bmr

bmr>FEATURE>Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

FEATURE

Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

昨年、the year 2017。それは、アメリカ史上初めてヒップホップ/R&Bがロックを抜き、「全米最強の人気ジャンル」となった年。フィジカルCDどころかアルバムのダウンロード購入すら減少する中、ストリーミングや楽曲単位セールスで勢いを見せつけるラッパーやシンガーが躍進した年でもあった。社会の変化とテクノロジーの進歩に伴って消費のありかたは変わっても、チェンジング・セイムな魅力を放ち続ける我らがジャンル。そんな2017年のシーンを振り返って、bmr編集部員、執筆陣、ゲストが、それぞれの観点からベスト10を選出した。

文責/bmr編集部

(⇒P8:「ダースレイダーのベスト・オブ・2017」より)

池尻安希のベスト・オブ・2017

Lil Xan “Betrayed”

24hrs “What You Like” Playboi Carti 『Playboi Carti』 2 Chainz『Pretty Girls Like Trap Music』

Yung Bans ft. Lil Skies “Lonely” Migos 『Culture』 Lil Wayne 『Dedication 6』

Kendrick Lamar 『DAMN.』 Trippie Redd 『A Love Letter To You』 Brandon Thomas & Luca 『LifeStyle』

1. Lil Xan “Betrayed”
2. 24hrs ft. Ty Dolla $ign & Wiz Khalifa “What You Like”
3. Playboi Carti 『Playboi Carti』
4. 2 Chainz 『Pretty Girls Like Trap』
5. Yung Bans ft. Lil Skies “Lonely”
6. Migos 『Culture』
7. Lil Wayne “Yeezy Sneakers (Roll In Peace Remix)”
8. Kendrick Lamar 『DAMN.』
9. Trippie Redd 『A Love Letter To You』
10. Brandon Thomas & Luca 『LifeStyle』

超アトランタ的で、楽曲よりも、アーティスト自身の話題や功績をもとに選出した私の個人ベスト10。1位は、大型新人の中でも群を抜いていたリル・ザン。愛らしいルックスと舌足らずな口調(ラップスタイルは、それこそ、モゴモゴ言ってるMumble Rap なのだが)、女の子たち(もちろん私も含む)を完全にノックダウンした、カリフォルニア州出身のメキシコ系アメリカ人。ドラッグとして乱用されているザナックスという抗鬱剤の通称がラッパーネーム。実際はザナックスの副作用やアンチドラッグを伝えていて、2018年は、ザナックスを完全に絶ち、ラッパーネームも変更するようだ。

2位は、(ロールズ・)ロイス・リジー改め24hrs。弟は、“Uber Everywhere”のメイドイントキオ。実はこの2人、学生時代を日本で過ごしている。帰国後はアトランタを拠点とし、兄は2011年、リル・スクラッピーとサインしてキャリアをアップさせ、その後、サウスを代表するレジェンド、ジャーメイン・デュプリのSo So Defへ。その頃から、弟も兄に続いて本格的にラップを始め、地道なプロモ活動を始める。そして、弟の“Uber Everywhere”がブレイクするや否や、兄は表舞台を退く。自身のレーベル Private Club Recordsのマーケティングに専念か、と思いきや、2017年、見事な復帰劇を遂げた。しかもロイス・リジーの存在を消し去ったのだ! 長年、兄弟の2人3脚、そして24hrsの嫁サルマ・スリムスと、文字通りファミリーで頑張ってきた功労を讃えての2位。

同じく功労を讃えての3位が、エイサップ・ロッキーのAWGEやInterscope Recordsとの契約にこぎつけておきながら、肝心のミクステがなかなかドロップされなかったプレイボーイ・カーティ。地元アトランタでAwful Recordsのプロデューサー、イーテリアルにその才能を見出され、アングラで人気を博してきた彼も、とうとうメインストリームへ。今や、クラブでもFMでも、彼の楽曲を聞かない日はない。私生活でもブラック・チャイナと噂があったり、何かとお騒がせなカーティ。今年は、どんな展開を見せてくれるのか楽しみだ。

