bmr

bmr>FEATURE>THE GOSPELLERS x BRIAN MICHAEL COX & J.QUE / ゴスペラーズ新作を手がけたR&Bの名匠たちが語る

FEATURE

THE GOSPELLERS x BRIAN MICHAEL COX & J.QUE / ゴスペラーズ新作を手がけたR&Bの名匠たちが語る

ゴスペラーズの代表曲、「永遠(とわ)に」。この曲を生み出したのが、後に、アッシャーの“U Got It Bad”、“Confessions Part II”、“Burn”やメアリー・J.ブライジ“Be Without You”といった大ヒット・シングルを生み出してきた名R&Bプロデューサーのブライアン・マイケル・コックス、そしてビヨンセの“Best Thing I Never Had”やアリアナ・グランデの“Baby I”なども手がけたソングライター&ボーカル・プロデューサーのパトリック“J.キュー”スミスの2名であることは、R&Bファンなら周知の事実だろう。そしてこのふたりが16年の時を経て、ふたたびゴスペラーズとタッグを組んだ。このブライアン&J.キューは、ゴスペラーズがこの10月3日に発売したばかりの最新オリジナル・アルバム『What The World Needs Now』で5曲をプロデュース(ブライアンとJ.キューは個々に1曲ずつも担当)している。このレコーディング・セッションのために今春、ふたりが来日していたところをキャッチ。ゴスペラーズの5人と共に彼らとゴスペラーズとの“繋がり”と最新作について、彼らとゴスペラーズとの“繋がり”と最新作について対談してもらった。そしてさらにブライアン&J.キューのふたりには、今のR&Bシーンに“欠けて”いるもの、日本と韓国の違い、そして彼らがこれまで手がけた楽曲の知られざるエピソードなど大いに語ってもらった。必読の超ロング・インタビュー。

取材/Kana Muramatsu 文責/bmr編集部

(⇒ P1より)
――では、今回のコラボレーションについて教えて下さい。最後に一緒にやってから16年経って、“ヒカリ”が完成したわけですが、どうやって生まれたのでしょうか?

J.キュー
「あれは、東京のスタジオで書いたんだよね?」

ブライアン
「そう、しかもこの全く同じスタジオ! このスタジオで、2人で書いたんだ」

J.キュー
「音楽をクリエイトしたことがある人なら誰でも経験したことがあると思うんだけど、『この曲は特別だ』って書いた途端に直感でわかる時ってあるんだよね。だからと言って、誰が歌っても特別になるわけじゃない。その曲が“落ち着く”、完璧な器(=シンガー)を見つけなきゃ特別にはならない。“ヒカリ”にはまさにそれを感じていた。書いてはあったけど、ずっとキープしていて、誰も歌いこなせなかった」

ブライアン
「本当の話」

J.キュー
「そんなとき、本当に何年かぶりに俺たちを最初に仲介してくれたブレンダ(・ヴォ―ン)から突然電話がかかってきたんだ。『キュー、久しぶり! 実はゴスペラーズ側と話したんだけど、曲の提供に少しでも興味持ってくれるかなぁ?と思って……』って。『みんなが一緒にまたやりたい』ではなくて、『曲を提供することに興味あるかしら?』って言い方だった」

ブライアン
「なんで彼女がそういう訊き方したか、さっきの(遠慮していたという)話でやっと辻褄があったよね(笑)」

J.キュー
「『興味ある?』って言われて、『なに言ってるんだ? 当然だろ!!』って即答したよ。

それで、『書き溜めた楽曲とかあるかしら?』って言われて、『彼らとだったら、一緒にスタジオに入って、一緒に書くから、いつがいいか教えてくれ』って言ったら、『1ヵ月後ぐらいからレコーディングに入る』って話だったから、『わかった、それまでには準備しておくよ』って電話を切ったんだ。そうしたら、1週間ぐらいしてからまた連絡が来て、『実は明日には楽曲が必要』って言われて。『明日は無理だよ! 1週間はせめて必要だ』って言ったんだけど、どうしても明日必要って言われて、ブライアンと『書き終えた中でゴスペラーズに合う楽曲はあるか?』って話してたら、ブライアンが『あの曲は?』って。俺は覚えてなかったんだけど、聴いてすぐに、『まさに彼らにピッタリだ!』って。すぐに送って、みんなが気に入ってくれて俺たちは本当に嬉しかった」

