bmr

bmr>FEATURE>久保田利伸 interview / 「何は無くとも歌、ソウル、R&B。その魅力に取り憑かれて40年なわけですよ」

FEATURE

久保田利伸 interview / 「何は無くとも歌、ソウル、R&B。その魅力に取り憑かれて40年なわけですよ」

デビュー30周年を迎えた久保田利伸がこの11月23日に発売するのが、これまでのコラボレーションを総括した『THE BADDEST〜Collaboration〜』。ただのfeaturingゲスト楽曲を集めたというだけでなく、デビュー前のミシェル・ンデゲオチェロがベースを弾いた“Let's Get A Groove ~Yo! Hips~”から友人ミュージック・ソウルチャイルドとの新録曲まで、久保田利伸だからこそ成し得たコラボレーションの数々をたっぷりと2枚組にして収めたベスト・アルバム。Disc 2は「英語詞編」ということで、90年代に全米デビューも果たし、日本人として唯一『Soul Train』に出演したことも語り草な彼が、ザ・ルーツ、ラファエル・サディーク、アリ・シャヒード、アンジー・ストーンらとがっつり組んできたことを振り返ることができる。そのあまりに大きなレガシーを大いに語ってもらったこのインタビュー、予定時間を大幅に超えたその内容を余すことなくお伝えする。必読です。

取材・文/林 剛

あの“ディアンジェロ・タメ”以降、ネオ・ソウルと呼ばれない人でもタメて歌っちゃってしょうがない人がいっぱいいますよね

——『Nothing But Your Love』の曲では、フージーズ(The Fugees)のプラズ(Pras)が客演した“Never Turn Back”はソウルパワーことソウルショック&カーリーン(Soulshock & Karlin)のプロデュースで、これはいわゆるネオ・ソウルではないですけど、アルバムの流れに馴染んでましたよね。

ネオ・ソウルのアルバムを作ろうとしたわけじゃなくて、自然に好きなことをやってたらそっちの色が強くなったという感じで。まあ、その程度のバランスなんですよね

——ただ、このアルバムの後、モス・デフをフィーチャーした“無常”もそうですが、日本語詞の曲でもネオ・ソウル的な作法を強めていきますよね。

いろんなところで作り方を教わって、身についたんですよね。グルーヴの作り方とか独特の歌い方とか。そのへんがもの凄く身についちゃったんです。確かに、その後日本だけで発売される作品とか、自分ひとりで作り上げていくような曲にも凄く影響してます

——モス・デフって、NYでのスタイリストが同じだったんですよね。

そうです。僕はR&B系の人間なのでヒップホップにそんなに詳しいわけじゃない。モス・デフも、タリブ・クウェリ(Talib Kweli)と一緒にブラックスター(Blackstar)でやってるヤツという、そんな程度の知識だったんですよ。でもスタイリストが一緒でスタイリングの現場が一緒だったりとか。あと、アイツはブルックリンの人間なので僕と(同じNYの)マンハッタンでよく遊んでたんです。なので2曲もやってるんですよね

——数年前に彼はヤシーン・ベイ(Yashiin Bey)と改名して南アフリカに行って、今年に入って引退を表明したりしていましたが。

話題作りじゃないですか?(笑) まあ、真実はわからないですけど。アイツはお母さんがマネージャーで、これが優しいお母さんなんですよ

——そのモス・デフとの英語詞曲“LIVING FOR TODAY”を含むのが全米リリース第3弾アルバム『TIME TO SHARE』(2004年)で、モス・デフとの曲はバックワイルド(Buckwild)がウィリー・ハッチ(Willie Hutch)の“I Can Sho’ Give You Love”を引用して作ったトラックに乗って歌うメロウ・グルーヴの名曲でした。

そう。バックワイルドはトラックを30曲も送ってくれて、その中で聴いた瞬間にこっちのフロウが一番気持ちよくついたのがこの曲だったんです。彼のようなトラックメイカーが作った音はキーを変えたりテンポを変えたりとかができないから、いい歌が乗るものってことで、こっちが擦り寄るしかないので

