bmr

bmr>FEATURE>BILLBOARD LIVE 10th Anniversary / ビルボードライブ10周年記念 特別座談会

FEATURE

BILLBOARD LIVE 10th Anniversary / ビルボードライブ10周年記念 特別座談会

数々のアーティストの来日公演を開催し、我々アーバン・ミュージックの愛好家にもおなじみのビルボードライブ。すでに2017年下半期もエリカ・バドゥ、フェイス・エヴァンス、ベイビーフェイス、テラス・マーティン、マセーゴなど楽しみな公演が目白押しのビルボードライブは、今年で開業10周年を迎える。これを記念して、bmrの新旧編集部員が再び集結し、「ブラックミュージック・シーンを牽引するライブレストラン」が築いてきた10年間を振り返る特別座談会を行った。

座談会/荘 治虫、金子穂積、丸屋九兵衛、末崎裕之 構成/bmr編集部

思わず語りたくなる、記憶に残るビルボードライブのステージ

(⇒ P1より)
丸屋「ジョージ・クリントンとかブーツィー・コリンズがあのステージに乗るんだ!ってのも印象的ですね。人数的にどうなの?!って思うんだけど。ジョージ・クリントンは、『出番の無い人は端で休んでていいよ』システムがある」

荘「入れ替わり立ち替わり」

丸屋「ジョージ・クリントンの娘が行ったり来たりしたり。ブーツィーのほうは出ずっぱりの人が多かったのでわりと混み合ってたかな」

金子「ジョージ・クリントンは昔のPファンクとはもはや完璧に別物ですよね。ファンクも当然やるけれども、ヒップホップやメタルみたいな雰囲気が入り乱れるという……」

丸屋「メタルって、あのギタリストでしょ? あれ、孫なんだよ! 確か、昔ソロ出してたトレイ・ルードの息子。その横の猫耳つけたお姉さんがジョージ・クリントンの娘だっていう」

荘「年齢構成がめちゃくちゃだね(笑)」

丸屋「源氏物語の匂宮と薫みたいに、息子と孫なんだけど同じ世代っていう謎の現象が起きている」

金子「ああいう光景が見られたってのもすごいですね」

丸屋「で、クリントン御大は疲れるとそこに座っちゃうっていう」

金子「でも声出てましたよね」

丸屋「2010年とか2011年は全然声が出ていなくてガラガラだったし、引っ込んでる時間も長かったけど、ちょうどその後にドラッグを止めたのよ。30年くらいクラックをやってて、それを止めて突然元気になって。その頃からか、息子とか孫とかを使うようになって、あれはあれで面白い進化だと思う」

金子「進化してますよね。この前大阪のファンク・バー[Zip]というお店に行ったんですが、大阪公演をやったジョージ・クリントン御一行がそのお店に来られて、貸し切りのDJパーティになったらしいんですよ。クリントンも含めたメンバーが、入れ替わりながら曲を流しつつMCで煽るというのを朝までやっていたそうで。その時の動画を見せてもらったんですけど、歳を感じさせない溢れんばかりのエナジーにちょっと感動しましたね。でも、そのまんま東京公演行ったから相当疲れてたと思います(笑)」

末崎「あの年ですごい。30年持て余したパワーが溢れたんですかね(笑)」

丸屋「基礎体力がとてつもないんだな。それがクラックでやられてたんだけど、止めた途端、復活したんだ」

George Clinton live at Billboard Live Tokyo (Photo by Ayaka Matsui)
Photo by Ayaka Matsui

末崎「驚いたと言えば、ボビー・ウーマックが亡くなる1年前の最後の来日公演を観ましたけど、座ってはいましたが、声は出てましたし、元気でしたね。まさかその1年後に亡くなるとは……」

荘「けっこう急だったもんね。新譜も出してたしね」

丸屋「あれを観に行かなかったのは一生の悔いとして残るなぁ」

金子「亡くなっちゃった人もいますね。チャック・ブラウンとか」

丸屋「シュガーフットが来てたのも、亡くなるちょっと前だったかな。わりと座ってた気がする」

荘「最近何してるのかしら?っていう人が来るのもおいしいところだよね。新しい人も出てくるし、往年の大ベテランも出てくるし、最近ご無沙汰の人も出てくる、そこらへんのバランスがいい」

末崎「あと、ゴスペルもけっこう来てますよね」

荘「カーク・フランクリンとか何度も来てますよ」

末崎「タイ・トリベットも来てますし」

丸屋「来日リストに色々と並んでる中に、さらっとヘゼカイア・ウォーカーって書いてあるのもすごい」

金子「でもこういうハコがないと、なかなかゴスペルの公演なんて観られないですよね」

荘「あんなお酒がんがん出すところでどうなんだった話もあるけど(笑)、まぁダメってことはないんだろうし、貴重な機会だよね」

末崎「荘さんは印象に残ってる公演で言うと?」

荘「フェイス・エヴァンスとかやっぱりよかったなぁ。やっぱり、なんだよね。うまいと思っていた人のステージをこの目で観て、やっぱりうまいな、生で観てよかったなって、確認することで得られる満足感っていうのかな」

