bmr

bmr>FEATURE>JIMMY JAM & TERRY LEWIS / ジャネット・ジャクソン新作をジャム&ルイスが語る

FEATURE

JIMMY JAM & TERRY LEWIS / ジャネット・ジャクソン新作をジャム&ルイスが語る

ついにジャネットが帰ってきた。あの『Rhyhm Nation 1814』発売から25周年となる今年、その名もRhythm Nationなるレーベルを立ち上げて発表されたニュー・アルバム『Unbreakable』。オリジナル・アルバムとしては実に7年半ぶりとなることや、11月に14年ぶりとなる来日ツアーが決まっていることも話題だが、なんといっても86年の『Control』からジャネットを支え、彼女を唯一無二のアーティストの座に就かせたジミー・ジャム&テリー・ルイスが久々に全面プロデュースしているというのが最大のトピックだ。この新作発売を記念して、なんとジャム&ルイスの貴重なロング・インタビューに成功。彼らとジャネットの“アンブレイカブル”な絆について、彼ら自身の言葉で語ってもらおう。まずは日本盤の素晴らしい解説を担当した荘 治虫氏によるオフィシャルQ&A、そしてその後にbmr独自質問をお届けする。

質問:荘 治虫/通訳:渡瀬ひとみ bmr質問:末崎裕之(bmr)/通訳:Kana Muramatsu 構成:bmr編集部 ジャム&ルイス写真提供:Getty Images

“Broken Hearts Heal”の録音では、マイケルの魂が彼女の中に宿っていたと信じてる

(→ P5より)
――日本盤のボーナストラックとなる“Promise of You”、“Love U 4 Life”はどのような曲となったのでしょうか?

ジミー「“Promise of You”は自分のありのまま、自分を満足するために生きて行こうというメッセージが込められた曲なんだ。他人の意見には耳を傾けないで、ありのままの自分を好きでいる大切さ。人間って他人をすぐに批判したりしてしまうよね。それに対して彼女が、『あなたに言われる筋合いはない』って気持ちを、怒りの感情なしに、それが現実だという冷静な気持ちで伝えているミッドテンポ~バラード曲。

“Love U 4 Life”はラブソングなんだけど、ジャクソネスク(Jackson-esque)、“ジャクソン風”な感じ。僕たちがこれまでにジャネットのために作品を作って来て感じていること、そして避けられないのが、彼女が兄たちから受けた影響。マイケル、そして他のお兄さんたちの影響をジャネットは間違いなく受けている。でもジャネットは、常に自分らしいものを作ろうとして、自分のサウンドを作ろうとやってきていたから、僕たちも彼らとは違う路線のサウンドを作ろうとしてきた。もちろん、そうやって彼女自身のサウンドを確立してきたわけだけど、この曲は、彼女がジャクソン・ファミリーの一員であること、彼女が醸し出すフィーリングは間違いなくジャクソン家であると感じられると思う。アルバムの数曲でそういうフィーリングを感じられるんじゃないかな。マイケルの、というよりも、もちろん彼が一員だったジャクソン5(Jackson 5)全体のフィーリングを今回少し感じると思う。そしてこの曲は特にそれを感じてもらえると思うよ」

――“Broken Hearts Heal”は初めてジャネットがマイケルの死について明確に触れた曲だと思います。私は〈Essence Music Festival〉でジャネットのステージを観た際、ラストの“Together Again”で何も語ることなくマイケルを追悼していた姿を今でも忘れられないですが、この曲も、あの時のようにポジティブな心持ちで追悼している曲だと感じました。この曲はどのように制作されたのでしょうか?