——これを聴いて思ったのですが、日本語歌詞編に収録されたタイロン・デイヴィス(Tyrone Davis)“I Got Carried Away”ネタの“M☆A☆︎G☆I☆C”(2007年)はKREVAさんとのコラボで、なんとなくモス・デフとのコラボとダブるというか、モス・デフ的なものを求めたのかなとも一瞬思ったのですが。

いや、それは全然ないです。KREVAの場合は、それまで日本のラッパーとコラボをやってなかったこともあってやったんだけど、NYベッタリの生活の中で、日本に帰って日本のMTVをつけたらKREVAがラップやってるのを見て垢抜けてるなぁと思って。アメリカのラッパーの真似してますっていうのとは違う、一皮剥けてるヤツが出てきたという印象を受けた。それで2~3曲聴いてみたら、当時の日本のラッパーにありがちなガツガツ前のめりで行くんじゃなくて、滑舌はハッキリしてるんだけど、ネオ・ソウル明けの僕にとってはもの凄くレイドバックしているような感じがあって。ビハインド・ザ・ビートっていうんですけど、そこのスポットでラップができているので、そういうヤツが日本にいるのは凄いと思ったんです。で、KREVAとはその一年後くらいに繋がってるんですよね

——今、“ネオ・ソウル明け”って仰いましたけど、久保田さんの唱法も、ディアンジェロ~ミュージック・ソウルチャイルド以降のネオ・ソウル独特な、言葉を積んでいくような歌い方に変化していきますよね。『TIME TO SHARE』の発売時にお話しさせてもらった時、「これが新しいんだ」と仰ってましたが、この唱法は『TIME TO SHARE』もそうですし、今回のベストに収録された曲だとJUJUさんとの“Is it over?”(2010年)あたりにも受け継がれてますよね。

それはあると思いますね。ネオ・ソウルのトラックの個性、雰囲気を知っちゃうと、どうしてもネオ・ソウルのスポットのタイミングで歌いたくなる。凄くレイドバックした感じで。まさに言葉を積むような、置くような歌い方をしたくなって、それからはその歌い方が自分は好きだというのが抜けないんですが、日本では凄く評判が悪かったんですよ。どんよりしすぎだとか、タメすぎだとかって。

例えば、今回のベストにも入れましたが、アリ・シャヒード(Ali Shaheed Muhammad)が作った“NEVA SATISFIED”が、もう完全にアリのグルーヴ、J・ディラ系のグルーヴで、凄くトンがってるんですよね。これは極端ですけど、こういうのを聴いちゃうと普通のタイミングで歌えないんですよ。でも、いろいろ作っていく中で、ここまでタメてタメて歌うみたいなことをやると独りよがりなリスナー無視の世界になっちゃうので。だから自分のひとつのクセ、個性としてネオ・ソウル的な歌い方は残してますけど、今は一聴して『何だこれは?』というほどにはなってないですね。でも、あの“ディアンジェロ・タメ”以降、ネオ・ソウルと呼ばれない人でもタマっちゃってしょうがない人がいっぱいいますよね。フェイス・エヴァンスなんかもそうですね

——フェイス・エヴァンス(Faith Evans)は2005年にリリースした『The First Lady』で、まさに久保田さんの『TIME TO SHARE』で“Breaking Trough”なんかを手掛けたア・タッチ・オブ・ジャズ(A Touch Of Jazz)出身のアイヴァン&カーヴィン(Ivan Barias & Carvin Haggins)と一緒にやってましたね。

あ、そのせいかも! アイヴァン&カーヴィンもそのシーンの真っ只中にいたヤツらだけど、僕がNYで気持ちよくタメて歌って、フィリーに行ってトラックダウンの準備をしようという段階で、アイツらは人が気持ちよくタメて歌ったものをサンプルして、さらにタメるんですよね(笑)。さすがにそれはやりすぎだと思ったけど