ブライアン
「みんなに送る曲をって話になった途端に、この曲が真っ先に頭に浮かんだんだ。ゴスペラーズにピッタリの曲があるじゃないか、って。その瞬間までこの曲の存在を実はすっかり忘れてたんだ。だって何年も前に書いて、それ以来聴いてなかったから。明日までに送る曲を探さなきゃってなった途端に、何年も存在を忘れていた曲が頭に浮かぶなんて、運命としか思えないよね。しかも送ってみたら、みんなも気に入ってくれたんだから」

J.キュー
「その過程は慌ただしかったけど、すごく気分がよかったんだ。だってさ、正直、16年間の間ずっと、『ゴスペラーズは俺たちとの仕事がイマイチだったんだな』って考えてたんだから! そういう相性ってあるだろ? 一緒にやって相性がいい相手と、そうでない相手。だから単純に、『俺たちとは合わないと思ったんだろうな、だから依頼が全くなくなったんだ』って思ってたんだよ。今回電話をもらって、まだまだ大丈夫!って自信ついたよ(笑)」

――そうして生まれた“ヒカリ”の日本語詩を安岡さんが担当したわけですが、どういう思いを込めて書かれましたか?

安岡
「“永遠(とわ)に”を一緒にやった18年前もそうだったんですけど、2人の持つビートを日本語にすることによって失わないように、ということに一番気をつけました。日本語には無い、日本人から出てこないようなリズム感のメロディ。そのメロディを日本語にする時に、全て置き換えてしまうと、詰まり過ぎてしまうし。どこの部分が彼らにとって残さなきゃいけない部分なのか、サウンド的にキューの書く歌詩で韻を踏んでいる部分のどこを必ず残すべきか、何度も何度も聴いて、彼らがどういう気持ちでこの楽曲を書いて、どこに彼らが思う“クール”があるのか、というのを見つけ出す作業でしたね。

それと、元々の(英詞)曲にある、“スウィートな温かいlove”の部分を日本語で引き出す。日本語にした場合、書ける情報が少ないので、そういう“スウィートな温かいlove”のメタファーが必要で、あの曲を聴いた時に、すごく明るい光が射すようなイメージがあって、だから“ヒカリ”というタイトルをつけて、そのメタファーにloveの部分を込めていった、という感じですね。だけど本当にブライアンのビート、そこにキューの乗せるメロディっていうのはスペシャルで、それを、16年ぶりに僕らに捧げてくれた新曲として聴く、というのは最高に幸せな時間でした」

日本語はわからなくても、ゴスペラーズのソウル、ハート、エモーションを感じる。だから俺たちの仕事は、ゴスペラーズが聴く人に届けるその“フィーリング”に見合った楽曲を提供することだけ ―― J.キュー

――(ゴスペラーズの新作『What The World Needs Now』に収録された)“DON’T LEAVE ME NOW”と “Right by you”もゴスペラーズのために書いた曲ですが、これらはどのように書かれたのでしょうか?

ブライアン
「ソングライターの立場としては、それぞれひとつの缶にひとつの楽曲が詰まっていて、その缶を開けて、さぁ、これをどうしようか、もう少し変えてみようか、って進められればいいなと思うんだ。

それと同時に、ソングライターの立場では、本当に歌えるシンガーが、自分の書いた曲を思い描いたように歌ってくれると幸せだな、と思う。自分でアーティストを育てていないかぎり、たいていの場合は、とにかく曲をたくさん書き続けて、書き溜めて、常に売り込んで、っていう流れ作業的になってしまうことが多い。ソングライターとして重要なのは、売り込める楽曲をとにかく書き続けること。そして、その中で1曲でも相性が合えば、“鍵が開いてドアや窓が開き始める”みたいなもので、開いた途端に俺たちは突き進む。進むべき道が見えてくるってこと。

だから、1曲目=1歩目の後に書く楽曲は、同じ方向を見て2人で話し合いながら(比較的楽に)浮かんできやすいんだ。特に、ひとつのプロジェクト(=アルバム)に楽曲をいくつか提供する場合、どこか一貫性を持たせる必要もあるからね。2人で同じ方向を向いてアイディアを出し合えることは重要なんだ」

J.キュー
「そう。それに、ゴスペラーズに関しては特に感じることなんだけど……まず、俺たちの日本語は最悪だろ?(笑) だから、俺たちにとって重要なのは、彼らの魂を聴き取ること。言語がわからなくても、彼らの歌詞を聴いて、彼らのビデオを観て、彼らのソウル、ハート、エモーションを感じる。日本語の歌詞は全て理解できなくても、そこに込められた“本物の愛”は、見ればわかる。感じればわかる。彼らのそういう面をわかっているから、ソングライティングするときには方向性が見えて楽なんだよね。『ソウルフルなのを書こう』、『心がこもる曲を書こう』って思える。

