bmr

bmr>FEATURE>Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

FEATURE

Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

昨年、the year 2017。それは、アメリカ史上初めてヒップホップ/R&Bがロックを抜き、「全米最強の人気ジャンル」となった年。フィジカルCDどころかアルバムのダウンロード購入すら減少する中、ストリーミングや楽曲単位セールスで勢いを見せつけるラッパーやシンガーが躍進した年でもあった。社会の変化とテクノロジーの進歩に伴って消費のありかたは変わっても、チェンジング・セイムな魅力を放ち続ける我らがジャンル。そんな2017年のシーンを振り返って、bmr編集部員、執筆陣、ゲストが、それぞれの観点からベスト10を選出した。

文責/bmr編集部

(⇒P9:「池尻安希のベスト・オブ・2017」より)

長谷川町蔵のベスト・オブ・2017

Migos 『Culture』”

Kendrick Lamar 『DAMN.』 Thundercat 『Drunk』 Tyler, the Creator 『Flower Boy』

SZA 『Ctrl』 Joey Bada$$ 『All-Amerikkkan Bada$$』 A$AP Mob 『Cozy Tapes, Vol. 2: Too Cozy』

Snoop Dogg 『Neva Left』 Jhené Aiko 『Trip』 Jay Worthy 『Fantasy Island』

1. Migos 『Culture』
2. Kendrick Lamar 『DAMN.』
3. Thundercat 『Drunk』
4. Tyler, the Creator 『Flower Boy』
5. SZA 『Ctrl』
6. Joey Bada$$ 『All-Amerikkkan Bada$$』
7. A$AP Mob 『Cozy Tapes, Vol. 2: Too Cozy』
8. Snoop Dogg 『Neva Left』
9. Jhené Aiko 『Trip』
10. Jay Worthy 『Fantasy Island』

トラップ a.k.a. <頭にビーズ(ビーズじゃないのは分かってはいるんだけど、あれを何というのか誰に訊いても知らないと言われるので勝手にそう呼んでいる)をつけた人たちの音楽>に生活を侵食された1年間だった。本国では強烈なダンス・ミュージックとして扱われているのに、この気勢が上がらない感じは何? とか、リリックにメッセージ色とか全然ないのにこのバシバシ伝わってくる達観みたいなものは何?とか、聴いていてこれだけ「謎」を感じさせる音楽は無いし、そんな音楽が流行っているという現象自体が面白い。フューチャーもリル・ウージー・ヴァートも良かったけど、そんなトラップ勢への票を敢えて一本化してミーゴスに1位を進呈したい。

以下、ひとことコメント。
ケンドリック・ラマー『DAMN.』
流行りの音への絶妙な歩み寄りにA&Rとしての才能も感じる。

サンダーキャット『Drunk
アルバムとしてはたぶん一番よく聴いた。

タイラー・ザ・クリエイター『Flower Boy』
この人が凄いのは、音楽家としての腕を作品ごとに上げているのに初々しさも無くしてないこと。

SZA『Ctrl
ソランジュが頑張ってやったことを、もっと自然体でやっている。

ジョーイ・バッドアス『All-Amerikkkan Bada$$』
年寄り(自分)に優しいサウンドとフレッシュなラップの組み合わせがイイ。

エイサップ・モブ『Cozy Tapes, Vol.2: Too Cozy
ラフ・シモンズ賛歌“RAF”を聴きながら、ヒップホップがいかにラン・DMCから遠くまで来たのか想いを馳せる。

スヌープ・ドッグ『Neva Left
世間的にはもはやTVパーソナリティなのかもしれないけど、ビックリするほどの力作。

ジェネイ・アイコ『Trip』
“Jukai”なんて曲まで収録されたワビサビ感。

ジェイ・ワージー『Fantasy Island
全曲和物ネタ。世界規模のシティポップ・ブームを反映したEPと言えるかも。

長谷川町蔵
ライター。春頃『文化系のためのヒップホップ入門2』が刊行予定です。
Facebook: facebook.com/machizohasegawa