bmr

bmr>FEATURE>THE GOSPELLERS x BRIAN MICHAEL COX & J.QUE / ゴスペラーズ新作を手がけたR&Bの名匠たちが語る

FEATURE

THE GOSPELLERS x BRIAN MICHAEL COX & J.QUE / ゴスペラーズ新作を手がけたR&Bの名匠たちが語る

ゴスペラーズの代表曲、「永遠(とわ)に」。この曲を生み出したのが、後に、アッシャーの“U Got It Bad”、“Confessions Part II”、“Burn”やメアリー・J.ブライジ“Be Without You”といった大ヒット・シングルを生み出してきた名R&Bプロデューサーのブライアン・マイケル・コックス、そしてビヨンセの“Best Thing I Never Had”やアリアナ・グランデの“Baby I”なども手がけたソングライター&ボーカル・プロデューサーのパトリック“J.キュー”スミスの2名であることは、R&Bファンなら周知の事実だろう。そしてこのふたりが16年の時を経て、ふたたびゴスペラーズとタッグを組んだ。このブライアン&J.キューは、ゴスペラーズがこの10月3日に発売したばかりの最新オリジナル・アルバム『What The World Needs Now』で5曲をプロデュース(ブライアンとJ.キューは個々に1曲ずつも担当)している。このレコーディング・セッションのために今春、ふたりが来日していたところをキャッチ。ゴスペラーズの5人と共に彼らとゴスペラーズとの“繋がり”と最新作について、彼らとゴスペラーズとの“繋がり”と最新作について対談してもらった。そしてさらにブライアン&J.キューのふたりには、今のR&Bシーンに“欠けて”いるもの、日本と韓国の違い、そして彼らがこれまで手がけた楽曲の知られざるエピソードなど大いに語ってもらった。必読の超ロング・インタビュー。

取材/Kana Muramatsu 文責/bmr編集部

(⇒ P4より)
さて、ここからはブライアンとJ.キューのふたりに語ってもらう。bmr独自インタビュー。

――以前にアドニスらと共に、ノデシィ(Nodeci)というスーパー・グループをやっていましたよね? (2人で大爆笑し始める) あれはどういうきっかけで始まったのでしょうか? R&Bファンは今でも本格(再)始動を待ち望んでいると思いますが、やはり、もうやる予定はないのでしょうか?

ブライアン
「あれは、俺がグループに入れて欲しいって一種のおねだりしたみたいなもん(笑)。だからオーディションテープも作った。最高のベッドに潜りこもうとしたってわけさ(爆笑)」

J.キュー
「Nodeciはすごく楽しかったよ。あれはある日、スタジオにいたんだけど……よくあるだろ? 仕事しなきゃいけないのに、なんだか何もうまくいかない日って。あの日はそういう日だった。曲は書いてたけど、別に特別だって感じるものもなかった。それで、これをみんなに聴かせたら面白いだろうな、って思った曲を聴かせたら、みんなが、『アホか!』って(笑)。さんざん笑った後、なぜだかみんなで改めてプロデュースし直して、歌って、レコーディングして、さらに曲書いて、また書いてってやってたら、ああいう形になったんだよ。すっごくバカげたことだったけど、めちゃくちゃ楽しかった」

――じゃぁ、ちゃんと表に出すつもりは全くないんですか? せめてsoundcloudとか?

J.キュー
「あれは出せないよなぁ」

ブライアン
「soundcloudならいいんじゃないか。そうだ、soundcloudにアップしようぜ」

J.キュー
「soundcloudにアップするなら、あと数曲作るか!」

ブライアン
「あれは実際にちゃんと活動してもよかったかもな。今からでも遅くないけど。でも、本当にジョークとしてやったことなんだ。まぁ、みんなそれだけ才能があるってことさ。ジョークなのに、超ホットな曲が出来ちゃうんだから。あれって何年前だっけ? 7年ぐらい前? 当時は、今もだけど、グループがいなくて、グループのサウンドが聴きたかったって願望もあったんだよな。たぶん日本は違うと思うけど」

J.キュー
「たぶんアメリカだけ、グループの人気がないだけなんじゃないかな。ただのグループじゃなくて、歌えるグループ。アメリカじゃもう存在してないもんな」

ブライアン
「もういなくなっちゃったよね。今はもう活動してないけど、UKの何だっけ、ワン・ダイレクション。彼ら以降、一切グループが出てこなくなっちゃったよね。もちろんデビューしたグループはいただろうけど、ちゃんと活動してヒットするまで至ってない。グループでの活動そのものが難しい世界になってしまった」

――その中で面白い流れなのが、最近ジャギド・エッジや112とか、90年代~00年代に活躍していたグループたちが次々と再結成したり、新作を発表したり、ツアーに出てますよね。

ブライアン
「こういうサイクルって必ず戻ってくるもんだろ? それと同じだよね。今俺たちは40代で、20年前にフランキー・ビヴァリー&メイズとかアース・ウィンド&ファイアーが戻ってきたように……」

J.キュー
「彼らはずっと継続してやってるじゃないか」

ブライアン
「そうだけど、メアリー、ジャギド・エッジや112が20代で活躍していたあの頃、彼らはオールドスクール的な存在として脚光を浴びるようになってた。今ではまさにオールドスクールだけどさ。それと同じような感覚でもあると思うんだ」

