bmr

bmr>FEATURE>JIMMY JAM & TERRY LEWIS / ジャネット・ジャクソン新作をジャム&ルイスが語る

FEATURE

JIMMY JAM & TERRY LEWIS / ジャネット・ジャクソン新作をジャム&ルイスが語る

ついにジャネットが帰ってきた。あの『Rhyhm Nation 1814』発売から25周年となる今年、その名もRhythm Nationなるレーベルを立ち上げて発表されたニュー・アルバム『Unbreakable』。オリジナル・アルバムとしては実に7年半ぶりとなることや、11月に14年ぶりとなる来日ツアーが決まっていることも話題だが、なんといっても86年の『Control』からジャネットを支え、彼女を唯一無二のアーティストの座に就かせたジミー・ジャム&テリー・ルイスが久々に全面プロデュースしているというのが最大のトピックだ。この新作発売を記念して、なんとジャム&ルイスの貴重なロング・インタビューに成功。彼らとジャネットの“アンブレイカブル”な絆について、彼ら自身の言葉で語ってもらおう。まずは日本盤の素晴らしい解説を担当した荘 治虫氏によるオフィシャルQ&A、そしてその後にbmr独自質問をお届けする。

質問:荘 治虫/通訳:渡瀬ひとみ bmr質問:末崎裕之(bmr)/通訳:Kana Muramatsu 構成:bmr編集部 ジャム&ルイス写真提供:Getty Images

ジャネットはいつも熱い態度で物事に向かい、恐れを知らない。
『Control』は彼女のそういう一面を出した

(→ P2より)
――“No Sleeep”を初めて聴いたとき、rain storm(雨)の音に「これぞジャネット!」と思いました。『Rhyhm Nation 1814』の“Lonely”と“Come Back To Me”以来、ジャム&ルイスがプロデュースしたアルバムではいつもrain stormを入れていましたが、そもそもこの素敵なアレンジを採り入れるきっかけのことを覚えていますか? また、1作置いて再びあなた方とのタッグによるアルバムでrain stormを復活させることになったいきさつを教えてください。

ジミー「(笑)。レイン・サウンドは単純にジャネットが雨が好きだからだよ(笑)。彼女は雨が大好きなんだ。僕たちが今までそのサウンドを作ってきたんだけどね。雨は、彼女を平和で、満足するところに連れてってくれる。ほとんど彼女のアルバムでそのサウンドを聴く事ができる。このアルバムでそのサウンドを使うのには、道理が通っていた。あなたが言ったように、それを聴いた瞬間、『ああ、これこそジャネットの曲だ』って思うだろう? みんなが聴いて、すぐに分かって、『ようこそ、またこの世界へ』というものを作ってあげたかった。『しばらくいなくなっていたけど、また、このサウンドにようこそ』的なことかな? “ムードを作っていく”という意味合いなんだ。そういった効果があると思う」

――様々なアーティストと仕事をしてきたあなたがたから見た、ジャネットというアーティストの特異性は?

ジミー「彼女のような存在は他にいない。ダンスができるとか、エンターテインメント性が高いとか、彼女ができることの話じゃなくて、単純に彼女の音楽性だけで語っている。もちろん、これらのものは全部彼女の一部ではあるけれどもね。

スタジオの中での彼女は怖いもの知らずなんだ。『Control』を作った頃からそれには気がついていた。僕たちが彼女に渡していたトラックは、とてもアグレッシブで、男性シンガーが歌うようなものだった。そして、当時ビッグだった女性アーティストたちが出している音楽も、そういったタイプの音楽ではなかった。なのに彼女はそれを受け入れただけじゃなかった。彼女のアプローチというか、そういう姿勢に惚れ込んでしまったよ。彼女が気骨のある精神の持ち主だということは元々分かっていた。ジャクソンズのTV番組で彼女が語っていた(女優の)メイ・ウェストに対する印象などを聞いていても分かる。この前、キャロル・バーネットの番組を見て思ったけど、彼女がいつも熱い態度で物事に向かう人だというのは分かっていたんだ。だから『Control』は、そういった彼女の一面を出していくものでもあった。恐れをまったく知らない感じ。『この曲はすごく音程が低いから、君が歌えるかどうかわからないんだ』って言うと、まず『やってみる』と彼女は言う。高いキーだろうが低いキーだろうが、バックコーラスもすべて彼女自身がやっている。

