bmr

bmr>FEATURE>Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

FEATURE

Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

昨年、the year 2017。それは、アメリカ史上初めてヒップホップ/R&Bがロックを抜き、「全米最強の人気ジャンル」となった年。フィジカルCDどころかアルバムのダウンロード購入すら減少する中、ストリーミングや楽曲単位セールスで勢いを見せつけるラッパーやシンガーが躍進した年でもあった。社会の変化とテクノロジーの進歩に伴って消費のありかたは変わっても、チェンジング・セイムな魅力を放ち続ける我らがジャンル。そんな2017年のシーンを振り返って、bmr編集部員、執筆陣、ゲストが、それぞれの観点からベスト10を選出した。

文責/bmr編集部

(⇒P3:「塚田桂子のベスト・オブ・2017」より)

荘 治虫のベスト・オブ・2017

Sidibe 『I'm Only Dreaming』

Calvin Harris 『Funk Wav Bounces Vol.1』 Sevyn Streeter 『Girl Disrupted』 Trey Songz 『Tremaine The Album』

112 『Q Mike Slim Daron』 Elijah Blake 『Audiology』 Kehlani 『SweetSexySavage』

PJ Morton 『Gumbo』 dvsn 『Morning After』 Louie Lou 『Reloaded』

1. Sidibe 『I’m Only Dreaming』
2. Calvin Harris 『Funk Wav Bounces Vol.1』
3. Sevyn Streeter 『Girl Disrupted』
4. Trey Songz 『Tremaine The Album』
5. 112 『Q Mike Slim Daron』
6. Elijah Blake 『Audiology』
7. Kehlani 『SweetSexySavage』
8. PJ Morton 『Gumbo』
9. dvsn 『Morning After』
10. Louie Lou 『Reloaded』

すべてアルバム。個人チャートなので遠慮なく極極私的にと選んだら、SZAやカリードやダニエル・シーザーなどいまのムードを代表する作品が入りきらず。抑えきれない想いや色香を放つ歌や音にどうしようもなく引き寄せられてしまう自分のR&Bスタンスに改めて気づかされることに(これでもまだテイマー・ブラクストンもクリス・ブラウンもケヴィン・ロスもデイリーも漏れてるんだけれど……)。

最も楽しく聴いたのは前年から引き続きブルーノ・マーズ。が、リリースが16年なので選外。同様に長らく偏愛してるシディベの初アルバムを正直に首位に置いた。それこそカリードやケラーニを含むアーバンの煌めく面々を集めてファンキーに染め上げたカルヴィン・ハリスは、今後耳にするたびに17年の夏を想起させる一枚になったと思う。SZAとの“The Weekend (Funk Wav Remix)”の仕立ても好み。

よりオーソドックスを求める日にはセヴントレイにR・ケリーの影を見て楽しみ、また別の日には112を手に取って愛すべきヴォーカル・グループの濃密な和声に浸った。80~90年代をキャッチーに取り入れて見事現代的に仕上げたイライジャケラーニ、このリストでは唯一のネオ・ソウル系となるPJ、ドレイク以降と呼ばれる中では最もツボに入ったdvsnと続き、ゴスペル・ラッパーのルイ・ルーはメジャーな作品ではないものの、生ドラムでも打ち込みでも腕の光るヤーン・ハンターJr./エリック・ドーキンス/ドゥービー・パウェルら参加のなかなかに自由なゴスペルで気に入ってしまって。

その他ゴスペルでは、B・スレイド(彼の“Work That Body”もよく聴いた)関与の80s志向曲が秀逸だったジェイムス(・フォーチュン&ファイヤ)の元妻シェリル・フォーチュン、ニュー・ジャック風も飛び出すウォールズ・グループ、躍動感あふれる生アレンジで上質にまとめたアニタ・ウィルソン、そしてもちろん、サー・ザ・バプティストも良かった。この流れで言うと、まもなく発表になるスヌープのゴスペル・アルバムにもかなり期待しているところ。
(P5:「金子穂積のベスト・オブ・2017」へ ⇒)

荘 治虫
月刊bmr編集を経てフリーの文筆家に。主な興味の対象はファルセット、ゴスペル、TR-808。
twitter:@funkydipsi