ジミー「まず、“Together Again”は亡くなった人への追悼というよりも、命を祝福するというメッセージのほうが強い曲なんだ。出会えたことに感謝し、そしてまた再び会うと信じているという気持ちが込められている。

“Broken Hearts Heal”は言う通り、マイケルのことを歌った曲だ。子供の頃からの彼女と彼との関係。……実はマイケルが亡くなった時、追悼式(お葬式)でジャネットと話をしたんだけど、彼女が、『世界中の人たちにとってマイケルはスーパースターだけど、自分にとってはお兄ちゃんなんだ』って言ってたんだ。この曲はそんなふたりの関係を描いた曲。追悼という気持ちが強い反面、さっきと同じように、命を祝福するという気持ちも込められている。そして、また会う日が来る、という気持ちがね。

そしてサウンド的には、この曲はマイケルの曲にもなりえるような曲に仕上がってると思うんだ。ジャネットが歌っているけど、マイケルのフィーリングも感じる曲。実はレコーディングの時の話なんだけど、マイケルとレコーディングをしていると、彼は歌いながら指を鳴らしたり、手を叩いたりしてたんだよ。でもジャネットは絶対にそれをしないんだ。ジャネットはただ歌うだけで、そういう“悪い癖”(笑)がないんだけど、この曲の歌録りをしているとき、セカンド・ヴァース(2番Aメロ)に入る度に、なぜかジャネットが指を鳴らし始めるんだ。そして歌うのをやめて、『ごめんなさい。指を鳴らすつもりじゃないのに、どうして私こんなことしちゃってるのかしら』って言うんだよ。だから僕が言ったんだ、『だって、キミの兄さんならそうしてるから。キミのお兄さんはいつも歌いながら指を鳴らしてたんだよ。だから気にしないでやってていいよ。キミがそう感じて自然にやってるはずなんだから、感じるままにやってごらん』ってね。あの時、彼女のお兄さんの魂が彼女の中に宿っていたと信じてるんだ。この曲を聴いてもらえれば、それがどういう意味かわかってもらえると思うよ。みんなも感じるはずだ」

――ジャネットとマイケルと言えば、ジャネットの“Runaway”は元々ジャネットとマイケルのデュエット用に制作した曲だったものの、結果的にマイケルは“Scream”を選んだ、というツイートを以前していましたが、詳しく教えていただけますか?

ジミー「そのとおりだよ。マイケルが、ジャネットとデュエットするためのトラックを作ってくれないかと依頼してきたんだ。その時5曲ぐらいトラックを作ってね。当時、僕たちはまだミネアポリスにいて、ジャネットがミネアポリスまで遊びに来たんだ。レコーディングというわけじゃなく、ただスタジオにいて、僕たちにインスピレーションをくれるためにいた、と言うべきかな。その時作ったトラックを聴かせていて、後に“Runaway”という曲になったトラックを聴かせた途端、ジャネットが『私、このトラック好き。マイケルにはこれを選ばないでほしいな~。自分だけで歌いたいから』って言ったんだ(笑)。その後で、後に“Scream”になったあのトラックをかけたら、ジャネットが『彼が選ぶのは絶対にこのトラックよ』って。だから僕が、『どうしてそんなことが分かるんだい?』って訊いたら、『兄のことはわかってるもの』って。結局、ジャネットの言うとおり、マイケルが選んだのは“Scream”のトラックで、ジャネットは自分の望みどおり、“Runaway”のトラックをキープ出来たんだ」

――今回の新作は、Rhythm Nationというレーベルを立ち上げてのリリースとなりました。あなた方はFlyte Tyme Productions/Recordsを運営して30年以上ですが、彼女のレーベル設立について何かアドバイスを求められましたか?

ジミー「アドバイスは求められてないなぁ。というより、僕たちが勝手にアドバイスしていたかも(笑)。いつもそうしちゃうからね。そうだな、会話の中でそういう話が出たぐらいで、『レーベル始めたんだけど、どうしたらいいと思う?』ってアドバイスを求められた感じではないね。ただ、彼女は自分の音楽の管理を全て自分でやりたがっていた。これまでも彼女はずっとそうしてきたけれど、より自分でコントロールする環境を作ったという感じ。僕たちはアドバイスを与える立場というよりも、彼女のチアリーダーで、サポーターという立場なんだ。もちろん、彼女が求めて来たら喜んでアドバイスするし、彼女もそれはわかっている。でも普段から僕たちは日常の会話の中で、どうしたらよりよくなるか、どうしたらよい方向で変化出来るか、どうしたらもっとクリエイティブなことが出来るか、そんなことを話してるからね。彼女は自分でレーベルを管理することで、そういったことがよりやりやすくなる環境を作っただけだと思うよ」

