bmr

bmr>ARTIST db>joji

ARTIST db

joji

joji

ジョージ

大阪出身・ニューヨーク在住のオーストラリア系日本人シンガー/ラッパー/プロデューサー。88risingに所属している。本名はジョージ・クスノキ・ミラー(George Kusunoki-Miller)。

1992年、大阪府でオーストラリア人と日本人の間に生まれた。神戸のインターナショナルスクールであるカナディアンアカデミーを2012年に卒業後、ブルックリンに渡る。日本にいた2008年から「フィルシー・フランク」と名乗ってYouTubeにコメディ色の強い映像を定期的にアップロードしていき、「ピンク・ガイ」という別キャラクターと共に人気を集めていく。特に2011年ころから始まった「Filthy Frank Show」が好評を博した。また、バウアー(Baauer)の“Harlem Shake”を全米チャート初登場1位の大ヒットに導いたダンス動画のブームを生んだのも、ピンク・ガイ/フィルシー・フランクのビデオがきっかけである。

2014年にはピンク・ガイとしてアルバム『Pink Guy』を発表。2017年1月には『Pink Season』を発表し、米コメディ・アルバム・チャート初登場1位を獲得したほか、米ラップ・アルバム・チャートで初登場6位、さらにアルバム総合チャートにもランクインを果たした。また、2016年頃から、ヒップホップを中心としたアジア系の音楽を世界に発信しているプラットフォームである88risingのサポートを得ていたが、88risingとアーティスト契約を結び、2017年5月に発表したEP『Pink Season: The Prophecy』は88risingからリリースされている。

しかし一方で、本来は自分の音楽のプロモーションのために開設したYouTubeチャンネルだったが、コメディアンとして名が知られていくことへの危惧を感じ、徐々に活動をジョージ(joji)名義へとシフト。元々、2014年~2015年にはジョージとしてのデビュー・アルバム『Chloe Burbank: Volume 1』を発表予定だったものの、無期延期となっていたが、88risingと契約した2017年から本格的に活動を再開させ、“i don’t wanna waste my time”や、ハイアー・ブラザーズ(Higher Brothers)との“Nomadic”などのシングルを発表していく。そして2017年11月にデビューEP『In Tongues』をリリース。ローファイR&Bサウンドが高く評価され、特に“will he”は発表から2ヵ月足らずで1200万回以上再生されるなど人気を博した。

2018年2月には『In Tongues』のデラックス・エディションを発表。2016年に発表していた“plastic taste”や、2017年に発表していた“i don’t wanna waste my time”などの未収録曲に加え、リミックスなどが大量に追加された。