bmr

bmr>FEATURE>Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

FEATURE

Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

昨年、the year 2017。それは、アメリカ史上初めてヒップホップ/R&Bがロックを抜き、「全米最強の人気ジャンル」となった年。フィジカルCDどころかアルバムのダウンロード購入すら減少する中、ストリーミングや楽曲単位セールスで勢いを見せつけるラッパーやシンガーが躍進した年でもあった。社会の変化とテクノロジーの進歩に伴って消費のありかたは変わっても、チェンジング・セイムな魅力を放ち続ける我らがジャンル。そんな2017年のシーンを振り返って、bmr編集部員、執筆陣、ゲストが、それぞれの観点からベスト10を選出した。

文責/bmr編集部

(⇒P6:「アメリカの中学生のベスト・ヒップホップ・ソング・オブ・2017 (presented by 堂本かおる)」より)

末崎裕之のベスト・オブ・2017

SZA 『Ctrl』

Six Minutes 'til Sunrise 『Time Of Our Lives』 QUIÑ 『Dreamgirl』 Stokley 『Introducing Stokley』

Brent Faiyaz 『Sonder Son』 Smino『blkswn』 Sidibe 『I'm Only Dreaming』

JR Castro 『Sexpectations, Vol. 1』 Prince Charlez 『Evolution, Pt. 1』 Sevyn Streeter 『Girl Disrupted』

1. SZA 『Ctrl』
2. Six Minutes ’til Sunrise 『Time Of Our Lives』
3. QUIÑ 『Dreamgirl』
4. Stokley 『Introducing Stokley』
5. Brent Faiyaz 『Sonder Son』
6. Smino『blkswn』
7. Sidibe 『I’m Only Dreaming』
8. JR Castro 『Sexpectations, Vol. 1』
9. Prince Charlez 『Evolution, Pt. 1』
10. Sevyn Streeter 『Girl Disrupted』

悩みに悩んだらこんな結果に。10位に入りきらなかった多数の作品含め、良作の多い年だったなぁと改めて(って毎年思ってますが)。順位はあってないようなものですが、それでも1位はSZAにしたい。TDE入りする前から見てきたけれども、一向にアルバムは出ず、そういえば「R&Bアーティストを送り出すのは下手なヒップホップ・レーベル」って多いよなぁ……と縁側で遠い目をしながらお茶を啜っていたら、ようやく放たれた『Ctrl』は期待以上の傑作で、そしてそこからのブレイクの様は想像以上だった。楽曲、サウンドの隙の無さもさることながら、すでにフォロワーを生み出しつつあるボーカル面でも、R&Bシーン――特に若手の女性アーティストたち――にもたらす影響は大きいと思う。2017年の象徴的な作品でした。

ようやく出たと言えば、セヴン・ストリーター。クリス・ストークスのもとにいた時代から数えればおよそ15年。2017年作品の「ベスト・オブ・待望」を贈りたい、という想いも込めて10位に滑り込ませた次第。あまり推されてない……?と心配していましたが、2017年屈指のアリーヤ・インスパイア曲な“Before I Do”(発表自体は2016年ですが)がアダルトR&Bチャートで1位になるなど地道に支持されていて嬉しいかぎり。

セヴンと言えば、SWV “Right Here/Human Nature”リメイクなクリス・ブラウンの“She Ain’t You”でのコーラス仕事も印象的でしたが、この『Girl Disrupted』ではSWV “Anything (Old Skool Radio Remix)”を引用した“Anything”あり、今ひとつ話題にならなかったウィズキッドのインターナショナル・デビュー作『Sounds From The Other Side』では、“One For Me”でSWVの“You’re The One”を快活に歌ったり(バックコーラス扱いなのでfeat.表記は無いですが、めっちゃ目立つ)と、すっかり2代目ココみたいな風情というか、SWVネタならセヴン嬢に!という空気を感じます。“She Ain’t You”の時みたいに本家と共演してしまえばいいのに。

