bmr

bmr>FEATURE>久保田利伸 interview / 「何は無くとも歌、ソウル、R&B。その魅力に取り憑かれて40年なわけですよ」

FEATURE

久保田利伸 interview / 「何は無くとも歌、ソウル、R&B。その魅力に取り憑かれて40年なわけですよ」

デビュー30周年を迎えた久保田利伸がこの11月23日に発売するのが、これまでのコラボレーションを総括した『THE BADDEST〜Collaboration〜』。ただのfeaturingゲスト楽曲を集めたというだけでなく、デビュー前のミシェル・ンデゲオチェロがベースを弾いた“Let's Get A Groove ~Yo! Hips~”から友人ミュージック・ソウルチャイルドとの新録曲まで、久保田利伸だからこそ成し得たコラボレーションの数々をたっぷりと2枚組にして収めたベスト・アルバム。Disc 2は「英語詞編」ということで、90年代に全米デビューも果たし、日本人歌手として唯一『Soul Train』に出演したことも語り草な彼が、ザ・ルーツ、ラファエル・サディーク、アリ・シャヒード、アンジー・ストーンらとがっつり組んできたことを振り返ることができる。そのあまりに大きなレガシーを大いに語ってもらったこのインタビュー、予定時間を大幅に超えたその内容を余すことなくお伝えする。必読です。

取材・文/林 剛

時代の流れの中でR&Bがいろんな形で変わっていくじゃないですか。その中で、ニュー・クラシック・ソウルみたいな呼ばれ方をした音楽が生まれたのは凄く嬉しかった。オールドスクール感プンプンでToday’sの音楽を作るっていうのをずっとやりたくて

——そして、『TIME TO SHARE』といえばアンジー・ストーンとのデュエット“HOLD ME DOWN”も当然今回のベストに選ばれているわけですが、この曲のプロデュースはアンジーの舎弟だったジョナサン・リッチモンド(Jonathan Richmond)。

そうです。ジョナサンはもう使い勝手がよくて、もの凄く器用で、言うことを全部聞いてくれて、センスもいいってことで。今はもうアンジーとやってないと思うけど、最近だとエリック・ベネイのバンマスをやってますよね。アンジーはなかなかスタジオに来ないので、ジョナサンと僕がふたりで作業して……で、姐さん(アンジー)が来たところで『こんなん出来ましたけど』と言ったら、姐さんが『いいんじゃなぁ~い』と言う、そういう感じです(笑)。ジョナサンは本当に才能もあるし性格もいいし、歌も巧いんですよね。なので、アンジーがいなくても歌モノとして作り込むことができるんですよ

——同じアルバムから、女性とコラボということでは元ジャネイ(Zhané)のレネイ・ヌーフヴィル(Renée Neufville)を招いた“VOODOO WOMAN”も選ばれていますね。

ジャネイは、ネオ・ソウルとは言わないけど、ちょっとオーガニックな匂いがあって、あれはもちろん大好きなわけで。でも、だから呼んだってわけではないですよ

——ジャネイのふたりはフィラデルフィアのテンプル大学に通っていましたし、ジャジーファットナスティーズに先駆けたフィリー・ベースの女性デュオと言えなくもないですね。

確かに。またフィリーか。だから結局、好きな者は同じところに集まっちゃうかもしれないですね

——レネイは当時、ロイ・ハーグローヴ(Roy Hargrove)のRH・ファクター(RH Factor)にミシェル・ンデゲオチェロなんかと一緒に参加していたので、久保田さんと繋がる運命だったのかもしれません。で、“VOODOO WOMAN”はプロデュースが久保田さんご自身と、さっきお話が出たラルフ・ロール。今回、改めてクレジットを見直したらエリザベス・ウィザース(Elizabeth Withers *)がバックで歌っていたりして、これもNYならではのコネクションというか。

*……ブロードウェイ・ミュージカル版『The Color Purple』に出演し、2007年にBlue Note Recordsから歌手デビュー。

『TIME TO SHARE』はトラックに関しては、出来上がったトラックを選んだりとか、人の力を大きく借りてやってるんですけど、アルバムの曲が出揃ってきた時に、こちらの意思でガリッとした曲、やってみたかったけどできなかった、アルバムに足りないものをやろうとしたんですよ。2小節のループだけで曲にして、それを生のバンドに演奏させるというね。ミッシー・エリオットの曲みたいにしたかったんだけど、それをワガママに伝えられるヤツが(ラルフ・ロールを含む)自分のバンドのメンバーだったんですよ。NYに住んでる自分のバンド・メンバー+1くらいを呼んで、そこでセッションさせて、曲の権利はみんなで分けて、そうやって作りましたね。でもリリックを書く人がいなかったので、別件でスタジオに来ていたレネイにお願いしたような気がする。それで彼女が、歌詞を書くだけじゃなくで、『ちょっといていい?』と言うから、所々に声が入っているというわけなんです

——ラルフ・ロールはネオ・ソウルどうこういう人じゃないですけど、ディアンジェロの“Higher”でドラムを叩いていましたし、現シックでも活躍する彼が久保田さんのドラマーであるという事実は改めて強調しておきたいところではあります。