J.キュー
「俺たちの世代の人間は、ああいうエンターテイメントを今、すごく求めてる気がするんだ。他に楽しみがないだけでなく、大人になって、ちゃんと仕事もして、実際にチケットをお金を払って買えるようになったから、彼らの世代がツアーに出るのは絶好のタイミングだよね」

ブライアン
「最近すごくよかったのは、〈90’s Block Party Tour〉。112、ジャギド・エッジ、ジニュワイン、SWV、ネクスト……90年代~00年代のスターがラインアップされてたから、懐かしくてみんな行きたがるよね。

それにあの時代のアーティストたちのファンが本当に多いってことが、自分のインスタでランダムに当時のグループの紹介をしていると(*)、顕著に表れて。若いアーティストたちですら、あの時代への愛を語ってる。シルクの『Tonight』だったり、ジョデシィ、ボーイズIIメン。みんながすごく反応してくる。そういった流れって必ずサイクルで戻ってくるだろ? だから、またグループの時代がやってくると思うよ。どんな時代も、何が流行していようと、何かしらが生まれたり、発展したりする隙間は必ず存在していて、その隙間がどんどん広がるもんなんだ」

*……ブライアンは自身のInstagramで、ガイやH-タウン、ジョデシィ、112、ボーイズIIメン、ジャギド・エッジ、SWV、702、TLC、ブラウンストーン、エクスケイプなど80s~90sのR&Bグループの写真をたくさん上げていた

ブラック・ミュージックはただの音楽じゃない。カルチャーそのもの。ミーゴスのアルバムは『Culture』、『Culture 2』だろ? あれは彼らの世代にとってのカルチャーだから、タイトルとして的確なんだ ―― ブライアン

――90年代あたりの音楽がまた再熱しているのは、今言っていたようにサイクルで戻って来ているだけだと思いますか?

ブライアン
「何がいい音楽かということは、人の好みによっても違うけど、音楽というのはどの時代も、若い世代が鍵を握ってるわけだよね。これまで素晴らしいアーティストとして知られている人たちはみんな、それぞれの時代でその時代の若い世代が人気を支えてきた。

クイーン・オブ・ソウルのアレサ・フランクリンが最初にレコードを出したのが15歳の時。それから、例えばMotown Records。60年代のMotownのスローガンは、『The Sound of Young America』(アメリカ青年層の音楽)ってぐらいだからね。だから、それぞれの時代で、それぞれの時代を代表し、その時代を思い出させてくれるアーティストは必ずいるよね。ネクスト、SWV、ジャギド・エッジ、112が、今の時代にこういうツアーが出来るというのは、当時、90年代をリードしてきた存在だったから。俺たちは100歳の年寄りじゃないから、同世代の友達とパーティーして楽しむことが出来る世代。

それは俺たちの上の世代も、下の世代も同じで、それぞれの世代に、懐かしく楽しめる存在がいる。チャーリー・ウィルソンは8歳から80歳まで楽しませるけど(笑)。彼が凄いのは、自分がデビューした頃と同じ世代のファンだけでなく、成長していく過程の中でそれぞれの時代で自分の在り方を変化させて、今の年齢になってもずっとツアーを続けられるくらい、ファン層を広めたってこと。スヌープ、R.ケリー、カニエを通じて新しいファン層を作り上げた。彼は進化し続けた。だから継続して活動し続けていられるだけでなく、世代を超えて楽しませることが出来る。そういう存在は本当に稀だよね。

それと、もうひとつ重要なのは、ブラック・カルチャー。俺たちの両親の世代から受けついているものが多い。例えば、キューは教会で育った。世俗音楽に触れることが出来たのは、誰かから譲り受けるとか、ラジオを通して」

J.キュー
「俺が教会通いだぜ!(笑)」

ブライアン
「俺の場合、教会に通っていたけど、母親は行ってなかった。俺を教会に送り届けて、そして、すぐ帰る(笑)。母親が音楽にドップリで、特にR&Bの大ファンだった。そういうパレットの上で育ってるから、今の俺がある。

ブラック・カルチャーの中で、なぜフランキー・ビヴァリー&メイズが世代を超えて誰もが知る存在であるかというと、親から子へ引き継がれているから。俺も実際に人生で始めて行ったコンサートが、フランキー・ビヴァリーとザップ。今でも、〈Essence Festival〉でフランキー・ビヴァリー&メイズが登場すると、観客が全員白い服を着て、エレクトリック・スライド(ダンス)する。それこそ、まさにカルチャーなんだ。それこそがブラック・ミュージック。ブラック・ミュージックはただの音楽じゃない。生きた文化そのもの。BBQ、日曜のディナー、教会、すべて。カルチャーそのものなんだよ。

だから、それぞれの世代にそれぞれのカルチャーがある。ミーゴスのアルバムは『Culture』、『Culture 2』だろ? あれは彼らの世代にとってのカルチャーだから、タイトルとして的確なんだ。彼らこそが今のカルチャーだってことを、自分たちでもわかってるんだ。そして音楽のルネサンスとして今の時代に欠けているのが、R&Bグループの存在。だから新しいR&Bグループは誕生しなければいけない。今、欠けている唯一のパズルのピースがそれなんだ。この間、クリス・ブラウンが若い奴らのことをポストしてたけど、新しいグループが誕生するのは間近だって最近実感するんだ」

J.キュー
「クリスこそ、そういうグループの誕生を可能に出来る数少ない人間のひとりだと思うんだよね」

ブライアン
「彼はそういうこと全てをちゃんと理解してるからね。ごめん、話がだいぶそれちゃったな」(⇒ P6へ)