bmr

bmr>FEATURE>久保田利伸 interview / 「何は無くとも歌、ソウル、R&B。その魅力に取り憑かれて40年なわけですよ」

FEATURE

久保田利伸 interview / 「何は無くとも歌、ソウル、R&B。その魅力に取り憑かれて40年なわけですよ」

デビュー30周年を迎えた久保田利伸がこの11月23日に発売するのが、これまでのコラボレーションを総括した『THE BADDEST〜Collaboration〜』。ただのfeaturingゲスト楽曲を集めたというだけでなく、デビュー前のミシェル・ンデゲオチェロがベースを弾いた“Let's Get A Groove ~Yo! Hips~”から友人ミュージック・ソウルチャイルドとの新録曲まで、久保田利伸だからこそ成し得たコラボレーションの数々をたっぷりと2枚組にして収めたベスト・アルバム。Disc 2は「英語詞編」ということで、90年代に全米デビューも果たし、日本人歌手として唯一『Soul Train』に出演したことも語り草な彼が、ザ・ルーツ、ラファエル・サディーク、アリ・シャヒード、アンジー・ストーンらとがっつり組んできたことを振り返ることができる。そのあまりに大きなレガシーを大いに語ってもらったこのインタビュー、予定時間を大幅に超えたその内容を余すことなくお伝えする。必読です。

取材・文/林 剛

ロッド・テンパートンは世界で一番好きな作曲家です。マイケル・ジャクソンの“Rock With You”を書いた人ですから

——90年代における海外の女性とのコラボということでは、やはり(NYで同じマンションに住んでいた)ナオミ・キャンベル(Naomi Campbell)との“LA・LA・LA LOVE SONG”が知名度としては圧倒的でしょうか。普通にJ-Popの名曲として親しまれていますが、ミキシングは名匠コミッショナー・ゴードン(“Commissioner Gordon” Williams)で、曲自体はクインシー・ジョーンズ(Quincy Jones)の『Q’s Jook Joint』(95年)にナオミが参加していたことにヒントを得たそうですが、ということは“Heaven’s Girl”を参考にしたということですか?

そうです。R.ケリー(R. Kelly)が共同プロデュースしているやつですよね。“Heaven’s Girl”を聴いた新鮮な記憶の中で、ナオミ・キャンベルがこんなこともやるんだなっていうイメージがあって、それで作りましたね。ナオミを呼んだのは曲を作り終えてからなんですが

——あの曲がモチーフのひとつだったとは気づきませんでした。

ということは、僕の方が一枚上手でしたね(笑)

——そういえば“Heaven’s Girl”は、先日亡くなったロッド・テンパートン(Rod Temperton)がアレンジで関わってましたね。

ロッド・テンパートンは世界で一番好きな作曲家です。白人なんだけど世界で一番です。マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)の“Rock With You”を書いた人ですから。クインシーのアルバムにも(ブランディが歌うカヴァーが)入ってますけど、“Slow Jams”もロッドの作でしたよね。僕は、曲の並びという意味でマイケルの『Off The Wall』みたいなアルバムを作ろうとして、ファンキー/ファンキー/ミディアム・バラード/ファンキー/ファンキー/ピアノ・バラードみたいな、そういうことを参考にしてますね

——タイトルのLA・LA・LAっていろんな解釈をされてますけど、“Heaven’s Girl”がモチーフのひとつだとすると、ロナルド・アイズレー(Ronald Isley)の♪ラララ~から名付けたのかな?とか思ってしまうわけですが。

なんか楽しい話ですねぇ。いや、でもアイズレー・フレイバーは入れてないですからね、この曲には。これはドラマの主題歌っていうところから始めたので、あんまりディープなものは似合わないなと思っていたんですよ。去年、僕は“Free Style”っていう曲でマーヴィン・ゲイ(Marvin Gaye)“Got To Give It Up”ギリギリのオマージュをやってるんですが、実は“LA・LA・LA LOVE SONG”もマーヴィンのそれのノリにしたかったんですよ。それに近いパーカッション・ループみたいなのを探して、そこから作っていった曲。仕上がりのポップさはアース・ウィンド&ファイア(Earth, Wind & Fire)の“Sing A Song”風でもあるんですが、そんなつもりはなくて。とにかく、コード進行とかメロディを親しみやすいメロディアスなものにしたかったんですよね