ラルフは今でも『俺はディアンジェロの初代ドラマーだったんだよ』って言うんですよね。以前、NYの[Tramps]っていうライヴ・ハウスで、ディアンジェロとかアンジー・ストーンとかローリン・ヒル(Lauryn Hill)とかが適当に集まって、お客さん満杯にしてラルフのバンドでやってたことがあって、なんでアイツがここで叩いているんだ?って思ったんだけど、ラルフはそういう役だったんですよね

——ラルフ・ロールも含めて、久保田さんと仕事をしたラファエル・サディーク、アリ・シャヒード、アンジー・ストーンはディアンジェロ『Brown Sugar』のキーパーソンでしたし、ザ・ルーツ(クエストラヴ)も『Voodoo』に関わっていたことを考えると、ディアンジェロ的な何かを目指したわけではないのでしょうが、日本のシンガーとしてディアンジェロに一番近いところにいたのが久保田さんだったわけで、“あの歴史”の中にいたことはやはり大きかったですよね?

いろんな人とやったつもりだったんだけど、全部同じ畑だったっていうね。しかも好きなタイプの音楽で。肌の合う人たちに優しくされた。時代の流れの中でR&Bがいろんな形で変わっていくじゃないですか。ヒップホップのゲストを入れないとつまんなくなっちゃうR&Bとか。そうある中で、ニュー・クラシック・ソウルみたいな呼ばれ方をした音楽が生まれたのは凄く嬉しかった。オールドスクール感プンプンでToday’sの音楽を作るっていうのをずっとやりたくてやってきたつもりで、ディアンジェロとかキダー・マッセンバーグ系の音楽がそれだったから本当に嬉しかったですね

——2010年代であれば、ロバート・グラスパー・エクスペリメント(Robert Glasper Experiment)の『Black Radio』シリーズに呼ばれても不思議ではない現場にいたと言っていいかもしれません。

その通りですね。このへんのチームのオープンでウェルカムな雰囲気を考えると全然不思議じゃないです。あそこに入ったらカッコいいですよね(笑)」(→ P9に続く)

■ 初回生産限定盤 CD2枚組+特典DVD(MV10曲収録)+久保田利伸による全曲レコーディングエピソード・ブックレット付き ¥4,200(tax in)
■ 通常盤 CD2枚組 ¥3,600(tax in)

DISC 1
1. M☆A☆G☆I☆C (KUBOTA meets KREVA)
2. LA・LA・LA LOVE SONG (Toshinobu Kubota with Naomi Campbell)
3. 無常 (feat. Mos Def)
4. FLYING EASY LOVING CRAZY (TOSHINOBU KUBOTA feat. MISIA)
5. Let’s Get A Groove ~Yo! Hips~ (Bass: Meshell Ndegeocello, Saxophon: Michael Brecker)
6. MIXED NUTS (P funk Chant: George Clinton, Bass & Guitar: William “Bootsy” Collins)
7. Soul 2 Soul feat. AI
8. POLE POLE TAXI (feat. Maceo Parker)
9. Golden Smile feat. EXILE ATSUSHI
10. Is it over ? (Hook Vocal: JUJU)
11. Keep it Rock (feat. WISE, Tarantula from Spontania)
12. a Love Story (KUBOSSA ver.) (Flugelhorn: TOKU)
13. Moondust (poetry reading by Kyoko Koizumi)
14. Keep Holding U (SunMin thanX Kubota)
15. Messengers’ Rhyme ~Rakushow, it’s your Show!~ (Rakushow Voice: Naoko Iijima)
16. Love under the moon (Harmonica Solo: Toots Thielemans)

DISC 2
1. Never Turn Back (Feat. Pras)
2. Funk It Up (Guitar: Nile Rodgers)
3. LIVING FOR TODAY (Feat. Mos Def)
4. HOLD ME DOWN (Duet with Angie Stone)
5. Till She Comes (Produced by The Roots)
6. Nice & EZ (Produced by D’wayne Wiggins)
7. SUKIYAKI ~Ue wo muite arukou~ (feat. Musiq Soulchild)
8. Masquerade (Produced by The Roots)
9. Just The Two Of Us (Duet with Caron Wheeler)
10. VOODOO WOMAN (Feat. Renee Neufville)
11. Corcovado (Quiet Nights of Quiet Stars) (Acoustic Piano: Daniel Jobim, Guitar: Goro Ito)
12. NEVA SATISFIED (Produced by Ali Shaheed Muhammad)
13. Pu Pu (Produced by Raphael Saadiq)
14. FOREVER YOURS (Duet with Alyson Williams)

特典DVD
1. Soul 2 Soul feat. AI
2. Golden Smile feat. EXILE ATSUSHI Recording Document Full ver.
3. FLYING EASY LOVING CRAZY (TOSHINOBU KUBOTA feat. MISIA)
4. M☆A☆G☆I☆C (KUBOTA meets KREVA)
5. Messengers’ Rhyme 〜Rakushow, it’s your Show!〜 (Rakushow Voice: Naoko Iijima)
6. LA・LA・LA LOVE SONG (Toshinobu Kubota with Naomi Campbell)
7. Masquerade (Produced by The Roots)
8. Funk It Up (Guitar: Nile Rodgers)
9. Just The Two Of Us (Duet with Caron Wheeler)
10. FOREVER YOURS (Duet with Alyson Williams)