bmr

bmr>FEATURE>KANDACE SPRINGS interview / 「カリーム・リギンスはオールド・ソウルな感覚を持ちつつ、ニュー・スクールなこともできる」

FEATURE

KANDACE SPRINGS interview / 「カリーム・リギンスはオールド・ソウルな感覚を持ちつつ、ニュー・スクールなこともできる」

晩年のプリンスから「雪をも溶かす(ほどの温かい)歌声」と称賛され、名門Blue Note Recordsからデビューを飾ったシンガー・ソングライター、キャンディス・スプリングス。彼女が届ける2作目のフル・アルバム『Indigo』は、なんとカリーム・リギンス全面プロデュース作。ロイ・ハーグローヴやクリス・デイヴ、エレーナ・ピンダーヒューズらも参加した同作を9月7日にリリース、11月には来日公演も控えるキャンディスが、この注目の新作、そして以前のインタビューで明かしていた「ペイズリー・パークで録音した」音源の行方などについて語る。

取材・文/末崎裕之 hiroyukisuezaki (bmr) 通訳/押野素子 Motoko Oshino Matthews

“Piece Of Me”ではシャーデーっぽい雰囲気を狙った。シャーデーがやっていたのと似たようなことを、若い人たちや、今の音楽シーンに少し取り戻すことができたら

(⇒ P1より)
また、本作には他にも、様々なアーティストが取り上げてきたスタイリスティックスの“People Make The World Go ‘Round”や、前作に引き続き参加しているジェシー・ハリスの“Black Orchid”なども取り上げているが、今回のカバーと言えばやはり、“The First Time Ever I Saw Your Face”だろう。

彼女の影響源のひとり、ロバータ・フラックのバージョンで有名なこの曲は、キャンディスがプリンスの『Purple Rain』30周年記念コンサートに招かれた際、プリンスの選曲で歌い、以来、彼女のライブでは定番となっているカバーだ。しかし、意外にも前作『Soul Eyes』では収録されなかった。

Maaaaaaan!!! Girrrrrrrrrl!!! 私だって(『Soul Eyes』に)入れたかったわよ! 説明は避けるけど、複雑な事情があって……。あ、でも、『Soul Eyes』にはカバーがたくさん入っていたから、それで入れなかったっていうのも理由のひとつかな。あのアルバムの制作中、私たちはいろんな人たちと仕事をしていて、すごくたくさんの候補曲があったの。アルバムが出る直前ぐらいにあの曲も候補に復活した、というか……定期的には歌ってたんだけど、グレゴリー・ポーターの前座をやった時に、毎晩歌うようになって、それで観客の反応を試してたのね。でもその頃にはもうアルバムは完成していて……これで辻褄は合うかな? 今ではすべてのショウで、あの曲を最後に歌ってる

そして新作『Indigo』は、前作と比べオリジナル楽曲が増え、ジャズの枠に留まらない作風が聞けるのも特徴だ。ラグンボーン・マンの2016年ヒット“Human”の作者のひとりであり、近年はジェニファー・ハドソンを手がけているジェイミー・ハートマン(Jamie Hartman)による“Breakdown”は、彼らしいゴスペリックなテイストの楽曲。外部作家も多く参加しており、ダンスホール的なリズムのリード曲“Don’t Need The Real Thing”は、ピンクの全米トップ20ヒット“Sober”などで知られるジミー・ハリー(Jimmy Harry)ら提供のポップな1曲だ。

ちなみにこの“Don’t Need The Real Thing”には、「コモンがラップしているバージョン」が用意されていることを明かしてくれた。この回答は実は、昨年、彼女がテラス・マーティンやロバート・グラスパーとレコーディングしたことについて訊ねた時に「ごめん、ロバート・グラスパーやテラス・マーティンとレコーディングしたという話、ちょっとよく分からない」という回答と共に彼女が思い出したもの。テラス・マーティンとはInstagramで「ハリウッドでテラス・マーティンと私のセカンド・アルバムを制作中」と彼女自身が明かしていたし、ロバート・グラスパーについてもMonterey County Weekly紙の記事には「1時間前にコモンとロバート・グラスパーと共にレコーディング・セッションを終えたばかり」と紹介されていたのだが……「ロバートについては、彼のギグで歌ったぐらいかなぁ……」とのことで、実際にはレコーディングなど行っていなかったようだ。

