bmr

bmr>FEATURE>スペシャル座談会 / R&Bコンピ『bmr presents The Truth』の真実

FEATURE

スペシャル座談会 / R&Bコンピ『bmr presents The Truth』の真実

bmr監修のもと、「日本のR&Bシーンの真実」を伝えるジャパニーズR&Bコンピレーション・アルバム『bmr presents The Truth -Japanese R&B Collection- selected by Shintaro Nishizaki』が2月18日に発売。アルバム・リリースに際して、参加アーティスト(ON Tyme、Tina、TSUYOSHI、BIG BANG THEORY)によるR&B座談会が行われ、思い思いに音楽感を語ってくれた。

取材・文/西崎信太郎 写真/高橋和之

僕は世代的には完全に後追いですけど、学生の頃は授業中にbmrをひたすら読んでましたね。 まさに教科書です(笑)――増倉ヨシマサ(ON Tyme)

Ti「リスナーの方って、意外とジャンルだけでは聴いてないと思うから。良い音楽は良いっていう認識で聴いていると思うし」

O-今「特に今はそうだよね」

B-ら「僕らは無名なんで、逆にカテゴライズしてしまう事で敬遠されてしまうかもしれないっていう感覚があるので、ちょっと怖いんですよね。というよりも、サザンオールスターズ、B’z、BIG BANG THEORYっていうような並びでも聴いてもらえるようなアーティストを目指したいですね」

O-今「でも、BIG BANG THEORYのアルバム聴いたけど、ちゃんと音が黒いよね」

B-ら「僕らが音楽を作るとこうなるっていうくらいの感覚でしかないんですけど、しっかり黒いと言ってもらえて嬉しいです!」

今「根源の部分だから、何をやっても消えない感覚はあるよね。クリス・ブラウン(Chris Brown)も“Turn Up The Music”でEDM的な事をやったけど、あの曲はプロデューサーがアンダードッグス(The Underdogs)なんだよね。アンダードッグスが作るEDMって、良くも悪くもEDMになりきれてないっていうか、メロディの乗せ方とかも黒さが残っていたりして、あれは面白かった。BIG BANG THEORYの曲にしても、黒さがなかったら、このbmrの名を掲げたコンピレーション・アルバムには入れないよね」

■アーティスト達の礎を作ったバイブル、それがbmr

B-ら「雑誌『ブラック・ミュージック・リヴュー』の頃からお世話になっております」

O-今「僕が高校生の頃はR&Bマニアの友達がいて、bmrライターごっこみたいな事やってたね(笑)。年末の年間ベストを見ながら『俺のトップ10はこれ』みたいな(笑)」

Ti「それ面白そう(笑)」

O-増「僕は世代的には完全に後追いですけど、学生の頃は授業中にbmrをひたすら読んでましたね。まさに教科書です(笑)」

O-今「でもヨシマサはbmrのリアルタイムの世代じゃないでしょ?」

O-増「僕が大学を卒業するくらいに雑誌は休刊になりましたけど、昔の号も古本屋で探して買ったりしてました」

B-ら「僕は兄貴が毎月購読してましたね。僕がカナダのバンクーバーに住んでいた時だったので、日本で買う値段の3~4倍くらいしたと思うんですけど、本当に楽しみでしたね」

O-今「カナダでも売ってたんだ! でも、冗談抜きにジャンプと同じくらい楽しみだった」

O-増「僕は漫画読まないので、月一回発行のbmrだけが楽しみでした(笑)」

TS「そんなbmrの冠が入ったコンピレーション・アルバムに参加出来るなんて、本当に光栄です!」

『bmr presents The Truth -Japanese R&B Collection- selected by Shintaro Nishizaki』
(TSUTAYA限定発売 TSUTAYAオンライン)好評発売中

1. “Girlfriends” – HI-D feat. ZEEBRA
2. “PLAYBOY” – AI feat. DABO
3. “The Answer” – 三浦大知
4. “Prisoner” – 久保田利伸
5. “Secret Love” – ON Tyme (*CD初収録)
6. “Tonight” – LL BROTHERS
7. “Magic” – Tina
8. “Yes” – 宏実
9. “clumsiness” – TILL
10. “Love You Better” – TSUYOSHI
11. “G.O.O.D TIMES” – Full Of Harmony feat. Teddy Riley
12. “Let Me” – Jine
13. “Color” – BIG BANG THEORY feat. JQ from 東京無礼者 (*CD初収録)
14. “Precious One” – Lugz&Jera feat. HI-D, LEO, 真之介, MICHIYA
15. “愛と夢のあいだで” – EMI MARIA