bmr

bmr>FEATURE>THE GOSPELLERS x BRIAN MICHAEL COX & J.QUE / ゴスペラーズ新作を手がけたR&Bの名匠たちが語る

FEATURE

THE GOSPELLERS x BRIAN MICHAEL COX & J.QUE / ゴスペラーズ新作を手がけたR&Bの名匠たちが語る

ゴスペラーズの代表曲、「永遠(とわ)に」。この曲を生み出したのが、後に、アッシャーの“U Got It Bad”、“Confessions Part II”、“Burn”やメアリー・J.ブライジ“Be Without You”といった大ヒット・シングルを生み出してきた名R&Bプロデューサーのブライアン・マイケル・コックス、そしてビヨンセの“Best Thing I Never Had”やアリアナ・グランデの“Baby I”なども手がけたソングライター&ボーカル・プロデューサーのパトリック“J.キュー”スミスの2名であることは、R&Bファンなら周知の事実だろう。そしてこのふたりが16年の時を経て、ふたたびゴスペラーズとタッグを組んだ。このブライアン&J.キューは、ゴスペラーズがこの10月3日に発売したばかりの最新オリジナル・アルバム『What The World Needs Now』で5曲をプロデュース(ブライアンとJ.キューは個々に1曲ずつも担当)している。このレコーディング・セッションのために今春、ふたりが来日していたところをキャッチ。ゴスペラーズの5人と共に彼らとゴスペラーズとの“繋がり”と最新作について、彼らとゴスペラーズとの“繋がり”と最新作について対談してもらった。そしてさらにブライアン&J.キューのふたりには、今のR&Bシーンに“欠けて”いるもの、日本と韓国の違い、そして彼らがこれまで手がけた楽曲の知られざるエピソードなど大いに語ってもらった。必読の超ロング・インタビュー。

取材/Kana Muramatsu 文責/bmr編集部

日本の制作陣とは、バラードが一番違う。バラードとかスロウな楽曲になったときのビートへの欲求具合がブライアンたちはやっぱりズバ抜けているなと ―― 黒沢

(⇒ P2より)
――この“DON’T LEAVE ME NOW”と “Right by you”の2曲の歌詩も安岡さんが?

安岡
「“Right by you”は僕で、“DON’T LEAVE ME NOW”は村上てつやが」

――日本語詞はどういうことを表現したものになりましたか?

村上
「“DON’T LEAVE ME NOW”はわりとそのままなんだよね。元の詞を訳していって、という感じなんだけど。元々、曲調が非常にスウィートなんで、まぁ、タイトルが“DON’T LEAVE ME NOW”(僕を置いて行かないで)だから、すごくわかりやすく、ソウル・ミュージック的な、『なんでもするから、僕が悪かったから、土下座して謝るから、行かないで』ってことをひたすら言う(笑)。

だからそういう意味で言うと、できるだけメロディのフロウのタイミングとスピード感を無くさないように、ってことを気をつけながら、全体の意味というよりは、一個一個の、ワンセンテンス、ワンセンテンスで『お願いします! お願いします!』って感情が込もるように。とにかくほら、男が女に謝る時ってのは、とにかく謝り続けるっていう。オチが最後に残ってるんじゃなくて、もう、(その瞬間の)1分1分が勝負みたいな感じでね。ウソも混ぜたりしながら(笑)、謝っていく。その感じをなんとか……必死にまともな男として繕ってるんだけど、内心すごい焦ってる、ということを表現しようとして書いたんだよね」

安岡
「さっき言ったビートと韻の部分は(“ヒカリ”と)全く同じなんですけど、この“Right by you”に関しては、クールネスを失わないように、というのが重要でした。“ヒカリ”はどこまでもスウィートにしようと。でもこっちは、カッコつけてるってわけじゃないけど、ある程度距離をとって男が愛を語るっていう風にしたいな、って思ったんだよね。

これ、日本人とアメリカ人で全く感覚が違うと思うんだけど、日本人の男性って、女性の人に『愛してる?』って訊かれた時に素直に『愛してる』って言えないじゃないですか! 言葉で。たぶん(ブライアンとJ.キューの)2人にはそれは理解できないことかもしれないけど、日本人の男性って素直に『I love you』を目の前で言えないわけじゃないですか。でも、日本人の女性は『I love you』って言って欲しいわけですよ。言って欲しい女性に対して『愛してる』を言葉以外で表現していくという、そういう物語になるといいなと思って。そういう意味で、“君の隣にいる”(Right by you)ことで『言葉にしなくてもわかってよ』というような歌にしようと」

――ゴスペラーズはこれまで、メンバーも変わることなく、長年トップを走ってきているわけですよね。その中でそれぞれ歌いながら成長する部分もあっただろうし、発見することもあったと思うんですが、日本の制作陣が作った曲を歌うのと、ブライアンとJ.キューが作った曲を歌うのって、違うものですか? それとも変わらないものでしょうか。