そして作曲者として、コンセプトとかトラックとかを自由にさせてくれるんだ。新作に“Well Traveled”という曲がある。これは、彼女が世界中を旅して回ったけれど、これからもまだ世界をもっと追求していきたい、そしてどこにいても彼女はホームにいるような心地良さを感じることができる、というようなことを語っている。彼女はまたツアーに出る予定。ある街でパフォーマンスしたらまたバスに乗り、次の地点へと旅立つ。ちょっとしたカントリーっぽさも感じられる曲だけど、冒頭の部分は、どこか中東のような場所から始まるようなフィーリング。曲の終わりでは、カリフォルニアか、アリゾナかどこかの砂漠にいるような感覚。彼女だとそういったコンセプトを理解してもらえて、そういう曲を書ける。『そんな曲はラジオでかからないよ』とか言うこともなく、『そんなの歌えるかどうかわからない』って言われたりすることもない。そういう彼女の恐れを知らないところが好きだね……。それが彼女のユニークなところであり、他の人たちには見られないところ」

――今回のアルバムでは、たとえば“2 B Loved”にTR-808の音を使っていますよね? これまでにもジャネットの曲には幾度となくTR-808が使われてきましたし、そもそもジャム&ルイスは80年代初頭、SOS・バンド(The S.O.S. Band)の“Tell Me If You Still Care”や、チェンジ(Change)の“Change Of Heart”など、早くから808を使っていました。すでに登場から35年にもなるこのドラムマシンの音がいまなお魅力的なのはなぜだと思いますか?

ジミー「(SOS・バンドの)“Just Be Good To Me”は1983年だった。何となく時代が分かるだろう? クラシカルなサウンドなんだ。僕たちが最初の頃にやったアルバムで特徴的なサウンドなんだ。あのドラムマシンは好きだし、あのサウンドが好きなんだよね。僕たちがSOS・バンドで使い始めた頃というのは、そういったサウンドが80年代の頭に多用されるようになった時期だったんだよね。ラップ・ミュージックやエレクトロ系のサウンドで使われるようになっていた。僕たちはちょっと違う形で使っていたけどね。今でも話題にはなっているものではある。808について書かれた曲もあるし、僕とテリーがすごく808に貢献してきた、というドキュメンタリーも最近作られた。象徴的なサウンドだし、象徴的なドラムマシンなので、ジャネットのような象徴的なアーティストのサウンドに使わない手はないなと思ったんだ」

――今回のレコーディングは、ロサンゼルス郡アグーラヒルズの[Flyte Tyme Studios]で録られたようですが、このスタジオは2006年頃から使っているサンタモニカの[Flyte Tyme Studios]と同じスタジオでしょうか?

ジミー「違うスタジオだね。2年ぐらい前に引っ越したんだ。元々はずっと倉庫にしていたところで、30年ぐらい前のキーボードとか、ヴィンテージの楽器や機材みたいなものを保管していたんだけど、2ヵ所にあったものをひとつのところにまとめたんだ。今のスタジオは、大きな遊び場のようなところ。それぞれの時代の楽器がすべてそこに保管してある。アナログのテープの機械があったり、アナログのサウンドボードが新しいテクノロジーのものと一緒に置いてあるんだ。そして、その間の時代のものもすべて置いてある。

実際に倉庫だったから、ジャネットがダンサーや、振り付け師を連れてくることもできた。大きな鏡張りの部屋とか、踊るために出来ている部屋もある。ジャネットはレコーディングをして、同時に振り付け師に来てもらい振り付けなどを教わったり、バンドに来てもらってライブ用のアレンジを考えてもらったり……。だから、ここはジャネットのものすべてが行われる場になっていった。最初にここを建てた時、そういったことを念頭に置いて作ったんだ。彼女はここをすごく気に入ってくれて、『ここは私のためにあるような場所ね』と言ってたよ。ドアを空けた瞬間、ここは心地よくてすべてが素晴らしいというのは分かっていた、と。環境的にいろいろ整えるのは大変だったけど、そういう場を作ることができたね」(→ P4に続く)