bmr

bmr>FEATURE>山口リサ interview / 最初の情熱を汚されたくない、もう一回ピュアな気持ちで音楽をやりたい

FEATURE

山口リサ interview / 最初の情熱を汚されたくない、もう一回ピュアな気持ちで音楽をやりたい

2013年、ベスト・アルバム発表後に移籍し、その第一弾作『DRAMA』ではEDMにも挑戦するなど新たな顔を見せた山口リサ。あれから1年と少し、この2月に発表された『La Blanche』では一転、彼女らしいミッド~スロウを中心とした内容に。ピュア、あたたかさ、白といったテーマと共に、ある意味で原点回帰したようにも見える。山口リサの音楽が伝えようとするものは、よりシンプルに、そしてより純度を増していく。

取材・文/末崎裕之 hiroyukisuezaki (bmr)

最初に始めたときの情熱を汚されたくない。
ピュアな気持ちで音楽をもう一回やりたいって

——今回の新作『La Blanche』はこれまでになくセルフ・プロデュース色の強い作品になったそうですが?

「“自分でやっちゃおう”なんていう風に思ってたわけじゃなくて、結果的にそうなったって感じなんですけど(笑)。

前作を作り終わるぐらいの時に、次のアルバムは、とにかくあったかい(ものにしたい)というか、ピュアな気持ちで作りたいというのがあって。そういう風に思って作り始めて。最初はどこからリリースするかなんてことも決まってない状態で作り始めていたんです。それも、アルバムを作ろうっていうよりは、とりあえず“ピュアな気持ちで音楽をもう一回やりたい”っていう。そして、そういう気持ちに賛同してくれる人と一緒にやりたいな、って。そういう風に出来ていったので、特には“今回はセルフ・プロデュースだから!”みたいな(笑)気持ちはなくて」

——“やってやるぞ!”みたいな感じではなかったんですね(笑)。

「そうですね。でも、“自分でしっかりやんないと”っていうのはありましたね」

——今回はピュアな気持ちで作りたい、っていうのは何かきっかけがあったんですか?

「はい……前作の頃にすごく色々とありまして(笑)。ちょっと精神的にヤラれちゃってて……」

――ブログには“心が死にそうになった時期もあった”という風にも書かれてましたね。

「ハードでした。音楽が好きで始めたことなのに、音楽が好きかも分からない状態になったというか……。そういう問題に直面してて。でも、それから“こんな気持ちではやりたくない”って思うようになったんです。やっぱり、心から好きでやりたい、最初に始めたときの情熱を汚されたくない、という気持ちがあって。それで、ピュアなものを作りたいっていう風になりましたね」

――そういえば前回のインタビューでも、10年続けてきたモチベーションについて、「最後は、“やっぱり音楽が好き”、“歌うことが好き”ってのが根っこにあって」と仰ってました。

「それがすごく大事だな、ということに気付いたんですね。そういう気持ちがなければ、やってる意味がないなって。そういう気持ちを、色々あったことで(笑)再確認したというか」

――『La Blanche』というタイトルはフランス語で「白」ですが、なぜフランス語に?

「去年フランスに旅に行って、すごく好きな街だったんです。……それから、最初アルバムのタイトルを考えていたときに、loveとかblanket(毛布)とかが浮かんだんですけど、でも『Love & Pride』ってアルバムも出してるし、Loveナンチャラってのも何か違うなって(笑)。それでBlanketをフランス語で何て言うのかなって調べ始めて……でも、“ラブ~”って響きはなんかいいな、とか。で、色々調べてたら、blanche(ブランシュ)=白、“そう、白!”って(笑)。白は全てを包みこむ色だと思うし、いろんな風に捉えてもらえるかな、と思って、それで、La Blancheだ、ってビビビって来たんです」

――今回また活動の拠点が東京から浜松に戻ったわけですが、新作の制作にあたって、心境というか、気持ちに変化はありました?

「けっこうあったんじゃないですかね。すごくナチュラルになったというか。……“とにかく自分の心を復活させなきゃ”って思って帰ったのもあったので。

“#I’M HERE”の歌詞じゃないですけど、気持ちが病んでるときって、何をしていてもつまんないじゃないですか。東京は刺激的な街のはずなのに、気持ちが病んでるとそれすらも疲れるというか。とにかく疲れてたんです(笑)。(浜松に)帰って、友達と会ったり……音楽のことを一回忘れるくらいリラックスしよう、みたいな気持ちだったんで。自分と向き合って、休んでみて……心が回復したから、ちょっとしたことに感動できるようになったり、楽しいって思えるようになったんです。

あと、戻ってみて、その時に助けられた出来事とか言葉とか色々あって。生きてるってすごいなって心から思えて。自分の環境とか状況に感謝できるようになりましたね」

――気持ちも一度“まっしろ”に戻ったわけですね。

「そうですね」

――前作はアップテンポが多かったわけですが、今回またミッドやスロウ中心になりましたね。

「前回は電子音系というかバキバキした曲をやって、その反動もあるし、疲れてたのもあるし(笑)。でも、疲れてる自分を癒しているのも音楽だったわけで。色々あったことを乗り越えて……乗り越えたからこそ、自分が今度は、そういう人たちを癒せたらいいな、包み込むような音楽にしたいな、って。だから作っていくときにも、人の“ぬくもり”っぽいサウンドをなるべく意識して作りましたね」

――去年、コンピ『be… COVERS -RESPECT FOR SONGS-』でMISIAの「つつみ込むように……」のカバーをしていたのは……偶然ですよね(笑)。

「ですね(笑)」

――去年から弾き語りの練習を始めたそうですが、そういう影響も新作の制作に反映されましたか?

「影響、ありましたね。自分の声と、自分の歌と、自分の言葉。それだけで伝えることができるシンガーでいたいな、って強く思って。

たとえば、トラックがすごくシンプルなものでもカッコいいものを作る人っていますよね。、一方で(音を)重ねることで華やかに聞こえるようにできたり、ある程度ごまかせるというか。でも、ひとつひとつの音がカッコよかったりとか、人間でも着飾らなくても笑顔がよかったりとか、そういう風になりたいって思うようになって。弾き語りって、演奏が引っ張るというより、歌があってのものだし、それで誰かを感動させたいな、って思ったんですよね。“Baby…”とかは、そういう風にシンプルにしようと思って作った曲だったりします」 (→ P2へ)

1. Introduction ~La Blanche~
2. #I’M HERE
3. 虹色模様
4. Baby… ~離れていても~
5. October 7th
6. CRY feat. YOUNG DAIS (for N.C.B.B)
7. 30歳のカルテ
8. Moonlight
9. I wanna know
10. TB90’s feat. DABO
11. Snow Love
12. 冬のおくりもの