bmr

bmr>FEATURE>Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

FEATURE

Best of 2017 / bmrライター&ゲストが選ぶ2017年のベスト10作品

昨年、the year 2017。それは、アメリカ史上初めてヒップホップ/R&Bがロックを抜き、「全米最強の人気ジャンル」となった年。フィジカルCDどころかアルバムのダウンロード購入すら減少する中、ストリーミングや楽曲単位セールスで勢いを見せつけるラッパーやシンガーが躍進した年でもあった。社会の変化とテクノロジーの進歩に伴って消費のありかたは変わっても、チェンジング・セイムな魅力を放ち続ける我らがジャンル。そんな2017年のシーンを振り返って、bmr編集部員、執筆陣、ゲストが、それぞれの観点からベスト10を選出した。

文責/bmr編集部

丸屋九兵衛のベスト・オブ・2017

various 『The Fate of the Furious: The Album』

Baby Bash & Frankie J 『Sangria』 PnB Rock 『Catch These Vibes』 Ty Dolla Sign 『Beach House 3』

Future & Young Thug 『Super Slimey』 Migos 『Culture』 BTS 『Love Yourself: Her』

Lil Pump 『Lil Pump』 Huncho Jack (Travis Scott & Quavo) 『Huncho Jack, Jack Huncho』 Arthur Flowers 『Brer Rabbit Retold』

1. various 『The Fate of the Furious: The Album
2. Baby Bash & Frankie J 『Sangria』
3. PnB Rock 『Catch These Vibes』
4. Ty Dolla Sign 『Beach House 3』
5. Future & Young Thug 『Super Slimey』
6. Migos 『Culture』
7. BTS 『Love Yourself: Her』
8. Lil Pump 『Lil Pump』
9. Huncho Jack (Travis Scott & Quavo) 『Huncho Jack, Jack Huncho』
10. Arthur Flowers 『Brer Rabbit Retold

映画界が「イヤー・オブ・ヴィン・ディーゼル」だった2017年……つまり、わたしの目から見れば、ということだが。
単曲では『トリプルX:再起動』の主題歌“In My Foreign”が最高――タイ・ダラー・サイン、フレンチ・モンタナ、リル・ヤティ、ニッキー・ジャムという人種混合姿勢が美しい――だが、アルバム単位で考えるなら『ワイルド・スピード ICE BREAK』のサウンドトラックだろう、やはり。これは贔屓でもなんでもなく、同作は2017年前半時点でのヒップホップ・ショウケースとして非常に優れているのだ。ミーゴスと縁のあるラッパーたちで溢れかえり、ほぼ全ての曲がオートチューン使用。そこには、ウィズ・カリファすらオールドスクーラーと映る、現行シーンの勢いがある。

オートチューン組にも実はいろいろいる……のは当然のこと。かつてT・ペインはデビュー・アルバムを「ラッパー転じてシンガー」と題したが、オートチューンの本質はラッパーをシンガー化することよりもむしろ、両者の垣根を低くすることにある。だから、シンガーをラッパーに見せることも可能な装置なのだ。

オートチューン組の中で最も音楽的なのはタイ・ダラー・サインだろう。さすが、レイクサイドのメンバー(ただし在籍は短期)の息子だけはある、と思う。もっとも、この路線でわたしが最も好きなのはPnB・ロックだ。情けない立居振舞が災いして、スーパースターダムに昇りつめることは不可能だろうが、そのアルバムは素晴らしい。

『ワイルド・スピード』は、15年ほどずっとレゲトンを推してきたシリーズでもある。今回のサウンドトラックにはレゲトンそのものはないが、ラティーノ方面への目配せは絶対に忘れない。今を時めくカミラ・カベロに唾をつけていた先見の明よ! こんなところに感心しているわたし自身にも、ラテン趣味は多分にある。今回のリストで2位にランクしたのは、いつもタッグを組んでいる感があるフランキー・Jとベイビー・バッシュによる、実は初のデュエット・アルバム。フランキーの歌はいつにも増して艶っぽいし、キッド・フロスト、オゾマトリ、そしてポーラ・ディアンダをも引き込む連帯感も素晴らしい。メ・エンカンタ・メヒコ。

若造どもの中では、リル・パンプが好みだ。17歳なのに、00年前後のサウス・ヒップホップを感じさせてくれる。一方、エクスエクスエクス(以下略)やシックスナイン(6ix9ine)は――かつてアイス・Tがそう評されたように――「ラッパーとしての実力よりも話題性が先行するタイプ」と見える。もっとも、話題性なるものが実力のうちに入らないと誰が言い切れようか。

10位に入れた『Brer Rabbit Retold』は、本リスト最大の変わり種であり……ある意味では1位とも言える。昨年後半、映画字幕監修~自著執筆~詩集翻訳と続く2パック仕事アレコレと、再燃したロンドン黒人英語への関心から、わたしがポエトリー・リーディングに凝っている最中に出会った作品だ。もとはといえば、詩人/ブルースマン/大学教授のアーサー・フラワーズが米黒人民話を再解釈した絵本(同タイトル)にオマケCDとして付いていたものだが、これが本当に素晴らしくて。アフリカン・アメリカンの「音楽 meets ストーリーテリング」の伝統を体感させる傑作なのだ。ブルージーにしてパーカッシヴ、EW&Fのごときカリンバまで活躍するトラックをバックに、アーサー教授が豊かな声を響かせトリックスター民話を語る……ポエトリー・リーディングのように。嗚呼、わたしもこういうふうになりたかったな。
(P2:「林 剛のベスト・オブ・2017」へ ⇒)

丸屋九兵衛
bmr編集者、トーカー。
http://bmr.jp
qbmaruya.com
twitter:@QB_MARUYA