bmr

bmr>FEATURE>CRAIG DAVID / 二度目の黄金期を迎えるクレイグ・デイヴィッド

FEATURE

CRAIG DAVID / 二度目の黄金期を迎えるクレイグ・デイヴィッド

クレイグ・デイヴィッドの帰還。2016年に発表した6年半ぶりのアルバム『Following My Intuition』で、衝撃のデビュー『Born To Do It』の頃を彷彿とさせる往年のUKガラージや90s後半~00s前半のR&Bと今様のダンス・トラックやフローを融合させ、およそ16年ぶりに全英チャート1位を手にしたクレイグ・デイヴィッドは、今まさに第2の黄金期を迎えていると言っていい。この勢いに乗って、2月18日に渋谷TSUTAYA O-EASTにて一夜かぎりの来日公演が決定。来日自体およそ8年ぶりだが、日本での単独公演は実に、およそ13年ぶりだ。そしてこの久々の来日を記念して日本独自ベスト『Craig David Japan Collection』が1月30日に発売となった。往年のヒットから近年の代表曲、さらに最新リミックスまでを備えたこのベスト・アルバムと共に、改めてクレイグ・デイヴィッドのここ最近の活躍ぶりを振り返ってみよう。

文/林 剛

2010年代後期に出した2枚のアルバムが全英アルバム・チャートで健闘し、フィーチャリング・アーティストとしての露出も増えるなど、ここにきてクレイグ・デイヴィッドが活気づいている。復活作と謳われたInsanity / Sony UKからの『Following My Intuition』(2016年)が出た時には「懐かしい!」という声が挙がる一方で、往時の活躍ぶりを知らない世代からは新人と思われたりもしたようだが(本人談)、来年でデビュー20周年を迎える今やヴェテランのクレイグにとって、勢いづく若手アーティストだと勘違いされる“新人扱い”は不名誉どころか名誉だと言えるのかもしれない。

現行ダンス・ミュージックとの関わりがクレイグ・デイヴィッドを次のステップに導いた

アートフル・ドジャー“Re-Rewind”にフィーチャーされた後、自身のソロ曲“Fill Me In”を発表し、“2ステップの貴公子”、“キング・オブ・2ステップ”などという売り文句とともにクレイグ・デイヴィッドが我々の前に姿を表したのは2000年のこと。イギリス南部サウザンプトン出身の彼は、この時19歳。アートフル・ドジャーのマーク・ヒルが手掛けた“Fill Me In”はUKチャート1位となり、2ステップ/UKガラージの文脈でカッティング・エッジなサウンドを乗りこなす新世代のUK R&Bシンガーとして注目を集めた。“Re-Rewind”を“Rewind”として収めたデビュー・アルバム『Born To Do It』(2000年)も全英アルバム・チャートで1位に輝いている。

14歳頃からDJを始め、ヒップホップ、ジャングル、レゲエ、そしてUKガラージに親しみ、MCもやっていた彼らしいパーカッシヴなヴォーカルは、サウンドも含めて従来の70年代ソウル~ブラコン経由なUKソウルとは明らかに違っていた。

“Fill Me In”は、“2ステップとR&Bの合体”と言われたように、歌い出しがR&B、サビの部分から2ステップが入ってくる曲で、2ステップの速いビートに乗せて速く歌うことでラップのようにも聞こえる、いわゆるラップ・シンギング的なスタイルを広めた曲としても忘れ難い。サビで高速化するパターンとしてはサミーの“I Like It”(99年)という曲があったが、『Born To Do It』で披露された“Can’t Be Messing Round”ではシスコの“Thong Song”(99年。後にEDMリメイクも作られる)を意識していたりと、US R&Bからの影響も少なからず受けていたのだろう。

そうしてUS R&Bのトレンドと同時進行的に完成したクレイグのスタイルはアーバン・シーンにおける主流となり、2010年以降は、アッシャーやクリス・ブラウン、ニーヨなどがEDMやトロピカル・ハウスなどを取り込んでいく中で『Born To Do It』を新しいものとして捉える若い世代が現れ、彼らのサポートによってクレイグが復活した……というのが(その間のキャリアを端折った)大まかな流れだ。

端折ったキャリアについてひとつ触れておくと、2010年、クレイグは、Universal Motown移籍作となるカヴァー中心の『Signed Sealed Delivered』を出した後に充電期間と称して米マイアミに移住。その後目立ったヒットが出なかったこともあって、この時期をスランプだったと思う人もいるかもしれない。

だが、このマイアミ移住期にEDMに刺激を受け、DJとしての活動を始めて〈TS5〉と銘打ったプール・パーティーをイビザ島でも開催するなど、こうした現行ダンス・ミュージックとの関わりが彼を次のステップに導いたのだ……ということは、ロンドンに戻って制作された復活作『Following My Intuition』の先行曲“Ain’t Giving Up”が、トロピカル・ハウス系のシガラと組んだアッパーなパーティー・チューンだったことが証明している。

また、同じく先行発表していたホワイト・ナード制作の“When The Bassline Drops”や“One More Time”は初期の感覚を取り戻したようなUKガラージ回帰的なダンス・チューン。それらは若手ミュージシャンの間でクレイグの“Fill Me In”が古典として再評価されていることを示すものでもあった。

面白いのは、“Fill Me In”をジャスティン・ビーバーが“Recovery”(2013年)で引用したことにちなんでなのか、ジャスティンがヴォーカル参加したジャック・Ü(スクリレックス×ディプロ)“Where Are Ü Now”にインスパイアされて、クレイグ本人が“Fill Me In”をセルフ引用した“16”という原点回帰的な曲を作り上げてしまったこと。これも2000年代後半くらいからUKガラージに回帰したいと考えていたというクレイグの本格復帰を後押しした曲として忘れ難いが、何よりも凄いのが往時と変わらないクレイグのヴォーカル。高速ビートにラップ並みの言葉数を詰め込んで歌うには相当なエネルギーを要するはずだが、(ミックスのマジックもあるのかもしれないが)30代半ばにして19歳の頃の勢いと若々しさには驚かされたものだ。(⇒ P2に続く)

 

Craig David Japan Collection

1. Ain’t Giving Up (w/ Sigala)
2. Heartline ☆☆
3. Fill Me In
4. 16
5. Magic ☆☆
6. One More Time
7. Insomnia ★★
8. Love Me Like It’s Yesterday ☆☆
9. Live In The Moment (feat. GoldLink) ☆☆
10. When The Bassline Drops (w/ Big Narstie)
11. I Know You (feat. Bastille) ☆☆
12. For The Gram ☆☆
13. 7 Days
14. No Holding Back (w/ Hardwell)
15. Brand New ☆☆
16. Talk To Me, Pt. II (feat. Ella Mai) ☆☆
17. Rewind ★
18. Going On ☆☆
19. Focus ☆☆
20. Change My Love
21. Magic (feat. Yxng Bane)
22. I Know You (feat. Bastille) [Vigiland Remix]
23. Ain’t Giving Up (Tone R&B Mix)

★……2000年作『Born To Do It』収録
★★……2008年作『Greatest Hits』収録
☆……2016年作『Following My Intuition』収録
☆☆……2018年作『The Time Is Now』収録

 

クレイグ・デイヴィッド来日公演
日時:2019年2月18日(月)OPEN 18:30 / START: 19:30
会場:渋谷TSUTAYA O-EAST
価格:オールスタンディング 6,500円(税込・別途1Drink代) ※未就学児入場不可