bmr

bmr>FEATURE>JIMMY JAM & TERRY LEWIS / ジャネット・ジャクソン新作をジャム&ルイスが語る

FEATURE

JIMMY JAM & TERRY LEWIS / ジャネット・ジャクソン新作をジャム&ルイスが語る

ついにジャネットが帰ってきた。あの『Rhyhm Nation 1814』発売から25周年となる今年、その名もRhythm Nationなるレーベルを立ち上げて発表されたニュー・アルバム『Unbreakable』。オリジナル・アルバムとしては実に7年半ぶりとなることや、11月に14年ぶりとなる来日ツアーが決まっていることも話題だが、なんといっても86年の『Control』からジャネットを支え、彼女を唯一無二のアーティストの座に就かせたジミー・ジャム&テリー・ルイスが久々に全面プロデュースしているというのが最大のトピックだ。この新作発売を記念して、なんとジャム&ルイスの貴重なロング・インタビューに成功。彼らとジャネットの“アンブレイカブル”な絆について、彼ら自身の言葉で語ってもらおう。まずは日本盤の素晴らしい解説を担当した荘 治虫氏によるオフィシャルQ&A、そしてその後にbmr独自質問をお届けする。

質問:荘 治虫/通訳:渡瀬ひとみ bmr質問:末崎裕之(bmr)/通訳:Kana Muramatsu 構成:bmr編集部 ジャム&ルイス写真提供:Getty Images

何が起こっても、お兄さんの死があったとしても、壊れることがない絆がある

(→ P1より)
ジミー「ミッシー・エリオットは、プロジェクトの最初の頃から、コラボの可能性のある人として名前が挙がっていた。ミッシーはリストのトップの方に入っていたよ。彼女は、才能があるというだけでなく、ジャネットとは親友だったから。彼女たちはずっと仲のいい友達同士で、人生の中のさまざまなことでお互い助け合い、支え合ってきた仲なんだ。彼女とは『All For You』とか、いくつかのプロジェクトで一緒に仕事はしてきたから、僕たちも彼女の仕事に触れていてよく分かっていた。

この曲に関してだけど、ミッシーにトラックを送ったんだ。当時は、”BURNITUP!”というタイトルは無くて、メロディーが付いたトラックで、(曲の)1番とかが何となく出来上がっていた感じ。それを彼女に送って、『あなたが思うようにやってみて』と言って渡した(笑)。そうしたら、ミッシーが”BURNITUP!”のコンセプトを思いついて、ラップだけではなく、真ん中のチャントの部分まですべて作ってきた。完成されたものを作ってくれて、曲をまったく違うレベルのものにしてくれた。予想はしていたけど、彼女が曲を作って送ってきた時、圧倒されたね。そこから僕たちが完成させていったんだ。ミッシーがやってくれたことは素晴らしく、みんなが気に入ってくれるアルバムになるといいなと思っている。エネルギーに溢れている曲。ジャネットは実際にショーのオープニングでこの曲を演奏するんだ。

初日のショーを観たけど、驚いたよ。誰もこの曲を聴いたことがない中、観客の反応が面白かった。みんなどこかで聴いたことがあるような音だと気がつき、全員が踊りだしたりして、反応は非常によかった。ジャネットのファンたちは彼女がミッシーと一緒にやったということを喜んでくれていたみたい。アルバムを作っている最中も、Twitterで『ミッシーと何かやればいいのに』というのはツイートされていたから。だから、初日にああいった形でみんなが曲に反応して、『ミッシーと一緒に曲やったんだ!』って大騒ぎしているのを見られたのは楽しかった」

――今回のサウンドの方向性についてはどのように決めていったんでしょう? ミネアポリス・ファンクを思い出される曲もあれば、80年代前半のエレクトロ・ヒップホップ的な曲も、90年代的なテイストのビートを持った曲もといった具合に、かなり幅広いスタイルが入っていますね。

ジミー「それはとても正しい分析だね。前に、『このアルバム全体像を言葉で表わすとしたら、どう言う?』というような質問をされた。ひとつは、僕たちはもうジャネットとは30年間アルバムを作り続けていて、このアルバムは30年間かけて作られたようなサウンドになっている。音楽的に『Control』の頃に戻っているものもあるし、僕たちが制作してきた時代のそれぞれのサウンドも網羅しているし、その中で新しい工夫もされているんだけど、最終的にはジャネットのアルバムになっている。全体としてそういったサウンドを僕たちも求めていたからね。ある特定のサウンドというのは特になかった。彼女がどの曲でも心地いいと感じられるようなものであればよかった。あと、彼女に合っていればよかった。曲は彼女のために作られた曲だし、『Control』から『All For You』まで、よく使われる言葉だけど、『上手く機能しているのであれば、直す必要はない』(If it ain’t broke, don’t fix it)という感じだった。

アルバムは基本的には僕たち3人で、ある特定の方法で作った。過去のコラボレーションと同じ形で作られたんだよね。基本的には僕たち3人が、自分たちが作りたいと思ったアルバムを作った、という感じ。彼女自身のレーベルからのアルバムだし、正直なところ、彼女はアルバムを作りたいと思わなければ作らなくてもいいわけだから。そういった状況が、まったくストレスなく、とにかく自分たちが聴いて楽しめるようなものを作ろう、という風になったわけだ。そして、願わくはみんなも僕たちと同じ意見であり、エンジョイしてもらえればいいな、と」

――アルバムのコンセプトや方向性について教えてください。

テリー「アルバム全体のコンセプトは、Unbreakableだ。その意味を問われるのであれば、これは物事との関係性の問題。信条、家族、友人、世界、人生そのものとの関係性だったりする。どのレベルでも共感できるものがあって、どこにいて、何をやっているにしても、何らかの関わり合い、関係性の中にいる。このアルバムが表そうとしているのは、今ジャネットが世界との関わり合いにおいてどこにいるのか?ということだと思う。家族、彼女の宗教との関わり合い方、家族とのつながり、ファンとの関わり方、そういうことすべてが含まれる」

――タイトルの『Unbreakable』は、マイケルの生前最期のアルバム『Invincible』に収められていた曲と同じタイトルになりますね。このことはただの偶然ですか? それともジャネットは、意識的にこのタイトルにしたのでしょうか?

ジミー「マイケルの“Unbreakable”はまたちょっと意味が違っていたと思うんだ。彼の“Unbreakable”は、彼自身が壊れることのない確固とした存在である、ということを表わすためにその言葉が使われていたと思う。テリーが言っていたように、ジャネットのUnbreakableは、お互いの絆が壊れることがない、確固としたものを意味していると思う。家族、宗教、友達、ファン。それらとの絆を彼女はアンブレイカブルであると語っているんだよね。

僕は、Unbreakableそのものがとてもパワフルな言葉だと思っている。よく使われる言葉だし、アルバムや曲名でも過去よく使われてきた言葉でもあるけど、彼女が使っている意味は少し違うと思う。絆について、揺るぎない、壊れない、と語っているんだ。何が起こっても、アルバムを出すのが7年ぶりだったとしても、お兄さんの死があったとしても、どんなことが彼女の人生で起こったとしても、壊れることがない絆がある、ということ。彼女のファンは彼女を待っているし、家族もちゃんと彼女のためにそこにいる。彼女の信仰に対する向かい方とか……。彼女は、絆について“Unbreakble”で語っていると思うんだ。テリーが言うように、アルバム全体のアイディアが、その領域内でのストーリー。全体的にそういったことに触れている。それが全体のコンセプトだね」(→ P3に続く)