閑話休題。クロスオーバーなテイストの楽曲も目立つ『Indigo』だが、とりわけ、“Love Sucks”は60年代の西海岸フォーク・ロックのようなテイストで驚かせる。スザンヌ・ヴェガのBlue Note移籍作『Beauty & Crime』を始め、エイミー・ワインハウスやシーアも手がけてきたジミー・ホーガース(Jimmy Hogarth)が、ロジャース&スターケンと共に手がけたものだ。

あの曲は6年くらい前……5年半ぐらい前に書いたの。エイミー・ワインハウスっぽい雰囲気でね。エヴァンとカールと3人で歌詞のアイディアを出しあって、ブレインストーミングしてたの。そしたらエヴァンが、『Love Sucks』ってタイトルを口にして、そのほかにもいろいろ言ってたんだけど、私は『ちょっと待って! そのタイトル、みんなの頭の中に残るはず!』って言って、そこから曲を作ったの。

私、ビリー・ホリデイっぽかったり、エラ・フィッツジェラルドっぽかったり、シャーデーっぽかったり、ロバータ・フラックっぽかったり、いろんなトーンを持ってるの。ノラ・ジョーンズやエリカ・バドゥっぽくも歌えるし。この曲では、ビリーとエイミーが少し入ってる感じかな。すごく楽しくレコーディングできた

シャーデーっぽいと言えば、前作にも「プリンスがすごく気に入った」という“Novocaine Heart”は、「実際にシャーデーの曲にインスパイアされた」と以前に話してくれていたが、今回も“Piece Of Me”にはシャーデーの色香が漂う。“Novocaine Heart”が“Smooth Operator”っぽいとしたら、こちらは“Sweetest Taboo”っぽいか。

この“Piece Of Me”は彼女がしばしば、「私たち」として話すロジャース&スターケンとのタッグで書かれたもの。ロジャース&スターケンも「シャーデーの大ファン」だそうだが、やはりキャンディスにとってもシャーデーは特別な存在のようだ。

うん、そのとおりね! この曲ではシャーデーっぽい雰囲気を狙ったの。シャーデーがやっていたのと似たようなことを、若い人たちや、今の音楽シーンに少し取り戻すことができたらなあと思って。それでも、彼女の真似しすぎることなく、きちんと私の曲になってるといいなぁ
P3「ペイズリー・パークでレコーディングした曲は……分かるでしょ、プリンスのエステートがいかに厳しいか(笑)」へ⇒)

★プロモーション来日決定!
『Indigo』発売記念イベント(ミニ・ライブ&サイン会)
日時:2018年9月13日(木)19時~
場所:タワーレコード渋谷 7Fイベント・スペース

VOGUE FASHION’S NIGHT OUT 2018 TOKYO スペシャル・ライブ
日時:2018年9月15日(土)12時~
場所:表参道ヒルズ 本館B3F スペース オー

11月に来日公演決定!
■ 東京公演
日時:2018年11月27日(火)18:30 open/19:00 start
会場:東京国際フォーラム ホールC
価格:¥8,500([全席指定]/税込)

■ 大阪公演
日時:2018年11月28日(水)18:30 open/19:00 start
会場:サンケイホールブリーゼ
価格:¥8,500([全席指定]/税込)※入場時にドリンク代別途必要

Kandace Springs - Indigo
『Indigo』tracklisting:
1. Don’t Need The Real Thing [prod. by Karriem Riggins & Jimmy Harry]
2. Breakdown [prod. by Jamie Hartman]
3. Fix Me [prod. by Karriem Riggins]
4. Indigo, Pt. 1 [prod. by Karriem Riggins]
5. Piece Of Me [prod. by Karriem Riggins]
6. 6 8 [prod. by Karriem Riggins]
7. Indigo, Pt. 2 [prod. by Karriem Riggins]
8. People Make The World Go ‘Round [prod. by Karriem Riggins]
9. Unsophisticated (feat. Roy Hargrove) [prod. by Karriem Riggins]
10. Black Orchid [prod. by Karriem Riggins]
11. Love Sucks [prod. by Evan Rogers & Carl Sturken / co-prod. by Jimmy Hogarth]
12. The First Time Ever I Saw Your Face [prod. by Karriem Riggins]
13. Simple Things (feat. Scat Springs) [prod. by Evan Rogers & Carl Sturken]

[Japanese bonus track]
14. Cold Summer [prod. by Karriem Riggins]