bmr

bmr>FEATURE>ロバート・グラスパー interview 傑作か、それとも? 賛否両論の新作を語る!

FEATURE

ロバート・グラスパー interview 傑作か、それとも? 賛否両論の新作を語る!

「ジャズを聴いてもらう機会がない」ことへの危機感。幅広いアーティストを迎えたことでヒップホップ・ファンにも外せないアルバムと注目され、一部では早くも2012年ベストの呼び声まで上がる新作“Black Radio”を生み出した動機とは?

interview: Dashaun Simmons, photo: Mike Schreiber

僕はこれまでずっとマイルスに負けてきた。
“Black Radio”が出たら1位を取るけど……

I always get beat by Miles Davis,
all the time. Like when “Black Radio”
comes out I’ll be number 1…

--ジャズ・ピアニストとしてはかなり変わったキャリアを持っているけど、“Black Radio”は5枚目のアルバムですね。これまでのプロジェクトと違うところは?

とにかくたくさんのゲストがいるところだろうね。このアルバムはよりメインストリームを狙ったものなんだ。違う世界の人たちに、僕らの領域に来てもらうため。彼らに(聴いてもらい) 「待てよ?」と言わせて、それから「これはなんだ? 君は一体何者なんだ?」と思わせたいんだ。そしたら、彼らは僕の他のレコードも聴いてくれるかもしれない。僕は音楽とジャズの世界に、もっと若い黒人を巻き込みたい。彼らがジョン・コルトレーン(John Coltrane)を愛してくれる必要は必ずしもないと思ってる。それより僕がやっていることを気に入ってほしい。モダン・ジャズをやっているアーティストがたくさんいるのに、僕らは無視されている。もしジャズに興味を持った人がいたとして、9割くらいはマイルス・デイヴィス(Miles Davis)、チャーリー・パーカー(Charlie “Bird” Parker)、ジョン・コルトレーンを聴くことになるだろう。いろんな雑誌やラジオでも、彼らばかりが取り上げられている。iTunesですらそうだ。僕はこれまでずっとマイルスに負けてきた。“Black Radio”が出たら、1ヶ月くらいは1位を取るだろうけど、その後は(マイルスの人気作)“Kind of Blue”に負けることになるだろう。ジャズ・ファンには「今」が存在しないんだ。本当はもっと盛り上がるはずなのに、そうなっていない。大学の音楽科にいるような若者たちだとしても、たいていは僕らがやっていることを知りはしない。だからとにかく聴いてもらうために、できることをやってみたんだ。とは言っても、一部の人が「売りに走った」と言うようなことじゃなく、自分で楽しめることをね。自分でもヒップホップを聴くし、作ることもできるからやったんだ。ソウルも好きで、演奏できるからやった。無理矢理ってわけじゃなくて、ただ自分がやりたかったことで、タイミングを待ってただけなんだ。

--ヒップホップ・コミュニティともたくさん関わって、クエストラブ(?uestlove)やモス・デフ(Mos Def / Yasiin Bey)などと共演してきているけど、どうやって始まったの?

ビラル(Bilal)と学生時代に出会ったことからかな。彼がメジャー契約したとき、レーベルが彼をいろんなヒップホップ・アーティストとつなげようとしていたんだ。その時にディラ(J. Dilla aka Jay Dee)と会った。レーベルがディラにビラルと一緒に作品を作ってほしいとオファーして、ビラルはキーボードを引けるヤツを連れていきたいと言ったんだ。それでデトロイトに2週間滞在した。ディラがプロデュースした曲は、コモン(Common)とモスをフィーチャーしていた。そこからつながったんだよ。彼らはその頃ブルックリンに住んでたんだ。僕はコモンの部屋で彼にピアノを教えるようになった。コモンも、僕も、エリカ(Erykha Badu)も、ビラルも近くに住んでいたんだ。俺たちはみんなファミリーになったわけ。そういうなかで僕はア・トライブ・コールド・クエスト(A Tribe Called Quest)、正確に言うとアリ(Ali Shaheed Muhammad)とQ-ティップ(Q-Tip)と知り合った。その頃、彼らはビラルを自分たちのレーベルと契約させようとしていたんだと思うね。そういう環境にいたから、たくさんのアーティストと知り合うことができたんだよ。ビラルとの友人関係にもとても助けられた。そういうアーティストたちが僕に、バンドをまとめるのを手伝ってくれって電話してきたんだ。彼らは僕に演奏してほしがったんだけど、僕はやりたくなかったから、「あいつがいいよ」「こいつをチェックして」って言ってた。その頃、ティップが僕も演奏できるようなプロジェクトを始めた。アルバム“Renaissanse”の数曲を一緒に書いたよ。クエストラブとは(ビラルの)“Soul Sista”のビデオ撮影の時に初めて会った。彼はビラルと知り合いだったから、僕もすぐ仲良くなれた。その後、彼は、ザ・ルーツ(the Roots)とかいろいろな作品を一緒に演ってくれと連絡してくるようになった。そういう環境で成長してきたってところだね。

--You’ve had a pretty varied career as a jazz pianist. Black Radio is your 5th album. How does it differ from your previous projects?

