bmr

bmr>FEATURE>THE GOSPELLERS x BRIAN MICHAEL COX & J.QUE / ゴスペラーズ新作を手がけたR&Bの名匠たちが語る

FEATURE

THE GOSPELLERS x BRIAN MICHAEL COX & J.QUE / ゴスペラーズ新作を手がけたR&Bの名匠たちが語る

ゴスペラーズの代表曲、「永遠(とわ)に」。この曲を生み出したのが、後に、アッシャーの“U Got It Bad”、“Confessions Part II”、“Burn”やメアリー・J.ブライジ“Be Without You”といった大ヒット・シングルを生み出してきた名R&Bプロデューサーのブライアン・マイケル・コックス、そしてビヨンセの“Best Thing I Never Had”やアリアナ・グランデの“Baby I”なども手がけたソングライター&ボーカル・プロデューサーのパトリック“J.キュー”スミスの2名であることは、R&Bファンなら周知の事実だろう。そしてこのふたりが16年の時を経て、ふたたびゴスペラーズとタッグを組んだ。このブライアン&J.キューは、ゴスペラーズがこの10月3日に発売したばかりの最新オリジナル・アルバム『What The World Needs Now』で5曲をプロデュース(ブライアンとJ.キューは個々に1曲ずつも担当)している。このレコーディング・セッションのために今春、ふたりが来日していたところをキャッチ。ゴスペラーズの5人と共に彼らとゴスペラーズとの“繋がり”と最新作について、彼らとゴスペラーズとの“繋がり”と最新作について対談してもらった。そしてさらにブライアン&J.キューのふたりには、今のR&Bシーンに“欠けて”いるもの、日本と韓国の違い、そして彼らがこれまで手がけた楽曲の知られざるエピソードなど大いに語ってもらった。必読の超ロング・インタビュー。

取材/Kana Muramatsu 文責/bmr編集部

(⇒ P3より)
――ブライアンとJ.キューに質問ですが、これまで自分で書いた楽曲の中で一番好きな曲はなんですか? すごく難しい質問かもしれませんが。

ブライアン
「自分がプロデューサーやライターとして関わった曲で好きなのは……時と場合によって変わったりするんだよね。やっぱり、それぞれの曲に個人的な思い出とか詰まってるから。アッシャーの曲とかメアリー(・J.ブライジ)の曲とかマライア(・キャリー)の曲ってのがみんなには分かりやすいかもしれないけど、でも俺が自分でも気に入っているプロダクションは、リル・モーの“4Ever”。

それと、そうだな、メアリーの“Be Without You”。楽曲そのものももちろん気に入っているけど、この楽曲のおかげで経験したこと全て含めて。この曲でグラミー賞8部門にノミネートされたり、プリンスの3列後ろに座ることが出来たり、授賞式には何度かそれまでも行ってたけど、初めて母親を連れて行けたグラミー賞でもある。自分にとってもっとも想い出に残る夜、いや、1週間だった。その時のプレスリリースによると『数部門同時ノミネートは、ビヨンセ、コールドプレイ、アーケイド・ファイア、ブライアン・マイケル・コックス』って。わかるだろ? スタジオでそれを聞いて、『マジかよ!』って。だからそれも含めて、メアリー・J.ブライジの“Be Without You”は俺にとってもっとも大切な楽曲と言えるかな。

ただ、楽曲のプロダクションとして好きな曲を選べっていわれたら、この間実際に依頼もされたけど、プレイリストを作って聴いてもらったほうが早いかな。数え切れないほどあるからさ」

J.キュー
「俺は即答できる。でも誰も知らない。世に出てないから。俺が自分で書いた曲の中で一番好きなのは、“Music Box”という曲」

ブライアン
「あれは最高の曲だよ」

J.キュー
「あの曲のおかげで発掘されたと言える。人生でプロとして初めて書いた数曲のうちの1曲で、初めてレコーディングした曲。ダラス・オースティンが聴いて気に入って、契約したいと言われた曲。LA・リードの音楽出版会社の代表のシャキア・ステュワートが聴いて、ミーティングに呼ばれて、契約したいと言われたけど、他の曲はレコーディングしてないって言ったら、ため息つかれて、『もしこれで4万ドル渡して契約したら、俺はクレイジー扱いされる』って言われたんだ。でも俺は、『今、4万ドルくれ!』って(笑)。でも彼に、『君は才能あるから、とにかく書き続けろ。数曲上がったら、もう一度会いにきてくれ』って。結局1~2年後に彼のところと契約することになったんだけどね」

ブライアン
「“Music Box”は、地元じゃすごく話題になった曲だった。みんながあの曲のこと噂してた。忘れられないよ」

J.キュー
「さっき話した、“歌うべき人を待っている”状態の1曲でもある。曲として完成しているけど、あの曲を歌える人をまだ見つけられていない。書いてから20年経っても、この曲を歌ってもらいたいと快く思える人に出会えてないんだ」

――自分で歌うことは考えていないんですか?

