bmr

bmr>ARTIST db>Kelela

ARTIST db

Kelela

Kelela

ケレラ

メリーランド州ロックビル出身、ロサンジェルスを拠点に活動する女性シンガー。初期ティンバランド(Timbaland)なども彷彿とさせるエッジーなサウンドのR&Bを聴かせ、「エクスペリメンタルR&B」とも評される。

1983年ワシントンD.C.生まれ、エチオピア系移民の親のもとに生まれる。フルネームはKelela Mizanekristos。2004年に観たアメル・ラリュー(Amel Larrieux)のライブに衝撃を受け、ジャズ・ボーカルを勉強するようになる。また2009年にリトル・ドラゴン(Little Dragon)のユキミ・ナガノ(Yukimi Nagano)にMySpace経由でバックコーラスを志願するも叶わなかったが、ライブ後にユキミ・ナガノと直接話す機会を得、MySpaceにオリジナル曲がアップされていないことを指摘され、自分の曲を作るようアドバイスを受けて、その2ヵ月後に初めて自分の曲を書いたという。また、「フェイス・エヴァンスっぽいサウンド」などではなく自分のサウンドを構築するように、ともアドバイスされたとか。

その後、UKのベースミュージック・レーベル、Night Slugsの姉妹レーベルとしてキングダム(Kingdom)らがスタートさせたFade To Mindと契約。ソランジュ(Solange)のマネージャーに目をかけられ、ソランジュのツアーで前座も経験した。2013年10月には、キングダムらFade To Mindのプロデューサーを中心に制作したデビュー・アルバム/ミックステープ『Cut 4 Me』を無料公開の形でリリース。翌月には、ソランジュがキュレーションを務めるコンピレーション『Saint Heron』に“Go All Night”を提供、同コンピからのリード・シングルとなったこともあり注目を集める。以降、ビヨンセ(Beyonce)のブログに取り上げられたり、英BBCの「Sound of 2014」の候補に選ばれるなど広く脚光を浴び、『Cut 4 Me』も様々なメディアで2013年のベスト・アルバムやベスト・ミックステープに選出された。また、2014年にはボク・ボク(Bok Bok)とのコラボ曲“Melba’s Call”でさらに知名度を拡大している。