bmr

bmr>FEATURE>JAMILA WOODS / 初来日のジャミーラ・ウッズが語る、アーティストとしての姿勢とシカゴ・シーン

FEATURE

JAMILA WOODS / 初来日のジャミーラ・ウッズが語る、アーティストとしての姿勢とシカゴ・シーン

チャンス・ザ・ラッパーのサマソニでの初来日も決定し、昨年はノーネームがやはりソールドアウトした初来日ステージで沸かせた……と、シカゴの新しい風が日本にも届き始めた絶好のタイミングで、ジャミーラ・ウッズが来日。今年1月23日(火)の1日かぎりとなったが、貴重な初来日公演を行った。その公演前日に行った対面インタビューをお届けしたい。昨年には商業リリースもされた『HEAVN』から、アーティストとしての真摯な姿勢、シカゴのコミュニティやシーンの変化について、チャーミングな笑顔を浮かべながら語ってくれた。

取材・文/末崎裕之 hiroyukisuezaki (bmr)

私はいつもアートを創る時は、コミュニティのことを考えていて。
コミュニティが共感できるものを創りたい

(⇒ P2より)
こうして、世に出た『HEAVN』は、最初に2016年に発表された時点で絶賛され、昨年にはJagjaguwar Recordsから商業リリースもされた。だが、元々は「趣味みたいな感じ」で音楽を始めた彼女は、実は、「自分でソロ・シンガーとしてやっていける声だと思ってなかった」と考えていたという。そして、音楽の道で生きていこうと決心できるほど自信が持てるようになったのは、意外にもここ最近のことだと振り返る。

このアルバム(『HEAVN』)が評価されて、ツアーに出て、シカゴでもショウをやって……私は自分でソロ・シンガーとしてやっていける声だと思ってなかったけど、自分で書いた曲、私が信じ、大事にしている言葉をみんなが気に入ってくれて、それでこの道でやっていけると自信が持てたの。

can't wait for y'all to hear the song w @donnietrumpet #HEAVN on 7/11 ~ photo by @sarahdashji

jamila woodsさん(@jamilawoods)がシェアした投稿 –

(自信が持てるようになったのは)リリース・パーティでパフォーマンスした時かな。2016年6月。今でも私のフェイバリットなショウなの。ニコ・シーガル=ダニー・トランペットたちをバンドに迎えて――そのうち、今でも私のバンド・メンバーである人たちもいて――、すごくあったかいショウだった。今でも思い出すのが、これが最後の曲になりますっていう時に、耳が痛くなっちゃうくらいみんなが大声で叫んでくれて。その時、すごく暖かい気持ちになれたし、私が自分の部屋で自分のために書いたものがみんなとシェアできるんだって嬉しくて、すごく自信になった

ソロ・アーティストとしての自信を得てまだ2年と経っていないというのは驚きだったが、とは言うものの、彼女の中には明確に目指すべき音楽はあった。それは彼女のアーティストとしての信念もである。

自分のやりたいことは自分ではっきり分かっていたし、たとえ気に入られなくても気にしてなかった……それは聞く人次第だしね。作っている時はただ、オーセンティックでありたいと思ってた。私はいつもアートを創る時は、コミュニティのことを考えていて。コミュニティが共感できるものを創りたい。自分の妹が考えていることだったり、自分の生徒や、オープンマイクを通じて知り合った地元の人たちの置かれている環境だとか、自分自身の経験を反映するものにしたい。そういうことを考えていた

“コミュニティ”は、まさに『HEAVN』、そしてジャミーラ・ウッズの音楽を表現する際のキーワードだろう。歌詞、チャンスやノーネームを始めシカゴ勢のバックアップ、 そして「生徒に妹、あと友人たちも参加してくれている」インタールード。『HEAVN』が絶賛されて以降の自分の周囲の変化について訊ねた際も、「そんなに変わっていない」と述べながら、コミュニティに与えた影響を嬉しそうに振り返る。

そんなに変わってないけど、私はYCA(ヤング・シカゴ・オーサーズ)でアソシエート・アート・ディレクターを務めていて、ワークショップとかをやっていると、生徒が有名人を見るような目に変わったかな(笑)。私のアルバムが出た時も喜んでくれたし、こういう風にあなたたちもなれるんだ、って良い手本になれたと思うから、嬉しい。でも、誰も叫んだりしないし、クレイジーなことにはなってない(笑)

シカゴのコミュニティ、そしてシカゴの音楽シーンに身を置く者として、チャンス・ザ・ラッパーら若いスターたちが次々と登場するようになった背景にはどんな要素があるのか、彼女なりに分析してもらった。

YCAのようなスペースがコミュニティにあったことや、(学習支援スペースの)YOUmediaのような場所があることかな。ヒップホップ・ナイトをやっているバーとかに、若すぎて入れない子だったり会場が遠すぎて行けない人たちがいて、学校の後に行く場所のなかった人たちが、(YCAやYOUmediaなどの)そういう場所に行くことで、ポエトリーやラップを学んだり、一緒にクリエイティブなことをやって時間を過ごせるようになった。

それから、シカゴを離れる必要がないと感じているからかな。ニューヨークやLAのような産業はなくても、TwitterやSoundcloudがある今は、自分たちのやりたいことがシカゴに残ってもやりやすくなったという影響もあると思う。

シカゴから一番ビッグになったのは私が思うにコモンやカニエ・ウェストで、そういう先輩たちを尊敬しているけど、自分たちはどうやったら彼らと違うことができるだろうか、と考えてやってきた。でも、これまで色んな人たちがいたわけで、こういった変化は突然に起こったのではなくて、少しずつ起こったことだと思う

最後に彼女は、長らくヒップホップで注目されてきたシカゴの音楽シーンの中でも、ソウル系のアーティスト、特に女性のそうしたアーティストが出てきたことが嬉しいと付け加えた。

彼女がその中で真っ先に言及したのは、Atlantic Recordsとの契約が決まり、ジ・インターネット(The Internet)のスティーヴ・レイシー(Steve Lacy)全面プロデュースのEP『Crush』のリリースを控えるレイヴン・レネー(Ravyn Lenae)。そして、歌手で詩人とジャミーラと通ずるところも大きいターシャ(Tasha)。そして、女性コレクティヴ=メディシン・ウォーマン(Medicine Woman)の一員でもあり、ダニー・トランペットやサンファらもプロデュースするジョン・ドー(Jean Deaux)だ。

それから、才能ある若いアーティストでも、ヒップホップだけじゃないアーティストがシカゴから出てきているのが嬉しい。シャカ・カーンはシカゴ出身だけど、以来、ヒップホップ以外のアーティストはしばらく出てこなかったから。特に女性アーティストではね。

おすすめの若い女性アーティスト? まずレイヴン・レネーね。それからターシャ。あとはジョン・ドーかな。ジョン・ドーは、メディシン・ウォーマンというコレクティヴもやっていて、ヴィア・ローズ(Via Rose)やドリア・スミス(Drea Smith)なんかもメンバーなの