ちなみにこの『Girl Disrupted』は名前にかけて7月7日発売でしたが、同日にリリースされたのはスイスのほうのセヴンの『4COLORS』。青、黄、赤、紫と4色のパートから成るコンセプチュアルな作品ですが、以前からの彼のツアー・メンバーでもある元NPGのRADが全面参加しており、紫パートは当然……という感じで彼の殿下愛も窺えたのが印象的でした。

シックス・ミニッツ・ティル・サンライズのアルバムはもう大好物でして(その割にリリースにしばらく気づいてませんでしたが)、愛聴したので素直に2位に。ジェルジー・モネとかジョネルとかを思い出したりもして(ってみなさん覚えてます?)、要するに青春の2000年代初頭のR&B~ネオ・ソウル系をレミニスさせる感じが私には最強です。最後のダンスホール曲だけ飛ばしちゃいますが、歌も曲も逸品。トリオだと、ラドーナ・ハーリー、シャーリーン・ヘクターズ、ヴーラ・マリンガというUKが誇る強力どすこいボーカリストたちによるユニット=ラシャーヴ(LaSharVu)のEP『Honey』もよかったです。

3位はシドの『Fin』にしようかと思ってたのですが、クインにいつの間にか奪われていました。 『Fin』も大好きなんですよ、アリーヤ+ティンボ風の“Know”とか世代的にたまらないのですが、シド枠(?)を争った結果、こちらに。「ファンタシー・ソウル」を謳う彼女、シド客演曲なんてまんまシドという感じもしますが、最後の千鳥足な2曲のミッド~スロウあたりはSZAにも迫り、トレンドをいいとこ取りしつつ、キャッチーに仕上がっているのが実に良し。ケラーニやティナーシェ級のポップさが煌めいてます。

シド枠で言うと、“Know”をプロデュースするなどすっかりシドの腹心となったニック・グリーンが手がける(そしてシドやジ・インターネット勢も助太刀する)マリアの『Late Bloomer』も非常に美味でございました。こちらはネオ・ソウル寄りなシド~ジ・インターネット、と言ってしまおうか。あーやっぱクインよりマリアかな。この3作全部トップ10に入れたいです本当は。あとシドは、DEAN(フジオカではなくて韓国の)の“love”も愛聴しましたし、キングダム『Tears In The Club』での客演もよかったですね。DEANついでに、年末に出た彼の“instagram”は名曲だと思います。

ストークリーのソロは予想以上に充実した作品で、特にアイヴァン&カーヴィンが関わった楽曲が素晴らしく、“Cross The Line”では内なるマイケルも呼び起こしていて◎。マイケルと言えば、9位のプリンス・チャールズは「トラップ時代のマイケル」といった感じ。メアリー姐さんのアルバムでもデュエット相手を務めていましたが、EPの中でもっともマイケル感を分かりやすく打ち出した“Back Around”だけでなく、デニース・ウィリアムス“Free”でバックのホーンが奏でるメロディを口ずさむ“Make It Work”にしても、サンプリングしたクワイアを借景する“Thick High”にしても、トラップ世代らしい歌い口ながら、滲み出るマイコー。マイコーがひょっこりはん。とか言いながら一番聴いたのはこのEPじゃなく、ジョルジオ・モロダーとのコラボ・シングル“Champagne, Secrets, & Chanel”だったりして。この曲にプリンス・チャールズを推挙した、A&Rだかパブリッシャーだかに拍手。

ゴールドリンクの“Crew”への参加でも知られるブレント・ファイヤズは、Soulection勢のDパット&アトゥとのグループ=サンダー(Sonder)でのEP『Into』とも悩みつつ、ソロ・デビュー・アルバムのほうを。『Into』はdvsnあたりと共振するような感じで、そちらのほうが世間的には評価が高そうですが、「フランク・オーシャン以降」と言いたくなるような、自身の心象風景をアコースティック・ギター片手に歌い、それをサウンドトラックのような形へと昇華させたような『Sonder Son』のほうが個人的に好み。90sへの会釈や、曲によってベイビーフェイス的に青く響く歌声もよき。フランク・オーシャンの影響を感じさせたアーティストでは、謎めいたチョーカーなるアーティストの『PEAK』もよかった。リリース時のインタビュー記事の記載でまだ21歳、全曲セルフ・プロデュースで、可能性しか感じないです。

