bmr

bmr>FEATURE>久保田利伸 special / デビュー以来30年にして初のライヴ・アルバム

FEATURE

久保田利伸 special / デビュー以来30年にして初のライヴ・アルバム

久保田利伸がキャリアを歩み始めたのは1986年。昨年から展開されてきたデビュー30周年企画の一環としてリリースされたのが、ライヴ盤『3周まわって素でLive!~THE HOUSE PARTY!~』。意外なことに、長いキャリアで初めてのライヴ・アルバムだ。ツアーを目撃した林 剛が、その音盤に収められた久保田の想いを、あくまでbmr読者向けに読み解く。

文/林 剛

ソウル・ミュージックに真正面からぶつかってきた久保田の大胆さを改めて実感する

(⇒ P2より
 “Go Go Old School Medley”などで自身の懐かしい名曲を歌うだけではなく、今の久保田を見せることも忘れていない。
 2015年作『L.O.K.』収録の“Free Style”もそのひとつ。ファルセットで歌われたこれは明らかにマーヴィン・ゲイ“Got To Give It Up”へのオマージュだが、ロビン・シック“Blurred Lines”より巧みに、歌詞の中で「ありがとうマーヴィン・ゲイ」とマーヴィンへの感謝を述べて参考元を明確にして換骨奪胎した同曲を聴くと、滑らかにスウィングするようなヴォーカルでUSのソウルやファンクを咀嚼して歌謡曲~J-Popに落とし込み、それでいて「日本人だから黒人のように歌えない」などと尻込みすることなくソウル・ミュージックに真正面からぶつかってきた久保田の大胆さを改めて実感する。

 本編ラストに歌った“LOVE RAIN~恋の雨~”の締めにまでタワー・オブ・パワー“What Is Hip?”を引用するなど、隅々までソウルとファンクで埋め尽くしたハウス・パーティー。アンコール最後で“Cymbals”を歌う前、「ビート(をくれ)」と言う久保田に、ATCQ“Bonita Applebum”などのネタとして知られるロータリー・コネクション“Memory Band”使いのビートで即座に応えたDJ DAISHIZENとの息も終始ピッタリだった。
 もちろん、そうした小ネタや小技がわからなくても成立するのが久保田の音楽やライヴの懐の深さであり、そこまでやっておきながら「ひとりひとりが自由に気ままな解釈で楽しんでほしい」と語っていたのも彼の優しさであり懐の深さ。いわゆるブラック・ミュージック・ファン以外にも幅広く支持されてきた理由がわかるというものだ。

 30年前の勢いと30年目の余裕で魅せたライヴ。昨年のbmrでのインタヴューでは、かつてクール&ザ・ギャングのリード・ヴォーカリストにロバート“クール”ベルから直々に勧誘されたというエピソードを本邦初披露してくれたが、その事実を知る今では久保田の音楽の聴こえ方も少し違う。
 また、同インタヴューではクール&ザ・ギャングからの誘いを蹴ったことに加えて、デビュー直前のエリカ・バドゥを邪険に扱ったという“ふたつの後悔”があるとも話してくれたが、今回、大阪公演終了後にご本人とお話しした際、もうひとつ“後悔”があったことを追加で告白してくれた。“3つ目の後悔”とは、US第3弾アルバム『TIME TO SHARE』をリリースした際、あの〈Essence Music Festival〉(現在の名称はEssence Festival)から出演依頼が来たものの断ってしまったということ。スーパーラウンジ(小ステージ)への出演依頼だったようだが、「今となっては出ておけばよかった」と久保田。もし出ていれば、今回のツアーで披露した“SHADOWS OF YOUR LOVE”もきっと歌っていただろう。日本人シンガーとしては初出演になったかもしれないニューオーリンズでのTOSHIはどうなっていたのか……そんなことを夢想しながらこのライヴ・アルバムを聴くのも楽しいかもしれない。

[CD]
1. OPENING JAM
2. Shake It Paradise
3. Funk It Up
4. 誓い
5. Forever Yours (with YURI)
6. Tomorrow Waltz
7. Upside Down
8. Free Style
9. LA・LA・LA LOVE SONG
10. SOUL BANGIN’~B.LEAGUE EARLY CUP VERSION~
11. Bring me up !
12. SHADOWS OF YOUR LOVE
13. Go Go Old School Medley
14. SUKIYAKI~Ue wo muite arukou~ (with Ty Stephens)
15. LOVE RAIN~恋の雨~

[特典DVD] *初回限定生産盤のみ
~THE HOUSE PARTY~ “Eyes from The Back Door”
1. ENCORE JAM
2. Another Star~You were mine
3. Cymbals