J.キュー
「歌うこと自体は可能だよ。実際に俺はアーティストとしてこの世界に入ったから。実はアルバムもレコーディングしたんだ。実際に契約するかしないかって話になったタイミングで、息子が生まれて」

ブライアン
「レコード会社からも声かかってたよな。ブランディが契約したがってたり、何社か争奪戦になってたよな」

J.キュー
「俺のマネージャーが、『アーティストとしてレコード契約してもいい。ただ、アルバムを出したら、そのプロモーションをしなければならない。ツアーにも出なければならなくなる。人生が一転する。朝起きて、赤ん坊や新妻とのんびり過ごすなんてことは出来なくなる』(と言って)。それで、『それだったら、やらない』って言ったんだ。俺は妻と子供を選んだ。レコード契約はいらない。レコードは自分でキープする、ってね」

ブライアン
「本当に美しい曲なんだ。大げさじゃなくて、誰もがあの曲のことを話してたくらい。誰もが欲しがってたし、キューの兄貴が売り込みまくってたよな」

J.キュー
「兄貴はずっと歌わせるシンガーを探し続けてたよ(笑)。でも自分が書いた曲って、子供みたいな存在だったりするだろ? “あの子”はまさにそうだよ」

――では、世に出ている曲では?

J.キュー
「世に出ている中では……そうだな、オマリオンの”Ice Box”かな」

ブライアン
「今思い出した、俺たちが一緒に書いた曲で凄く好きな曲。(ダニティ・ケインの)”Sucka For Love”。クレイジーな曲だよ。シングルとして絶対に出すべきだったのに、(レーベルが)判断ミスしたんだ。絶対出したらヒットしてた。俺の子供が懐妊したのはこの曲を書いた時だと思う。絶対にそうだ!(笑)」

――(笑)。ではゴスペラーズのみなさんは、彼らの楽曲で好きな曲はなんですか?

北山
「僕は(彼らの名前を見て)すごく嬉しかったのが、やっぱりアッシャーのアルバム(『Confessions』)。最初の数曲を2人交互に手がけていて、“Burn”とか“Yeah!”とか、あのとき一緒に苦労した、一緒に頑張った2人が!って嬉しかった。特に、キューは僕らとのセッションが最初だって知ってたから、すごく嬉しかったです」

酒井
「アリアナ・グランデの“Baby I”が好きですね。スーパーヒット曲だなって思って聴いてました。それから、とある時にブライアンにも伝えたんですけど、テイマー・ブラクストンの“Get None”」

安岡
「好きな曲を挙げるのは難しいんだけど、すごく印象的だったのは、初めてアトランタで会った時だと思うんだけど、『数日前にレコーディングしてきたばっかりの曲を聴いてくれ』ってブライアンに聴かせてもらった、ジャギッド・エッジの“Where The Party At”。『あっ、新しい時代が始まったんだな』って思ったのがすごく印象に残ってる。90年代の頭にテディ・ライリー、R.ケリー、ベイビーフェイスがまず時代を作ったんだけど、アメリカのR&Bというものが全く新しいサウンドに……今まで聴いたことがないって思って、あのサウンドを聴いた瞬間が本当に印象深いですね」

村上
「僕はね、(シャンテ・ムーアの)“Straight Up”はすごく……」

黒沢
「あっ! 言われた!!」

(全員爆笑)

村上
「先言っていいよ、どんどん言っちゃいそうだから、先に言って(笑)」

黒沢
「“Straight Up”、よかった。シャンテ・ムーア。あれはビックリした。どの曲も本当に素晴らしいけど、この曲は特に素晴らしかった。大人だし、ビートに乗ってるし、新しいし、っていう。我々も30代差しかかって、これからちょっとは大人っぽいことやらなきゃいけないって時に、あのシャンテのアルバム(『Exposed』)を聴いて自信にしようと思いました」

村上
「僕はやっぱりメアリーのね……」
(と言ったところでブライアンが割り込む)

ブライアン
「すごく面白いなと思うのが、シャンテ・ムーアのレコードが挙がったこと。今朝ちょうど、音楽が地域によって受け入れられ方が違う、って話をしてたところだったんだ」

――シャンテ自身が言ってたことですが、“Straight Up”に関しては日本だけでヒットしたそうで。他の国では全く受け入れてもらえなかったって聞いた事があります。日本では必ずセットリストに入れてくれってリクエストされるけど、その他の国でセットリストに入れると外してくれといわれるくらい、シャンテらしくない、と敬遠される曲だと。