4位は、2チェインズの『Pretty Girls Like Trap』。内容以前に、とにかくプロモが凄かったという理由でランクイン。突如、アトランタのミッドタウンに現れたピンクトラップハウス。勿論、プロモ用なので、本当のトラップハウス(ドラッグを製造し、密売するアジト)ではないのだが、ピンク一色に塗られた一軒家、そして、その前には、これまたピンクに塗られたガスコンロ(クラックなどのドラッグを調理するので、ガスコンロはトラップハウスのシンボル)。平日週末問わず連日、州外からも大勢の人が詰めかけ、観光スポット化していたが、あまりにの混雑ぶりに近隣からの苦情が絶えず、いまは、元の白色の一軒家に戻されている。

毎日、どこからともなく、無数の新人ラッパーが現れては消えてゆくこのアトランタで、頭角を表し、それを維持し続けることは容易ではない。よって、私のベスト10も、アーティストのハードワークを労っているわけなのだが。5位は、2017年、アトランタが最も注目した若手、18才のヤング・バンズ。すでに、いろんなレーベルがヤング・バンズ獲得に向けて動いている模様。エクスエクスエクステンタシオン、リル・スカイズ、スモークパープら次世代のラッパー達の台頭に伴って、新しい流れになっているEmo Rap/Sad Rap。アトランタにおいては、どうもこのジャンルが弱い気がする(何と言っても、ケツ振り文化のため)が、このヤング・バンズがキーとなりそうだ。

クリスマスに4年ぶりのミクステ『Dedication 6』をリリースし、その健在ぶりを見せつけたリル・ウェイン。まさに、「リル・ウェイン、ここにあり」というミクステ。ここに収録されている“Yeezy Sneakers”は、コーダック・ブラックのヒット“Roll In Peace”のリミックスなのだが、コーダック超えしたという呼び声が高く、私の周りでもかなり話題となっていたので、この曲を6位に。

7位は、アトランタが生んだスーパー血縁トリオ=ミーゴスの2ndアルバム『Culture』。ビルボード1位、文句なしのアルバム。しかも、メンバーのオフセットが、NYはブロンクス出身のカーディ・Bと電撃婚約。人気絶頂のスター同士の結婚式が楽しみだ。ちなみにオフセットは、ミーゴスの中で一番しっかり者で、ハードワーカー。彼がいるからミーゴスが成り立っていると、もっぱらの評判。

8位は、グラミーを始め数々の賞を勝ち取った、ケンドリック・ラマーの『DAMN.』。普段はラップを聞かない人たちも、このアルバムだけは押さえている、という傑作。ただ、アトランタにいるとどうもケンドリックの存在自体が遠く、身近な感じがしないので、8位という結果に。同じ理由で、ジェイ・Zの『4:44』も、私のベスト10では圏外。特に、ジェイ・Zの場合は、音楽性以前に、皆の生き方のお手本的な存在のため、2017年のみでは括れない。

9位は、1位のリル・ザンや5位のヤング・バンズ同様、次世代のヒップホップシーンを担うひとり、トリッピー・レッドのミクステ『A Love Letter To You』。それに続くセカンド・ミクステも大ヒットという快挙。とにかく、彼の強烈なルックスは、一度見たら忘れられない。オハイオ出身の彼は高校卒業後、アトランタに引越し、グッチ・メインとサインしたリル・ウォップと出会う。すでに拠点をLAに変えたが、この出会いがなければ彼の成功もなかっただろう。2017年、突如シーンに現れ、知名度を稼いだアップカマーということで9位にランクイン。

2014年ごろ、リッチ・ホーミー・クワンやトリニダード・ジェイムス、OG・マコらが登場し、メインストリームから離れたところで、「ニュー・アトランタ」と呼ばれるシーンが築かれた。特にOG・マコの“U Guessed It“は、MVも含めて後のアングラ・シーンに大きく影響したが、この曲をプロデュースしたのがブランドン・トーマス。今作で12枚目、そして連日の超ハードワーカーぶりを讃えて、彼のミクステ『LifeStyle』を10位に。どうしても、トラップ色が強いという先入観を持ってしまうが、実は引き出しが多く、意外性があって、なかなか面白い。肩の力を入れないで聞ける、耳休め的な一枚。

以上、超個人的、かつアトランタ的なベスト10、いかがだったでしょうか。
(P10:「長谷川町蔵のベスト・オブ・2017」へ ⇒)

池尻安希
ATL在住ストリートカルチャー・ジャーナリスト&フォトグラファー。
twitter:@yojpgirlaki
Instagram:yojpgirlaki
yojpgirlaki.com