bmr

bmr>ARTIST db>DaniLeigh

ARTIST db

DaniLeigh

DaniLeigh

ダニレイ

2013年に弱冠18歳にしてプリンス(Prince)の“Breakfast Can Wait”のミュージック・ビデオの監督に抜擢されたことでも知られる、ダンサー出身の新進女性R&Bシンガー/ラッパー。

1994年生まれ、本名はダニエル・レイ・キュリエル(Danielle Leigh Curiel)。マイアミ出身で、両親はドミニカ系。父親は教会で歌うシンガーで、母親は元ダンサー/モデルだったという。母親の影響もあって12歳でダンスを始める一方、14歳頃からYouTubeにミュージック・ソウルチャイルドの“So Beautiful”などをカバーした歌唱動画を公開し始めた。

2011年、16歳の時にロサンジェルスへ引っ越し、アマンダ・ブランシェと共に女性ダンサー・デュオ=カーリーフライズ(CurlyFryz)を結成して活動。2012年にはミゲルの大ヒット“Adorn”のミュージック・ビデオにも出演した。ダンサーとしての活躍をし始めた矢先、プリンスのもとでの活躍で知られる双子ダンサー・デュオのトゥインズ(The Twinz)から連絡を受け、プリンスの“Breakfast Can Wait”のミュージック・ビデオの制作を依頼された。当時まだ18歳だったが、ダニが提案したアイディアをプリンスは気に入り、彼女に予算を与えて監督を任せたという。ダニは監督だけでなく、メインキャラクターとして主演し、ダンスも披露している。プリンスに扮装しているのも彼女だが、プリンスは言われるまで分からなかったとか。

18歳でプリンスのミュージック・ビデオの監督を務めたことは大きな話題となり、翌2014年にはダンス映画『The Next Dance』にメイン・キャストとして出演するなど活動の幅を広げる。

2015年11月にはブライソン・ティラー、トーリー・レインズ、ドレイクらの楽曲のマッシュアップ・メドレーとなる“D.O.S.E”を発表。翌2016年にはSkelatune Muzikから“It’s Just Us”、“Only Wun”とヤング・ヨニー(Young Yonni)ら制作の2曲のシングルを発表するなどシンガーとして活動を始め、2017年始めにDef Jam Recordingsとの契約を獲得。2017年7月に“Play”と“Lurkin’”の2曲を、9月にはEP『Summer With Friends』を発表し、メジャー・デビューを果たした。 

アリーヤやミッシー・エリオット、リアーナから影響を受けていると公言している。