村上
「僕が嬉しかったのは、ジョニー・ギルの作品(『Still Winning』)で、ブライアンが共作して、キューがバックグラウンド・ボーカルで参加してた曲、“Let’s Stay Together”。ジョニー・ギルっていうと僕らにとっていうと、すごいポジションにいるわけじゃない」

黒沢
「神ですよ、神!」

村上
「それは、アル・グリーンを最高と言うのとは、またちょっと違う感じ。(ジョニーは)もうちょっと生々しい、(自分たちより)少し上の世代のスーパースターだから、その人に実際に曲を書いて、キューが一緒にバックグラウンドで歌った曲を聴いたときの感動ってのはすごいものがありましたね。ジョニー・ギルの“Let’s Stay Together”(※オリジナル曲)」

J.キュー
「いろんな名前が挙がってくるのが不思議な気分だよ! 実は昨日、ジョニー・ギルと仕事しないかって電話があったばっかりだから、名前が挙がるのがすごく不思議だよ」

ブライアンとJ.キューの関係性は、僕らがグループの中で持っている空気とすごく似ていて。単純に“音楽が好きだから、音楽が楽しいから、音楽やろうよ”ってところが僕らとフィットしたんじゃないかな ―― 安岡

――ブライアンとキューのどういうところを、ゴスペラーズのファンの人たちに知ってもらいたいと思いますか?

村上
「まずは、すごくスウィートな音楽を作る人たちなんだけど、基本的には陽気なジョーク好きでずっとゲラゲラ笑ってるナイス・ガイなんだ、と。だから彼らが我々と友達になれたように、我々のファンにとっても、遠いアメリカのミュージック・ビジネスのスター……まぁ、そりゃそうなんだけど、でも彼らのことをもっと近くに感じて欲しいなと思う。ドーナツ食ってギャーギャー騒いでるやんちゃな2人だって。そういうハートの人間があのビートを作り、あのハーモニーをつくり、あのメロディを作ってるんだ、ってのが一番大事だから」

北山
「すごく自由なんですよね。お互いが、グッと集中したときに絶対いいものを生み出すっていう信頼関係で結ばれているから、スタジオで集中して何か作ってるんだけど、ふっと抜けてジョーク言い合ったりとか、そういうときは一回忘れてる感じで、でもまたスッと入っていくっていうか。お互いに自由に自分のリズムでやってる感じがあって、その自由さというのがいい。もちろん、信頼の上に成り立っていると思うんだけど。

さっき集中力の話をしたけど、ずっと集中しているわけじゃなくて、お互いの集中を尊重しているっていうか。グッと入ったときはそっとしておくとか、そういうことも含めて、信頼関係がある。もちろんいつも2人だけでやってるわけじゃないのはわかってるけど、すごくチーム感があって、この空気を伝えられたらとっても素敵だなと思うんですよね」

村上
「それと、彼らは絶対に自分で自分のことを大きく言わない。それは素晴らしい実績があるし、自信があるからだと思う」

黒沢
「かまさないね、確かに」

安岡
「成功しているにも拘わらずね」

村上
「そうそう」

安岡
「言葉だけじゃなく、立ち振る舞いも含めて、そういう部分が全く出てこない。我々もそうなんだけど、10代の頃に出会ったメンバーと今もやっているわけじゃないですか。彼らもまさにティーンネイジャーの頃、遅くても20歳くらいの頃に出会ってたと思うんです。やっぱりその頃のフレンドシップっていうのがスタジオに常に残っている。なんかそれって、僕らがグループの中で持っている空気とすごく似ていて。単純に“音楽が好きだから、音楽が楽しいから、音楽やろうよ”であって。“仕事だからやらなきゃ”ではないってのが本当に、そういうところがまた僕らとフィットしたんじゃないかなと」

北山
「楽しいから音楽やってるじゃん、ってところで、いい意味で子供のままでいられてる」

安岡
「そう。ビジネスになる前に、音楽をやっていた頃に出会っている、という空気が僕らと同じように残っているというのが」

酒井
「すごいことだと思いますよ」

――成功してても偉ぶらないところは、ゴスペラーズだって一緒でしょう。

黒沢
「でもまぁ成功のレベルが違うからね(笑)」

村上
「まぁ、僕らも日本レコード大賞ベストアルバム賞ですけど!」

安岡
「(爆笑) 言ってる! 自分で言ってる!」

黒沢
「言わないと忘れちゃうからね。」

村上
「日本では主要2部門ですから! ベストソングもあるから!」

黒沢
「急に言ってる。よく覚えてるな(笑)」(⇒ P5へ)

The Gospellers