——先のクインシー繋がりでいくと、トゥーツ・シールマンス(Toots Thielemans)のハーモニカをフィーチャーした“Love under the moon”も収録していますね。トゥーツ・シールマンスは今年94歳で亡くなったこともあって、今や貴重な音源と言えますが、そもそもどういう経緯での共演だったのでしょうか。

「(この曲を収録した)『BONGA WANGA』(90年)を作っている時って、ジョージ・クリントは来るわ、同じスタジオにアリソン・ウィリアムスもいるわって状況で、もうバブルの時代は終わってるのに、音楽業界だけ後乗りでまだバブルが続いていると思っているような感じだったんですよ。スタジオにはなるべくお金を使って、なるべくロックアウト(貸し切り)で何ヶ月もやって、もっと売れるんじゃないか?とかって調子に乗ってる時で、一緒にやりたい人とか頭に浮かぶ人をとりあえずバンバン呼んじゃってた時なんですよね。

で、この曲に関してはファンキーな誰かと一緒にというタイプの曲でなくて、自分の声をサビだけじゃなくてヴァースの部分でも全部重ねちゃってるから、自分の声に対して細い音のソロ・パートが欲しくなって、そこでハーモニカがいいかもってことになったんです。で、僕の知識の中で世界で一番巧いのはスティーヴィ・ワンダー(Stevie Wonder)かトゥーツ・シールマンスってことで、トゥーツ・シールマンスにうまくコンタクトがついたという。まあ、スティーヴィでもよかったんですけど、スティーヴィはそんな急に無理でしょうし、いくら金がかかるか分からないし。トゥーツ・シールマンスはセッション・ミュージシャンみたいなノリで普通に来てくれましたけど、まあ天才ですよね。亡くなったので、今回のベスト・アルバムにはRest In Peaceのつもりで最初から候補に入れていました

——実に優美なスロウですが、『BONGA WANGA』からは、対照的にゴーゴー・ビートの暴走ファンク“MIXED NUTS”も選ばれていますよね。これはジョージ・クリントンのチャントにブーツィ・コリンズのベースとギター、ウィリアム“ジュジュ”ハウス(William “JuJu” House)(E.U.)のドラム、ヴァーノン・リード(Vernon Reid)(リヴィング・カラー)のギターをフィーチャーしていて、バック・ヴォーカルがタワサ・エイジーやフォンジー・ソーントンらという、海外のアーティストでもここまで濃いメンツが集まるのも珍しいというか。

ここまでの曲はないかもしれない。ブーツィだけでもよかったんですけど……バランスの悪い、若気の至りというか、何か無邪気にやってみたいというね。ロックとソウルはノリがこんなに違うんだぜっていうことを言いたくて。そんなこともヒントにしながら曲にしてみたんですよ。

ベタなロックのビートと、当時はワシントンDCのゴーゴーがニュー・ジャック・スウィングに取り込まれた時代でしたけど、生のドラムとしてはDCゴーゴーのハネの効いた感じが(ロックと)対照的だなと思ったんで、それを融合させたかったんです。その時に、ロックもソウルも共通に弾いてもらえるアクの強いベーシストならブーツィがいいなと勝手に思っちゃって。で、ブーツィを呼ぶって決まったら、ファンキーな部分は極端にファンキーにやったほうがいいと。すると、神様がひとり出てきちゃうんですよね、ジョージ・クリントンが。試しにコンタクトしたら来ちゃった。で、ドラムは必然的にジュジュになって、ヴァーノン・リードがギター。ロックとファンクの融合だからブラック・ロックですね