Shit load of guests on this album. This one is targeted for more of a mainstream appeal. This album specifically, I went more mainstream than normal for the people on the other side to come to our side. I want them to say like “hey guys”, and then be like “wait what is this? who are you?” Then they’ll dig me up and see I have other records. I want to get black people more involved in the music and jazz. I don’t need them to necessarily love John Coltrane. I just want them to like what I do. There’s a lot of people playing modern jazz now and we are overlooked. If you are going to hear about jazz now 9 times out of 10 you’re gonna hear about Miles Davis, Charlie Parker, John Coltrane. On any magazine or any radio station those guys get the shine. Even on iTunes they get the shine. I always get beat by Miles Davis, all the time. Like when “Black Radio” comes out I’ll be number 1 for like a month and then I’ll beat by “Kind of Blue”, hands down. So that just shows you there’s a disconnect. There’s a lack of a modern day, now jazz audience. It’s not as big as it should be. Unless you’re in college and go to school for music most young people don’t know about what me or my peers are doing. So I’m just trying to be heard. But in that I’m doing stuff that I like, I’m not as some people say selling out. I’m playing hip hop shit because I listen to hip hop shit and I can. And I love Soul music and I can play it. So that’s why I’m doing it. It’s not pretentious at all. It’s stuff that I love to do and I’ve been waiting for the right time to do it.

--You interact a lot with the hip hop community. We’ve seen you do a lot of work with Questlove and people like Mos Def (Yasiin Bey). How did that all begin?

I stepped in when I met Bilal in school. When he got signed they kinda hooked him up with all of these hip hop cats for his record. That’s how I met Dilla. They asked Dilla to work with Bilal and he was like I want to bring my man with me who can play keys. So they flew us both out to Dilla for 2 weeks. The song that Dilla produced they got, Common and Mos on it. That’s how we got a relationship. They lived in Brooklyn. From that I started giving Common piano lessons at his crib. He lived up the street from me. Erykah lived down the street from him and Bilal. We all just became a family. From there I met A Tribe Called Quest, I mean Ali and (Q-)Tip. I think they were trying to sign Bilal to their label at the time. Just living here allowed me to become closer with a lot of cats. And my relationship with Bilal helped a lot. Cats would call me to help put their bands together. They would want me to play but I didn’t want to do that so I would say “check this guy out” or “check this cat”. At that time Tip started doing stuff that I could play on. I did a lot of stuff with Tip. We co-wrote some songs and I worked on the Renaissance album. I met Questlove on the shoot for the Soul Sista video. He knew Bilal so we became cool. He would call me to do stuff for the Roots and to do different stuff. It just kinda grew from there.

・the Robert Glasper Experiment
“Ah Yeah” ft. Musiq Soulchild & Chrisette Michele

ノー。これがオレで、これがオレの鳴らす音だ。
ただ正直なだけ。

No, this is me and this is what I sound like.
I’m just being honest.

--ヒューストン出身ってところはどうかな? 君の音楽にテキサスの影響はある?

あるね。ゴスペルを演奏して育ったんだ。教会のなかで演奏してきたこと、それが僕のタッチや感覚のもとになっていると思う。僕の作曲スタイルは教会の影響から来ていると思うよ。それがちょっと変わった形で出ているんだろうね。僕の曲を聴いているのに、同時にゴスペルのように聴こえるかもしれない、そういう形で。実際のところ、ゴスペルからだけではなくて、R&Bとかあらゆるものからヴァイブは受け取っているよ。母はシンガーで、教会の音楽監督もやっていたけど、平日はいろいろなクラブで世俗的な歌を歌っていた。だから僕が曲を作っても「いわゆるジャズ」な曲にはならないんだ。僕は自分が受けたあらゆる影響源にそのまま影響されることでスタイルを拡げてきた。多くのジャズ・ミュージシャンにとっては、「ジャズっていうのはこういう感じ」というものがあって、誰もが「これがジャズ」と思い込んでいるからどれもこれも同じように聴こえるものが出てくる。ノー。これがオレで、これがオレの鳴らす音だ。ただ正直なだけ。オレはそういう音楽に影響を受けたし、その影響があるからオレの音楽はこうなるんだ。

--How does coming from Houston, Texas affect your playing? Does it influence your music at all?

Yeah. I grew up playing gospel music. So I think that’s where my touch and my feel on the piano come from, me growing up in the church. I think my writing comes from a church background. It makes me think in a different way. It’s not that you’ll hear a song of mine and think that sounds like a church song, nothing like that. It’s just that I get a conceptual vibe from church music, R&B all kinds of things actually. My mother was a singer and was the musical director at the church, but during the week she would sing secular music throughout the whole week at different clubs. She was a performing artist so there was always a lot of music playing in the house. So when I write songs I don’t write your average jazz compositions. I’ve developed a style because I’m letting all of my influences influence me. A lot of times when you are a jazz musician you tend to do this and think “jazz sounds like this” and everybody’s shit sounds the same because they’re all like “this is what jazz is”. No, this is me and this is what I sound like. I’m just being honest. I’m influenced by this music and because I’m influenced by this music, this is what I sound like.