bmr

bmr>ARTIST db>Arin Ray

ARTIST db

Arin Ray

アリン・レイ

K・ミシェル(K. Michelle)の“Ain’t You”など様々なアーティストの楽曲に関わったソングライターとしても知られる、1995年9月2日生まれ、シンシナティ出身の新進R&Bシンガー。2011年のアメリカ版『X-Factor』第1シーズンにおいて、10人の挑戦者で結成されたインテンシティ(inTENsity)というグループのメンバーとして出演、ソロで第2シーズンにも挑戦したことでも知られる。

おばがマーヴィン・ゲイのバックコーラスも務めた歌手、父親がニュー・エディションやベル・ビヴ・デヴォーらのバンドで演奏したドラマー、母親も歌手という環境で育ち、特に母親の後押しもあって、ギター、ドラム、サックス、キーボードを操るなどプロデューサーとしての顏も持つ。9年生頃からオーディションを受けるなど本格的に音楽の道を志すようになったという。高校生の頃から自分でビートも作るようになった。

2011年のアメリカ版『X-Factor』第1シーズンにおいてインテンシティの一員として出演、第2シーズンではソロとして挑戦するも、目立った成果は上げられなかったが、その後LAを拠点とし、2013年11月頃から、名プロデューサー・コンビのアンダードッグズ(The Underdogs)の下でレコーディングなどを学び、次第にソングライターとして才能を開花。2015年にはクリス・ブラウンのミックステープ『Before The Party』収録の“Red Light”、“Right Now”や、『Royalty』収録の“KAE”を始め、ジェレマイ(Jeremih)『The Late Album』、ジェイソン・デルーロ(Jason Derulo)『Everything Is 4』などでソングライティングに参加した。

エイサップ・ロッキーやスクールボーイ・Q、ティナーシェなどを手がけるプロデューサー・デュオ=ネズ&リオ(Nes & Rio)のバックアップを受けて、デビューEP『Phases』を発表。また一方で、K・ミシェルの『More Issues Than Vogue』からのリード曲“Ain’t You”を始め、ロー・ジェイムス(Ro James)『Eldorado』、ネリー“Flap Your Wings”ネタとしても話題になったジャスティン・スカイ(Justine Skye)+ジェレマイ“Back For More”などのソングライティングにも関わる。

こうした活躍によってInterscope Recordsとのメジャー契約を獲得し、2018年3月9日にメジャー・デビュー・アルバム『Platinum Fire』を発表した。また、ロバート・グラスパー(Robert Glasper)率いるスーパー・グループ、R+R=NOWが6月に発表したデビュー・アルバム『Collagically Speaking』にて、“Colors In The Dark”のソングライティングにも関わっている。

ティーナ・マリーの娘アリア・ローズと交際しており、ふたりの間には2016年に男の子も誕生している。