——歌詞では「俺たちの神様は」と言ってジェイムズ・ブラウン(James Brown)やジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)の名前を挙げてますよね。まさにファンク賛歌。

そうです、ファンク賛歌。ちょっとファンキーな部分で神様はジェイムズ・ブラウンって言ってね。本当はジョージ・クリントンの名前を出してもよかったんですが、歌詞を先に書いちゃったのかも。これは、ロックどうこうって言ってるけど、もと(ロックンロールの元祖)は黒人ですよっていうね。まあ、今思うと小さい話ですね」(→ P5に続く)

■ 初回生産限定盤 CD2枚組+特典DVD(MV10曲収録)+久保田利伸による全曲レコーディングエピソード・ブックレット付き ¥4,200(tax in)
■ 通常盤 CD2枚組 ¥3,600(tax in)

DISC 1
1. M☆A☆G☆I☆C (KUBOTA meets KREVA)
2. LA・LA・LA LOVE SONG (Toshinobu Kubota with Naomi Campbell)
3. 無常 (feat. Mos Def)
4. FLYING EASY LOVING CRAZY (TOSHINOBU KUBOTA feat. MISIA)
5. Let’s Get A Groove ~Yo! Hips~ (Bass: Meshell Ndegeocello, Saxophon: Michael Brecker)
6. MIXED NUTS (P funk Chant: George Clinton, Bass & Guitar: William “Bootsy” Collins)
7. Soul 2 Soul feat. AI
8. POLE POLE TAXI (feat. Maceo Parker)
9. Golden Smile feat. EXILE ATSUSHI
10. Is it over ? (Hook Vocal: JUJU)
11. Keep it Rock (feat. WISE, Tarantula from Spontania)
12. a Love Story (KUBOSSA ver.) (Flugelhorn: TOKU)
13. Moondust (poetry reading by Kyoko Koizumi)
14. Keep Holding U (SunMin thanX Kubota)
15. Messengers’ Rhyme ~Rakushow, it’s your Show!~ (Rakushow Voice: Naoko Iijima)
16. Love under the moon (Harmonica Solo: Toots Thielemans)

DISC 2
1. Never Turn Back (Feat. Pras)
2. Funk It Up (Guitar: Nile Rodgers)
3. LIVING FOR TODAY (Feat. Mos Def)
4. HOLD ME DOWN (Duet with Angie Stone)
5. Till She Comes (Produced by The Roots)
6. Nice & EZ (Produced by D’wayne Wiggins)
7. SUKIYAKI ~Ue wo muite arukou~ (feat. Musiq Soulchild)
8. Masquerade (Produced by The Roots)
9. Just The Two Of Us (Duet with Caron Wheeler)
10. VOODOO WOMAN (Feat. Renee Neufville)
11. Corcovado (Quiet Nights of Quiet Stars) (Acoustic Piano: Daniel Jobim, Guitar: Goro Ito)
12. NEVA SATISFIED (Produced by Ali Shaheed Muhammad)
13. Pu Pu (Produced by Raphael Saadiq)
14. FOREVER YOURS (Duet with Alyson Williams)

特典DVD
1. Soul 2 Soul feat. AI
2. Golden Smile feat. EXILE ATSUSHI Recording Document Full ver.
3. FLYING EASY LOVING CRAZY (TOSHINOBU KUBOTA feat. MISIA)
4. M☆A☆G☆I☆C (KUBOTA meets KREVA)
5. Messengers’ Rhyme 〜Rakushow, it’s your Show!〜 (Rakushow Voice: Naoko Iijima)
6. LA・LA・LA LOVE SONG (Toshinobu Kubota with Naomi Campbell)
7. Masquerade (Produced by The Roots)
8. Funk It Up (Guitar: Nile Rodgers)
9. Just The Two Of Us (Duet with Caron Wheeler)
10. FOREVER YOURS (Duet with Alyson Williams)