが、彼女の歌声、演奏が熱を帯びていく様子に、次第に観客もステージ前方へ吸い寄せられていく。

レコーディングということで、OKが出るまでやり直す、という説明が最初にあったとおり、本人たちはすぐに2テイク目に。1テイク目もけっして悪いものではなかったが、明らかにノリが違う。Nao Yoshiokaもさらに力強さを魅せる一方で、楽しむ余裕ができたのか、演奏との呼吸がさらにリンクして、ダイナミズム溢れるステージに。誰もが納得したであろう、明らかな違いに、パフォーマンス後は大きな喝采が巻き起こった。

本人たちもいい演奏ができたという実感があったか、ここで一度、録音のチェックに。会場にもプレイバックが流れる中、Nao YoshiokaはSWEET SOUL RECORDS代表の山内氏と共に確認。もう少し試してみたくなったようで、3テイク目を行うことが決定。そんな様子まで眺めているのはちょっと不思議な光景だが、これぞ公開レコーディング、でもある。

モニターを調整するなどして挑んだ3テイク目だが、結果的に爆発力のあった2テイク目が採用。「これ以上やると落ちていく」という声もあがり、レコーディングにおいてはフレッシュさも重要であるということで、これ以上テイクを重ねるのは止めることに。

レコーディングを終え、その後はミニ・ライブへ移行。ロバータ・フラック……というよりアレンジからいってフージーズ版な“Killing Me Softly”のカバーで会場を温めると、『天使にラブソングを 2』でも有名な“His Eye Is On The Sparrow”で彼女のルーツにあるゴスペルを強く感じさせるエモーショナルな歌声でグっと心をつかむ。さらに、ホイットニー・ヒューストンの名バラード“I Have Nothing”をドラマティックに決め、観客はすっかり彼女の虜だ。得意のアレサ・フランクリン“Think”(『The Light』iTunes版のボーナストラックでもある)で躍らせると、一気に終幕。さらなる“チェンジ”を起こそうとしている彼女が、彼女にとって初のオリジナル曲となった“Make the Change”でステージを終える。

〈YEBISU MUSIC WEEKEND〉内の企画ということで、彼女の歌に初めて触れた人たちもちらほらといたようだが、彼女の醍醐味である生の歌声の力強さ、素晴らしさは強く印象に残ったことだろう。最初に行われた“The Light”のDSDレコーディングの音源は、今後配信される予定だが、12月15日月曜19時まで渋谷ヒカリエの8階で開催されているOTOTOY DSD SHOP2014で先行試聴できるので、機会があればぜひ、彼女のパッションまで感じられるレコーディングを体感してみてほしい。

なお、欧州ツアーを終え、先日シャーマ・ラーズとの日本ツアーも終わらせたNao Yoshiokaだが、来年のメジャー・デビューの前に、まだ年内に彼女のライブを観ることのできる機会がある。今月18日(木)にはkawara CAFE&DINING FORWARD福岡店のオープニングを祝うライブに出演、そしてクリスマスの25日(木)には品川プリンスホテル Club eXでスペシャルな夜を届ける。

「KAWARA CAFE&DINING FORWARD 福岡 OPENING LIVE ~NAO YOSHIOKA~」
日時:2014年12月18日(木)
・1stステージ 18:00開場/18:45開演 ・2ndステージ 20:45開場/21:15開演(入れ替え制)
会場:kawara CAFE&DINING FORWARD 福岡店
(住所:福岡県福岡市中央区天神2-11-1福岡パルコ新館6F)
・チケット案内:http://141218kfp.peatix.com

「PRINCE HOTEL ~SHINAGAWA X’MAS PREMIUM LIVE AT CLUB EX~ NAO YOSHIOKA」
日時:2014年12月25日(木)・1stステージ 18:30開場/19:00開演 ・2ndステージ 21:00開場/21:30開演
会場:品川プリンスホテル Club eX
・チケット案内:http://ny20141225.peatix.com