――今年はFlyte Tymeが設立されて35周年にあたると思いますが……

テリー「もう35年か?(笑)」

ジミー「自分たちは何周年なんてのを祝ったりしないんだ。ただ今でも音楽を作り続けられること、そして、自分の親友のテリーと毎日会って一緒に仕事が出来て、一緒に創作することが出来て幸せだということだけ。テリーとは40年以上の仲だからね。もうただ大好きなことをやれている幸せをかみしめているだけで、何周年だとか全く考えてなかったよ。ただ楽しんでるだけ」

テリー「これはジャネットのアルバムだけど、僕たちが一緒にどれだけ楽しんでアルバムを作っていたかも、聴いてもらえれば感じるはずだよ」

――はい(笑)。それで、現在Flyte Tymeはレーベルとして契約しているアーティストはいるのでしょうか? RoneyBoysというグループには、ジミー・ジャムさんのお子さん、マックスくんがいるそうですが、Flyte Tyme所属なのでしょうか?

ジミー「RoneyBoysはFlyte Tymeの所属だよ。ただ、マックスはグループの一員じゃないんだ。マックスが発掘したんだよ。マックスが彼らをYouTubeで発掘したんだ。それでテリーが気に入って、マックスにグループのことをもっと調べるように言って、連絡を取って、彼らにスタジオまで来てもらったんだ。そして2時間みっちり彼らのオリジナルの曲を聴かせてもらったんだけど、ジャクソン5に多大な影響を受けているのを感じた。彼らと初めて会ったときまだすごく若かったんだ。10歳、12歳、14歳だったかな。でも物凄い才能を感じた。それでこの数年一緒に仕事をしてきて、もうすぐまたスタジオ録音を再開して、彼らのデビュー・アルバムを完成させる予定だ。みんなにも気に入ってもらえると思うよ」

テリー「これからいろいろと出てくるから楽しみにしててよ。今年、そして2016年はとてもエキサイティングになると思う」

――今どんな人たちとやっているか、言える範囲で構わないので教えて頂けますか?

テリー「RoneyBoysはもちろんのこと、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)とも色々とやることになってる。もうすでに一緒にやり始めていて、仕上げに入ってる段階なんだけど、僕たちはブルーノのファンだから、楽しくやってるよ。

それと、ピーボ・ブライソン(Peabo Bryson)のアルバムの仕上げに入っている。彼を年寄り扱いするつもりはないんだけど(笑)、僕たちが聴いて育ってきた彼のようなアーティストと一緒に仕事が出来るなんてまるで夢のようなんだ。彼のような素晴らしい声の持ち主に僕たちが曲を提供できるなんて最高だよ。彼とは宇多田ヒカルのトリビュート・アルバムの時に一緒にやっていて、その時僕たちがピーボを指名したんだけど、その後、彼のアルバム全てをプロデュースさせてもらえることになった。自分たちでも興奮してるよ」

ジャネット・ジャクソン、14年ぶりの来日公演が決定!

■ 大阪公演
会場:インテックス大阪
日時:2015年11月19日(木)OPEN 17:30/ START 19:00
TICKET:S指定席¥12,000(税込)|SS指定席¥15,000(税込)|VIP指定席¥25,000(税込、グッズ付)

■ 東京公演
会場:さいたまスーパーアリーナ
日時:
2015年11月21日(土)OPEN 15:30/ START 17:00
2015年11月22日(日)OPEN 14:30/ START 16:00
TICKET:A指定席¥10,000(税込)|S指定席¥12,000(税込)|SS指定席¥15,000(税込)|VIP指定席¥25,000(税込、グッズ付)