末崎「今度の来日も楽しみですね」

George Clinton live at Billboard Live Tokyo (Photo by Ayaka Matsui)

金子「僕はベティ・ライトがよかったですね。ベタな表現ですけど、歌ぢからで会場をひとつにする圧倒的なパフォーマンスが強烈で。彼女がそもそも持っているアーティスト性もあるかと思いますが、ハコの大きさや来ているファンもサザン・ソウル好きばかり(多分)という感じで、温かみのある雰囲気が良かったですね。あとノーティ・バイ・ネイチャー。ハコ的にはちょっと違う感じもするけれども、さっきのアレステッド・ディヴェロップメントと同じような感じで、ヒップホップを世界的に広めたレジェンド的な立場のアーティストがあのステージに立つと説得力があって、観られてよかったなと思いました」

荘「それと、ジョーね。散々観たんだけど、あそこって時々中継するじゃないですか、フジテレビNEXTで。中継もしたんだけど、当時ジョーがキダー・マッセンバーグとレーベルやってた時で、キダーが、撮影するんだったらそれをDVDで出せないか?って言って、パッケージにして『Live from Japan』って出したんだよね。それで、さすがにすごいなって思ったのが、ジョーが収録する公演にしっかり調子を合わせてくるんだよ。もちろんいつでもバッチリ歌うんだけど、その時のパフォーマンスは特別なものがあって」

丸屋「気合が入ってた?」

荘「そう。いつにも増して完璧なんだよね。プロってやっぱすごいんだなって」

末崎「あのDVDってそういう経緯があったんですね」

荘「あとはマリーナ・ショウかな。日本ではこれで最後っていう公演を観に行ったんですよ。でも、来日はしたんだけど、声が出なくなっちゃったから、この公演は歌わないかもしれませんって入る前に説明されて。払い戻ししてくれるってことだったんだけど、もう声が出なくても、インストでもいいやって。バックがデイヴィッド・T・ウォーカー、チェック・レイニー、ハーヴィ・メイソン、ラリー・ナッシュっていう、『Who Is The Bitch, Anyway?』の面子だったから。ライブが始まってみたら、結局歌ってくれて、余計に感激しちゃった。ともかく、そうした最後の日本ツアーっていう、そういうプレミアムな公演もやってくれる」

新人も往年のスターも 来日公演の定番となったビルボードライブ

荘「ちょっと昔を振り返ってみると、ビルボードライブができる前の会場ってもうちょっと大きくて、Zeppだったりとか。そうすると、けっこうな集客が見込めないと来日できないわけで。でもそういう状況を打破したのがビルボードライブだったのかな。もっと気軽に、新しい人も来るし、往年のスターたちも来る場ができたっていう」

金子「ホント意外と新しい人も多いですよね。最近だとBJ・ザ・シカゴ・キッドとか」

荘「そうそう、BJクラスでも。それが大きいところですよね。だから、ビルボードライブができてから相当来日が増えましたよね。2000年代後半から。それまでは、来日するっていうとけっこう大きなイベントで、来るならみんな行くでしょ、って感じだったけど、来日が増えて、最近はちょっと感覚が麻痺しちゃうくらい(笑)」

丸屋「あとそれ以前は、本当に来日するのか?っていう疑念も」

末崎「公演中止って昔多かったですよね」

丸屋「その昔、ベイホールだったけど、リル・ジョン&ザ・イーストサイド・ボーイズが来るはずだったのが、行ってみると代わりにトリーナの公演になってたって珍事件もあったなぁ」

荘「それ、代わりになるのかな(笑)」

丸屋「あとは、ヒップホップ/R&Bイベントで、4組の出演者のうち、2組しか来なかったっていうのもあった」

金子「そんな悲劇はビルボードライブでは起こってないでしょう(笑)」

丸屋「特に、公演日その日に中止が発表されるっていうのは無いでしょう」

(⇒ P3に続く)


〈BBL 10th Anniversary Premium Stages〉

エリカ・バドゥ来日公演
2017年10月1日(日)3日(火)6日(金)12日(木) ビルボードライブ東京
2017年10月9日(月・祝)、10日(火)ビルボードライブ大阪

フェイス・エヴァンス来日公演
2017年10月5日(木)ビルボードライブ大阪
2017年10月9日(月・祝)ビルボードライブ東京

ベイビーフェイス来日公演
2017年11月15日(水)、16日(木)ビルボードライブ大阪
2017年11月18日(土)、19日(日)、20日(月)ビルボードライブ東京