——アリが手掛けた“NEVA SATISFIED”は、歌もビートも当時は斬新すぎたのかもしれないですね。でも、12年経った今聴くとしっくりくるというか、ある意味2016年的でもある。アリも現役ですし。こういう酩酊感のあるヨレたビートを当時久保田さんは「ドランクン・ビート」(drunken beat)と表現されていましたよね。

うん、そうです。そう言ってました。もともとはクエストラヴが言ってたんですけどね。だから出どころも確かだし、これはドランクン・ビートという呼び方でいいですよ」(→ P8に続く)

■ 初回生産限定盤 CD2枚組+特典DVD(MV10曲収録)+久保田利伸による全曲レコーディングエピソード・ブックレット付き ¥4,200(tax in)
■ 通常盤 CD2枚組 ¥3,600(tax in)

DISC 1
1. M☆A☆G☆I☆C (KUBOTA meets KREVA)
2. LA・LA・LA LOVE SONG (Toshinobu Kubota with Naomi Campbell)
3. 無常 (feat. Mos Def)
4. FLYING EASY LOVING CRAZY (TOSHINOBU KUBOTA feat. MISIA)
5. Let’s Get A Groove ~Yo! Hips~ (Bass: Meshell Ndegeocello, Saxophon: Michael Brecker)
6. MIXED NUTS (P funk Chant: George Clinton, Bass & Guitar: William “Bootsy” Collins)
7. Soul 2 Soul feat. AI
8. POLE POLE TAXI (feat. Maceo Parker)
9. Golden Smile feat. EXILE ATSUSHI
10. Is it over ? (Hook Vocal: JUJU)
11. Keep it Rock (feat. WISE, Tarantula from Spontania)
12. a Love Story (KUBOSSA ver.) (Flugelhorn: TOKU)
13. Moondust (poetry reading by Kyoko Koizumi)
14. Keep Holding U (SunMin thanX Kubota)
15. Messengers’ Rhyme ~Rakushow, it’s your Show!~ (Rakushow Voice: Naoko Iijima)
16. Love under the moon (Harmonica Solo: Toots Thielemans)

DISC 2
1. Never Turn Back (Feat. Pras)
2. Funk It Up (Guitar: Nile Rodgers)
3. LIVING FOR TODAY (Feat. Mos Def)
4. HOLD ME DOWN (Duet with Angie Stone)
5. Till She Comes (Produced by The Roots)
6. Nice & EZ (Produced by D’wayne Wiggins)
7. SUKIYAKI ~Ue wo muite arukou~ (feat. Musiq Soulchild)
8. Masquerade (Produced by The Roots)
9. Just The Two Of Us (Duet with Caron Wheeler)
10. VOODOO WOMAN (Feat. Renee Neufville)
11. Corcovado (Quiet Nights of Quiet Stars) (Acoustic Piano: Daniel Jobim, Guitar: Goro Ito)
12. NEVA SATISFIED (Produced by Ali Shaheed Muhammad)
13. Pu Pu (Produced by Raphael Saadiq)
14. FOREVER YOURS (Duet with Alyson Williams)

特典DVD
1. Soul 2 Soul feat. AI
2. Golden Smile feat. EXILE ATSUSHI Recording Document Full ver.
3. FLYING EASY LOVING CRAZY (TOSHINOBU KUBOTA feat. MISIA)
4. M☆A☆G☆I☆C (KUBOTA meets KREVA)
5. Messengers’ Rhyme 〜Rakushow, it’s your Show!〜 (Rakushow Voice: Naoko Iijima)
6. LA・LA・LA LOVE SONG (Toshinobu Kubota with Naomi Campbell)
7. Masquerade (Produced by The Roots)
8. Funk It Up (Guitar: Nile Rodgers)
9. Just The Two Of Us (Duet with Caron Wheeler)
10. FOREVER YOURS (Duet with Alyson Williams)