エモーションを感じさせられないなら、もうやらないほうがいいよね。今のアーティストにはそういうアーティストもたくさんいる。エモーショナルやソウルフルとはかけ離れたアーティストもいて、それはそれでいいんだ。誰もができることじゃないから。クールなリリックだったらいい、という人もいれば、メロディも簡単なのでいいとか、ビートのインパクトがあればいいとか、キャッチーであれば中身がない曲でもいいや、って人もいる。

でもゴスペラーズの曲には“伝えるべきこと”が必ず込められている。俺だけでなく、ブライアンも同じように思ってると思うけど、俺たちはそう感じてる。音楽の役目はひとつ。たったひとつだけ。人を“感じ”させること。ゴスペラーズの歌を聴くと、俺たちは“感じる”ことが出来る。だから、ソングライターである俺たちの唯一の仕事は、ゴスペラーズが聴く人に届けるその“フィーリング”に見合った楽曲を提供することだけなんだ」

――今回のボーカル・プロデュースもJ.キューが担当したのでしょうか?

J.キュー
「“ヒカリ”はそうだね。俺たちが(18年前に)最初に一緒にスタジオに入ったときは、俺はコンソールの前で細かいことまで指示していた。でも今回は最高の気分でコンソールの前に座ってたよ。だって、誰かがボーカルを録り終わって、『やり直しだな、フィーリングが違う』って俺が思った瞬間、ブースの中から『やり直す、フィーリングが違う』って声がする。もう、『オーケー! 同じこと感じてたか!』って(笑)。だから今回は、完全に共同ボーカル・プロデュースだよ」

――通じ合っていたわけですね。では、5人のそれぞれの才能や特色も理解した上で、今回それぞれから引き出したかったこと、あるいは、チャレンジとして課したことは?

J.キュー
「まず、俺が昔も今もゴスペラーズのサウンドが大好きで、本当にユニークだなと思っていることは、5人それぞれの声質、声のトーン、存在感が異なっていて、それぞれがユニークだということ。

俺がこれまで一緒に仕事をしてきたアーティストの中でも、そうだな、1グループに3人はユニークなトーンの持ち主だったりする。でもほとんどのグループがそれをうまく組み合わせられないんだ。クッキーに例えると、皿の上にあらゆるフレーバーのクッキーがあるけど、人によってはチョコレートとホットソースを組み合わせようとする。でもそれって、あんまり美味しくないと思わない? でも彼らの場合は、ポテト、牛肉のだし、セロリのように全く異なってる存在なのに、一緒に歌うと、みんながおかわりしたくなるような美味しいビーフシチューみたいな音になるんだ。俺たちの仕事は誰に対してもこれまでもずっと同じ。すでに存在しているアーティストの味に、隠し味を加えることだけ。

仕事を始めたばかりの頃の俺は、ボーカル・プロデューサーの仕事は、“俺が歌うように全員を歌わせること”だと思っていた。自分が望むように全員に歌わせようとしていたんだけど」

ブライアン
「それはキューだけでなく、誰もがそう思う。自然なことだよ」

J.キュー
「でも年齢を重ねて、いや、年齢じゃないな、バカじゃなくなるにつれて(笑)気付くんだ。ゴスペラーズのファンは、俺が歌うのを聴きたいわけじゃない。ゴスペラーズが歌うのを聴きたいんだってことに気付くんだよ」

ブライアン
「特にキャリアをすでに積んできたグループだと、そこが重要だと、こっちが気付かなきゃいけない。デビュー作の場合、誰もが自分を見つける作業をしているわけだけど、18年前ですでにもう5枚アルバムを出していたゴスペラーズなら、なおさら。すでに成功しているグループと一緒に仕事をさせてもらうわけだから、5枚全てのアルバムを聴きまくって、予習するわけだよね。すでにあるゴスペラーズ・サウンドに、何をプラスできるか? 昔も今もそれだけ。すでに美味しいゴスペラーズというビーフシチューを鍋から自分用に一杯だけ注いで、俺はちょっとホットソースかけてみようかな、って。“ブライアンのゴスペラーズ・シチュー”を作るって感じだよね(笑)」(⇒ P3へ)