bmr

bmr>FEATURE>JIMMY JAM & TERRY LEWIS / ジャネット・ジャクソン新作をジャム&ルイスが語る

FEATURE

JIMMY JAM & TERRY LEWIS / ジャネット・ジャクソン新作をジャム&ルイスが語る

ついにジャネットが帰ってきた。あの『Rhyhm Nation 1814』発売から25周年となる今年、その名もRhythm Nationなるレーベルを立ち上げて発表されたニュー・アルバム『Unbreakable』。オリジナル・アルバムとしては実に7年半ぶりとなることや、11月に14年ぶりとなる来日ツアーが決まっていることも話題だが、なんといっても86年の『Control』からジャネットを支え、彼女を唯一無二のアーティストの座に就かせたジミー・ジャム&テリー・ルイスが久々に全面プロデュースしているというのが最大のトピックだ。この新作発売を記念して、なんとジャム&ルイスの貴重なロング・インタビューに成功。彼らとジャネットの“アンブレイカブル”な絆について、彼ら自身の言葉で語ってもらおう。まずは日本盤の素晴らしい解説を担当した荘 治虫氏によるオフィシャルQ&A、そしてその後にbmr独自質問をお届けする。

質問:荘 治虫/通訳:渡瀬ひとみ bmr質問:末崎裕之(bmr)/通訳:Kana Muramatsu 構成:bmr編集部 ジャム&ルイス写真提供:Getty Images

ジャネットは僕たちの娘のようなもの。彼女が夫のウィサムから大切にされている、というのは僕たちには大事なことだ

(→ P3より)
――先ほど、ウィサム・アル・マナとご結婚されてから、彼女は仕事をしたいと思わなければしなくてもいられる、なんていう話をしていましたが、ウィサム・アル・マナと会う機会はありましたか? どんな人でしょう?

ジミー「素晴らしい人だよ。とても面白くて、落ち着いた感じの人。食べるのが大好きだから、僕達は彼のことをfoody(食べるの大好き人間)って呼んでいる。グルメなんだよね。ここでレコーディングしている最後の方の日程に、色々なごちそうを運んできてね。それをテーブルに全部並べて……。僕たちはアルバムの曲順とかを考えていたから仕事をしようとしていたら、『こんなに食べ物あるのに、どうするの?』って彼が言い始めて。『わかった、じゃあ、食べよう、食べよう!』って最終的にはなったんだ。いい人だよ。

恋愛関係においてこういったバランスって大事だと思うんだよね。彼女自身が自分でいられる場を与えてあげなければならないと思う。でも、サポートが必要な時にちゃんとサポートしてあげられる人。『今日はぐっすり寝て、明日にでもまた取り組めば?』って言ってくれる人って必要なんだよね。それか、そんな時にマッサージをしてあげるとかね。そういうところが彼にはある。それは彼女にとってとてもいいことだと思う。僕たちはもうかれこれ30年も一緒に仕事をしてきているから、彼女はいわば僕たちの娘のようなもの。だから、彼女が大切にされている、というのは僕たちには大事なことなんだ。ウィサムは素晴らしいよ。アルバム制作の間、すごくいい感じだった。制作時は現場に少し居たりしたけど、彼女にも自分の時間をじゅうぶん与えていた。

あと、彼はすごい音楽ファンでもある。ジャネットの音楽をすごく気に入ってくれているというだけでなく、僕たちの作品もよく知っていたから、過去作ってきた作品の話になったりもしたんだ。タイム(The Time)とか、モーリス・デイ(Morris Day)の時代の曲とかの話もしたよ。彼がこれらのレコードのファンでもあったんだ。彼は彼女の人生の中で、ポジティヴな一面なんじゃないかな」

――とても幸せなようですね。大富豪と結婚したジャネットは引退するのではないかと一部の報道でされていたので、それはいいことを聞きました。では、彼女はこれからも音楽を作り続けるというスタンスなんですね?

ジミー「それがこのプロジェクトのスペシャルなところ。彼女がやりたいと思って作っているプロジェクトなんだ。音楽を作りたいと思っていなくても、やらなければならないという必要に迫られて作っている人は多いと思うんだよね。経済的な理由だったり、契約上そうせざるを得なかったり、人に何かをさせるモチベーションってありとあらゆることがあると思うんだ。彼女の場合、すごく純粋なところから来ている。彼女は別にこれをやらなくてもいいんだ。実際に彼女は3~4年まったく音沙汰なく、世の中から消えていた。『Number Ones』のツアー以外は世の中から姿を消していた。

そして、普通の生活をしてあらゆることを観察していたんだ。裏舞台では、ユニセフのことをやったり、キッズたちのことに関わったりしていた。そういうことって彼女はあまり声を大にして言ったりしないんだけど、彼女の音楽によく耳を傾けると、彼女が見てきたことを連想させるようなことが聴こえてくる。世界中を回って、裏舞台でいろいろな人を助けてきたりして、それを公にするわけでもなく、ただやってきた。それらのすべてのことでこのアルバムはできあがっている。それが素晴らしいことだね。普通の生活をして、いろいろなことを見ることができた。

『Rhyhm Nation 1814』の素晴らしかったところは、とても若くて、言いたいことを言って、ちゃんと物事を判断して、観察して臨んだということ。新作に“Well Traveled”っていう曲があるけれども、そういった、しっかり旅をするような、精神を持ってその目で見ていかなければならない。今では彼女も変わっている。物事に取り組む時も以前ほどはナイーブでもないしね。新作には“Shoulda Known Better”っていう曲もあるんだけど、その曲でそんなことを語っている。“私が若い時、こんな風に思っていた。『Rhyhm Nation』、あれは私の夢だった。次はもっと現実を分かって物事に臨んでいる』、そんなことを語ってるんだ」

――確かに今回はあらゆることについて触れているようですね。ジャネットはイスラム教に改宗し、今回のアルバムの歌詞にはアッラーの名前も登場しています。

ジミー「そうなんだ。彼女は自分の信仰について話っている。さっきの“Unbreakable”についての話じゃないけど、家族とかファン同様に、信仰もひとつのアンブレイカブルなもの。彼女と信仰との関係性のことでもある。これが基本となるものだと思うんだ。スーパースターであっても、普通の人であっても、関係ない。今言ったことすべてが大事なこと。基盤があり、ルーツがあり、家族や、友達、信仰が自分の人生にあればいい。彼女はそういったものを見つけたと思っている。それはいいことだ。彼女は心地いい場所にいると思う。このレコードはとても心地いい場所にいるレコード。すべてが彼女っぽく聴こえている。他の誰にもなろうとしていない。彼女のベストを出したものだ」

――最後に日本のジャネットのファン、そしてジャム&ルイスのファンにひとこと。

ジミー「僕のメッセージはただ単にサンキューだ。長年経っても、みんながまだ僕たちの新しい音楽を聴きたがっているということ。僕たちは、みんなが自身のサントラとして楽しんできたいい音楽、音楽的なレガシーを残してきたと思う。新しいものはもう聴きたくない、なんて言われる人たちもいる。みんなが僕たちのコラボ作品で何か新しいものを聴きたがっているなんて、とても恵まれたことだ。そういった人たちを失望させくない。みんなにエンジョイしてもらいたい。だから、どうもありがとう! とにかく単純にサンキューって言いたい」

テリー「同じく!(笑)」(→ P5に続く)

写真提供:Getty Images