bmr

bmr>FEATURE>Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

FEATURE

Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

昨年、the year 2017。それは、アメリカ史上初めてヒップホップ/R&Bがロックを抜き、「全米最強の人気ジャンル」となった年。フィジカルCDどころかアルバムのダウンロード購入すら減少する中、ストリーミングや楽曲単位セールスで勢いを見せつけるラッパーやシンガーが躍進した年でもあった。社会の変化とテクノロジーの進歩に伴って消費のありかたは変わっても、チェンジング・セイムな魅力を放ち続ける我らがジャンル。そんな2017年のシーンを振り返って、bmr編集部員、執筆陣、ゲストが、それぞれの観点からベスト10を選出した。

文責/bmr編集部

(⇒P7:「末崎裕之のベスト・オブ・2017」より)

ダースレイダーのベスト・オブ・2017

2 Chainz『Pretty Girls Like Trap Music』

Run The Jewels 『Run The Jewels 3』 Migos 『Culture』 Big K.R.I.T. 『4eva Is A Mighty Long Time』

Kendrick Lamar 『DAMN.』 Juicy J 『Rubba Band Business』 Cardi B 『Gangsta Bitch Music, Vol. 2』

Aminé 『Good For You』 21 Savage 『Issa Album』 Lil Yachty 『Teenage Emotions』

1. 2 Chainz 『Pretty Girls Like Trap Music』
2. Run The Jewels 『Run The Jewels 3』
3. Migos 『Culture』
4. Big K.R.I.T. 『4eva Is A Mighty Long Time』
5. Kendrick Lamar 『DAMN』
6. Juicy J 『Rubba Band Business』
7. Cardi B 『Gangsta Bitch Music, Vol. 2』
8. Aminé 『Good For You』
9. 21 Savage 『Issa Album』
10. Lil Yachty 『Teenage Emotions』

2017年は気づけば過ぎ去っていった。その感覚と同じように新しい音楽も脳内をすさまじいスピードで過ぎ去っていく。たとえ、それがゆったり、どっしりとしたビートであっても、だ。

ストリーミングによるリスニング環境では浮気がとにかく凄い。関連作と一線を越えまくるのだ。これは特に下半身の衝動を強く刺激してくる音楽に限ったことではないが、あちこち行ってるのにやはり君の隣で手を握って……ってそんなキャラじゃないんですがね、カーディ・Bは気づけば良くお相手してもらってましたね。ラプソディだとしっかりしなさい!って言われてる気がしちゃうんですが、別にトップ10なんて余裕で入る実力は有しているんです。そういう事じゃないんです。もう気づけば40歳になってしまったので、おっさんなんですが。頑張るおっさんほど素敵なものはないでしょ? だから、ジューシィ・Jのアルバムですよ。グラミー賞の喧噪を経ても「最初にオスカーを獲ったのはスリー6マフィアだし、そっから30年現役だぜ!」みたいな自慢を飛ばしてて最高なんです。しかも、プロジェクト・パットのラップが更に凄い。太文字で「お構いなし!」とはこの事です。

2チェインズも頑張りますよ。なんせアルバム・タイトルからヤッてますからね。タクシーの運ちゃんが言いそうですよね。「あれでしょ~? トラップって、可愛い女の子たちが大好きなんでしょ? ゲヘヘ!」 頼もしいです。ラン・ザ・ジュエルズの2人もいよいよ気にしなくなってて素敵です。だからリル・ヤティも可愛いもんですよ。アミーネは新世代トイレットストゥールズラップ。トム・フォードのノクターナルアニマルズで衝撃的だった玄関の前に便器がある家を彷彿とさせるジャケがとにかく好きです! そんな2017年でした!
(P9:「池尻安希のベスト・オブ・2017」へ ⇒)

ダースレイダー
1977年、フランス・パリ生まれ。ロンドン育ち、東京大学中退。ミュージシャン、ラッパー。オフィス北野所属。2010年に脳梗塞で倒れ、合併症で左目を失明。以後は眼帯がトレードマークに。3ピースバンド、ベーソンズのボーカル。『NEWS RAP JAPAN』 (Abema TV)メインキャスター。
twitter:@darthreider