bmr

bmr>FEATURE>JIMMY JAM & TERRY LEWIS / ジャネット・ジャクソン新作をジャム&ルイスが語る

FEATURE

JIMMY JAM & TERRY LEWIS / ジャネット・ジャクソン新作をジャム&ルイスが語る

ついにジャネットが帰ってきた。あの『Rhyhm Nation 1814』発売から25周年となる今年、その名もRhythm Nationなるレーベルを立ち上げて発表されたニュー・アルバム『Unbreakable』。オリジナル・アルバムとしては実に7年半ぶりとなることや、11月に14年ぶりとなる来日ツアーが決まっていることも話題だが、なんといっても86年の『Control』からジャネットを支え、彼女を唯一無二のアーティストの座に就かせたジミー・ジャム&テリー・ルイスが久々に全面プロデュースしているというのが最大のトピックだ。この新作発売を記念して、なんとジャム&ルイスの貴重なロング・インタビューに成功。彼らとジャネットの“アンブレイカブル”な絆について、彼ら自身の言葉で語ってもらおう。まずは日本盤の素晴らしい解説を担当した荘 治虫氏によるオフィシャルQ&A、そしてその後にbmr独自質問をお届けする。

質問:荘 治虫/通訳:渡瀬ひとみ bmr質問:末崎裕之(bmr)/通訳:Kana Muramatsu 構成:bmr編集部 ジャム&ルイス写真提供:Getty Images

(→ P4より)
さて、ここからはbmr独自質問による取材となる。「今日はこれからブルーノ・マーズが来るから、その準備をテリーがまだ終わらせていない」とのことで急きょジミーのみの取材に……と思ったが最終的に間に合って、こちらもふたり揃って話を聞くことができた。

トレンドに追いつこうとしたわけでもなく、レトロにしようとしたわけでもない。
何をしようと、ジャネット・ジャクソンの曲らしくなきゃ意味がないから

――ジャネットの新作について、昨年の時点でエンジニアのイアン・クロス(Ian Cross)が、アルバムの方向性やコンセプトが目まぐるしく変わっていったと話していました。現在の方向性に決まったのはいつ頃からなのでしょうか?

ジミー「色々な経過を経て今の結果となったわけだけど……正直、真剣に制作をし始めたのが今年の1月なんだ。だから、厳密に言えば、本作の制作期間は6か月ほど。制作中はアルバムのタイトルが『Unbreakable』になるとは知らなかった。でも”Unbreakable”という曲のコンセプトと、この曲に込めたメッセージこそが、ジャネットがファンの人たちに最も伝えたいと思っていることだ、ということはわかっていた。だから(アルバムの)レコーディングを進めていくうちに、このUnbreakableこそが、このアルバム全体のメッセージ、そして、このアルバムがジャネット自身にとってどんな意味を持っているかを的確に表現する言葉=タイトルにすべきだということがわかってきたんだ。そんなプロセスを経て決定していったから、本当に最初から何かコンセプトを立てていたわけでもないし、どんなアルバムになるかも見えていなかった。ただ、彼女と一緒に再びスタジオに入って、音楽を作る。それだけだったんだ。ご存じのとおり、彼女と僕たちが一緒に音楽を作るのは本当に久しぶりだったからね。そんなわけで、本当にただ流れに任せていたら『Unbreakable』という作品が出来たのさ」

――アルバムのリード・シングルとして発表された“No Sleeep”は、90年代のジャネットを思わせるクワイエット・ストームなR&Bですよね。ミュージック・ビデオでは“That’s The Way Love Goes”を思わせる雰囲気もありますが、この曲をリードに選んだ理由は?

ジミー「やっぱり君が今言ったように、90年代、“That’s The Way Love Goes”のフィーリングを感じる曲だと僕たちも感じたからなんだ。実は僕たちはこの曲をファースト・シングルと見てはいないんだ。もちろんファースト・シングルとして出てはいるんだけど……どちらかと言えば、“再紹介”という感じの曲というのかな。長い間遠ざかっていたシーンに戻ってくるときに、どう自分を見せたいかを的確に表現した曲だと感じた、というべきだね。さっきと同じ言葉を使うけど、comfortableな(心地いい)曲だと思うんだ。それとplush(ぬいぐるみなどに使われるビロードのような織物)という言葉を使って僕たちは表現するんだけど、まるで抱きしめられているような温かさを感じる曲だと思うんだ。そうだな、『おかえり!』と温かいハグをするような、そんな感覚だね。

実はシングルを選ばなければならないタイミングの時には、アルバムは完成してなかった。まだ制作途中の曲がいくつもあった状態で。でも、一瞬にしてこの曲に決定した。僕とテリー、ジャネットの3人だけでスタジオにいて、シングルを選ばなければ、っていう話をしたわけだけど、その瞬間、誰が言いだしたわけでもなく、自然に誰もがこの曲がシングルだとわかっていた。そんな感覚。この曲を懐かしいと感じて聴いてくれる人もいれば、この曲を聴いて新鮮だと思ってくれる人もいる。それぞれに感じ方は違うかもしれないけれど、聴いていて心地よい曲だということは間違いないと思う」

テリー「それだけでなく、この曲はまさにジャネットの曲だからさ。ジャネットのためにカスタムされた楽曲。ジャネットにしか歌えない、そんな曲だから。だからこそ、この曲が彼女のカムバック第一弾の曲として完璧だったと思うよ」

――ジャネットがシーンから長年遠ざかっていた間も、特にここ最近は、“Got ‘Til It’s Gone”をケリー・ローランド(Kelly Rowland)が引用したり、マーシャ・アンブロージアス(Marsha Ambrosius)がカバーしたり、ティナーシェ(Tinashe)が“Funny How Time Flies”を引用したり……そして、特にケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)が“Poetic Justice”で“Any Time, Any Place”をサンプリングしたのは強く印象に残っています。80s~90sのジャネットに再び脚光が当たっている印象がありますが、そうした傾向は『Unbreakable』の制作に何か影響を与えましたか?