勢いあるシカゴは、商業リリースされたジャミーラ・ウッズ『HEAVN』や、チャンスの弟テイラー・ベネットの『Restoration Of An American Idol』、レイヴン・レネー『Midnight Moonlight』なども好作ですが、セントルイス出身・シカゴを拠点とするスミーノの『blkswn』を一番聴いたので6位に。マンティ・ブッカーが中心の洒脱なプロダクションに、ダンジョン・ファミリーにも通ずるソウルフルな感触のボーカルという組み合わせがとてもよい。“Anita”のT-ペイン参加バージョンも最高。個人的に2017年はT-ペインを聴き直した年でもあったのですが、2017年作品では新作よりこの“Anita (Remix)”での客演が一番輝いていたように思います。シカゴ“関連”で言うと、チャンスやテイラー・ベネットとの共演でも知られるジョーダン・ブラットンの『Driver’s Ed』、『Coloring Book』などを手がけたギャレン・ショーンの『GARREN, LP』も好作。あと世代は違いますが、シカゴと言うとスティーヴ“ハフ”ストーンの『iPromise』も忘れてはいけません。

シディベの歌声には誰も抗えません。『I’m Only Dreaming』は日本企画アルバムで、厳密には私自身はEPの『You Got The Luck』等、Bandcampで全カタログを制覇して聴いていたのですが、一番ハマった“Strangers”も入っているし、ウォーリン・キャンベル作のボーナストラック2曲も入っているし(後でBandcampでも別途リリースされましたが)、これから聴くなら『I’m Only Dreaming』が間違いないでしょう。それにしても、ニコ・スタディがジャスティン・ビーバー『Purpose』に関わっていたニコ・ハルティカイネンのことだとはしばらく気づかなかった。

あと誰でしたっけ? ……そうそう、JR・カストロ。クリス・ブラウンやトレイ・ソングスらもリリースありましたが、『Sexpectations, Vol. 1』は王道のR&Bボーカルとトレンドとのバランスが一番絶妙かなと。デビューEPにしてティンバランド、DJマスタード、テラス・マーティン、クエヴォといった布陣も強力。というかすでにお気づきかも知れませんが、全体的に曲数少なめのほうが上位に付いているのは気のせいではございませんで、アルバムではなくプレイリストなこの時代、あれもこれもと曲を詰め込んだクリス・ブラウンの『満月の傷心』はマーケティング的にはアリなのでしょうが、正直リスナー的には“きびい”っす。しかもさらに12曲追加するとか、『ぷよぷよ』でおじゃまぷよ振ってきたよみたいな気分(買ったけど)。そういえば、追加された曲には、カノジョ説も浮上したインドネシアのアグゼス・モーも参加していましたが、デンジャが手がけたアグゼス・モーのインターナショナル・デビュー作『X』も好きでした。『Shock Value』あたりを思い出すアーバン・ポップ集。ティンバーレイクの“Filthy”に『FutureSex/LoveSounds』を思い出して、連鎖的にアグゼス・モー『X』を聴き返した新年。ふぁいやー!

最後にhonorable mentionとして10位以下を(順不動)。Ali Tennant『Get Loved』、Zonnique『Love Jones』、Kehlani『SweetSexySavage』、PJ Morton『Gumbo』、Calvin Harris『Funk Wav Bounces Vol.1』、SiR『HER + HER TOO』、H.E.R.『H.E.R.』、Daniel Caesar『Freudian 』、Kelela『Take Me Apart』、Jhené Aiko『Trip』、Raveena『Shanti』、PLAZA『Shadow』、Daley『The Spectrum』、Brayton Bowman『22 Minutes Later』、Boulevards『Hurtown, USA』、Kat Graham『Love Music Funk Magic』、Sir The Baptist『Saint or Sinner』、offonoff『boy.』、Van Hunt『Popular』……ああ、まだまだある。
(P8:「ダースレイダーのベスト・オブ・2017」へ ⇒)

末崎裕之
bmr編集、ライター。林さん、荘さんとの共著『新R&B教本』発売中。2018年はInitial Talkが凄いことになります(予言)。
twitter:@bmr_suezaki