黒沢
「日本で楽曲の提供をお願いするときは、バラードをお願いしたら、まさにバラードを作って欲しいとこちら側も思うし、日本の制作陣ももちろん、日本語のバラードとして書くわけでしょ? 当たり前だけど。で、バラードが一番違うと思っていて、アップテンポのものってほぼ差がないと僕は思ってるんですよ。それ(アップテンポ)はクリエイターというか、トラックメイカーの個性だと思ってるわけ。ただ、バラードとかスロウな楽曲になったときのビートへの欲求具合が、(ブライアンとJ.キューは)やっぱりズバ抜けているなというのは感じてる。

それはもう、“永遠(とわ)に”の時から感じてますね。もうこれ、ダンス・ミュージックとして作ってるんだよね、っていう。もしかしたら日本でも、ダンス・ミュージックとして作りたいと思っている人もいるとは思うんだけど、それは(ビジネスとして)相手がいることだから、(そういう曲を作ってこれるかどうかは)間引いて考えざるを得ないというか。でも彼らはそういうところはあまり気にしなくていいわけじゃない? トラックをバッと作って、提供して、ってやればいいわけじゃない? だから結果的に、非常に躍動的なバラードができる。これって例えば、ここはちょっと歌謡っぽく、ここは崩して、ここは……、ってやると、途端にカッコ悪くなるタイプの、非常にシビアなビートのバラードが上がってくる。

それは毎回非常に楽しみでもあり、すごく大変でもある。やっぱり日本語の表現もあるわけじゃないですか。ちょっと揺らしたり、ちょっと崩したり、ちょっと早めたりってやったら、“それ”っぽくなるというか、日本の歌謡曲な感じになるけど、そうするとトラックと合わなくなる」

――シンガーとして、いい意味での試練を与えられる?

黒沢
「そうですね。そこが一番違うなと僕は思うんですよね」

村上
「キューが言ってましたよ。ブライアンのトラックはやっぱりリズムが凄いから、難しいんだ、って。それで僕はちょっとホッとしたのね。キューもそう思ってるんだって(笑)」

安岡
「だから、国じゃなくて、ブライアンという個性がスペシャルなビートだ、というのがあるかな」

The Gospellers & J. Que

酒井
「キューには以前、インタビューで話したことがあったんですけど、2人からのデモを数曲もらった時に、もうこのCDでいいから欲しい、明日の番組で流したい、って思ったんです。もうすでにカッコいいっていう。そこが大事だと俺は思っていて、それはどうしてか?って言われても俺はわからないですね(笑)」

北山
「国の話でいうと、何度か向こうのスタジオで合流させてもらったりとか、向こうのいろんな方々とやらせてもらった時、すごい象徴的だなと思ったのが、数値を見ないんですよね。全部、耳とか気持ちとかでどう聞こえたか、どうなったかで判断していて、何かを調整するときでも手元(の数値)を見ない。例えば、ビートとグルーヴを出すために、1/192とかどうとか、数値的なことには基本的にならない。

ブライアンは元々作業がすごく早くて、国の違いとかではないかもしれないけど、こうすればいいはずだっていう理論的なマニュアルとかレシピじゃなくて、とにかく今俺はこの音楽を作りたいんだ、という。音が出来る時はいわゆる直情型というか」

安岡
「本当にわかる。デモ・トラックを聞くと、なぜそこでシャウトなのか、もしくはなぜそこでウィスパーなのかが、リアルにハッキリした理由があって、だから歌詩を書く時もすごく、もうすでにそこにある物語の感情の流れに沿って進めていけばよくて」

北山
「こうすればいいんでしょ?っていうのを感じないというか。あるのかもしれないけど、僕らからするとあまり感じない」

安岡
「方程式で作ってるという感じがしない。本当に1曲ごとにその瞬間に思い浮かんだ感情が出てる」

北山
「『あっ、そっち行っちゃったんだ』みたいなのもオッケーみたいな。悩んでない」

安岡
「例えば僕ら自身が作った時に、『何をもって“それっぽい”か』みたいに考えだしたら、もうすでに脱線していると思う。何をもって“それっぽい”か、ではなくて、今自分がどういう気持ちで、なぜこの曲を書く理由があるのか、みたいなところで曲を書かないといけないと感じる。やっぱり僕らはそうやって脱線してしまって、違うな、と思う時がまだあって、やっぱりうまく書けたときってのは、『何っぽくしよう』ではなくて、“今、俺が感じてるもの”をそのまま乗せられた時のほうがやっぱりいい曲が書けてる。

そういう意味では、彼らには毎回そういうフィーリングが曲にあって、なので、それを(日本語で)物語にするときにも、感情の起伏がすでにあるから、それに沿って舵を取っていけばいいっていう感じがあるよね」

北山
「彼らを見ていて分かるのは、例えば、“あるコンペに勝つために書く”んじゃなくて、“なんとなく書いてるうちにすげぇいい曲が出来た、ってことは、あのコンペいけるんじゃね?”っていう風になってる。だから、順番が違うんだよね」(⇒ P4へ)