bmr

bmr>ARTIST db>Zaytoven

ARTIST db

Zaytoven

ゼイトーヴェン

アトランタを拠点に、グッチ・メイン、フューチャー、ミーゴス、アッシャーらの楽曲を手がけてきたことで知られるグラミー受賞プロデューサー。本名はゼイヴィアー・ダットソン(Xavier Datson)。

グッチ・メイン(Gucci Mane)やゴリラ・ゾー(Gorilla Zoe)の楽曲をキャリア初期から手がけ、2009年、アッシャー(Usher)のシングル“Papers”のプロデューサーとして注目を集める。この曲は、ゴリラ・ゾーがBad Boyからリリースした2ndアルバム『Don’t Feed Da Animals』に提供していた“So Simple”をリメイクしたものだった。同曲は全米シングル総合チャートで最高31位を記録したほか、翌年発表されたアッシャーの『Raymond v. Raymond』のリード曲という扱いでもあった。なお、『Raymond v. Raymond』は第53回グラミー賞の最優秀コンテンポラリーR&Bアルバム賞に輝いており、“Papers”で貢献したゼイトーヴェンも「グラミー受賞プロデューサー」の栄誉を手にする。

その後、ミーゴス(Migos)を手がけるようになり、2013年のミックステープ『Y.R.N. (Young Rich Niggas)』で5曲をプロデュース。そのうち、“Versace”はミーゴスを一躍注目のグループとして名を上げる代表的ヒットとなり、XXLによる「2013年のベスト・ソング・ランキング」で3位に選ばれたのを始め、数々の年間ベストで上位に取り上げられるなど高く評価された。