ジミー「それはないね。僕たちはただ僕たちが感じたレコードを作っただけ。もちろん、今名前の挙がったカバーやサンプリング、また脚光を浴びている事実も知っているし、今の音楽の傾向もわかっている。僕達は元々“音楽”のファンだから、あらゆる音楽を常に聴いているしね。だから色んな音楽を普段から聴いて、知っている。でも、僕たちが一緒に音楽を制作する点においては、それが直接影響を与えているとは思わない。僕たちが作ったアルバムは、このアルバムはこの音であるべきだ、という思いだけで作ったものだから。本当に自然に生まれたものなんだ。何かを追いかけようとしたわけでもなく、トレンドに追いつこうとしたわけでもなく、レトロにしようとしたわけでもなく、フューチャリスティックにしようとしたわけでもない。テリーが言ったこの言葉が全てを語ってると思うよ。『何をしようと、ジャネット・ジャクソンの曲らしくなきゃ意味がない』。それがどんな楽曲に仕上がろうが、大切なのはそこだけで、僕たちはそこだけに気持ちを集中させていた。その思いがアルバムの全体のサウンドを決定づけていったんだ」

――今のお話だと、とても自然に楽曲が生まれてきているようなので、次の質問は答えにくいかもしれませんが、あえて伺います。アルバムを聴いていると、“I Get Lonely”を思わせるブレイクがあったり、“You Want This”の終盤を思わせるフレーズが出てきたりしたようなのですが、それは意図的でしょうか? また、これはジャネットのアイディアですか?

ジミー「まず明確にしなければならないのは、サンプリングはほとんど使ってないんだ。僕たちが自分たちで作ったもの以外はね。それと、“Dammn Baby”の中盤にブレイクがあって、そこでジャネットが“Gonna break it down…”って言うところがある。それが“I Get Lonely”と似ているけど、意図的でなく、ただブレイクするって言っているだけだ。それと、”Gon B Alright”のアドリブ・パートのことだね。ジャネットのアドリブ。まぁ、聴きようによっては“You Want This”っぽいかもしれないけど、これは曲のアウトロの部分で、完全にアドリブだから、曲の一部という風には考えていない」

――その “Gon B Alright”は、スライ&ファミリー・ストーンを思わせるファンク・ロックなサウンドです。スライといえば、かつて“Rhythm Nation”でサンプリングしたこともありましたが、今年が『Rhythm Nation』発売25周年で、またRhythm Nationというレーベルからのリリースということも何か関係あったりするのでしょうか?

ジミー「それは鋭い見解だね。まず言っておきたいのは、僕たちがスライ&ファミリー・ストーンの大ファンだということ。そして、僕たちがジャネットのアルバム全体を創り上げるとき――『Control』から『All For You』、そして今回の『Unbreakable』――アルバム制作に取りかかるときに僕たちが必ずやるのは、自分たちが大好きなレコードを聴くことなんだ。だから、スライは本当にたくさん聴いた。“Rhythm Nation”は指摘どおり、スライに多大なる影響を受けて作った曲だったしね。

それに今回のアルバムでは、アップビートの曲で締め括りたいという思いがあった。ご存じのとおり、今の世界には、僕たちみんながよりよく変えたいと思っているような、目に余る状況がはびこっているよね。“Gon B Alright”は、自分が人生でどんな状況に置かれていても、どんなに辛いことがあっても、世界中がどんなに混乱していても、いつか必ずよくなる。大丈夫。そう希望を持たないと、僕たちには何も残らなくなる……そういう想いが込められているんだ。それがこの曲のメッセージ。だからスライ&ファミリー・ストーンの精神、フィーリングが込められていると言ってもいいかもしれない。

さっきも言ったように、僕たちはスライが本当に大好きだし、彼らの曲をサンプルした“Rhythm Nation”、その曲が収録された『Rhythm Nation』の発売25周年で設立されたレーベルがRhythm Nationだというのは本当にクールなことだと思う。それに何よりも、25年前にジャネットが語っていた状況と、実は現実が変わらないということ。あらゆることが変化しているようで、実はあの当時よりもなぜか悪化している。そういった意味でも、まるでポエムのようにキレイにまとまってクールだと思う。もちろん、そう計画したわけでも、意図したわけでもないんだけど、結果そうなったのはクールだね。まさに運命だったみたいだよね」

――今年大ヒットしたマーク・ロンソンの“Uptown Funk”はかつてのザ・タイムを思わせるようなミネアポリス・ファンクも意識した曲ですよね。今ああいうサウンドが再び脚光を集めていますし、もしかしたら新作では、ああいう80年代の直球のファンク・サウンドもやるのでは?と勝手に期待したのですが、そういう話はありましたか?

テリー「面白いな(笑)。僕たちが作る音楽にはやっぱりミネアポリスが少しは入ると思うよ。僕たちの一部だからね。これまでの作品すべてで少しは感じてくれると思う。今回、“Night”という曲で、ちょっとしたオマージュ的にミネアポリス・サウンドを盛り込んだよ。だから、“Night”でミネアポリス感を感じてもらえるんじゃないかな」(→ P6へ)