bmr

bmr>ARTIST db>Mahalia

ARTIST db

Mahalia

マヘリア

マヘリア(マヘイリア)ことマヘリア・ローズ・バークマー(Mahalia Rose Burkmar)は、「サイコ・アコースティック・ソウル」を標榜するイギリスの新進女性R&Bシンガー。弱冠13歳でAtlantic Recordsの契約を手にしたという。

1998年5月1日生まれ。カリブ系。両親ともにミュージシャンだという。両親の影響で、エリカ・バドゥやインディア・アリーといったネオ・ソウル~アコースティック・ソウル系から、ボブ・マーリーなどのレゲエを聞いて育った。また兄弟はグライム~ヒップホップのグループで活動していたとか。こうした家族環境もあり、幼い頃からギターを弾き、歌やスポークンワードに興じ、8歳で初めて自身の曲を書いたとか。

英レスターシャーで生まれ育ち、13歳でパフォーミング・アートを学ぶためバーミンガムに移った。この時すでにAtlantic Recordsと契約していたという。2012年には14歳でデビューEP『Head Space』を自主リリースで発表している。メジャー・レーベルとの契約を手にしていたものの、学業や自身の成長を優先し、まずはバーミンガムで本格的に音楽やパフォーミング・アートの腕を磨いたほか、エド・シーランやエミリー・サンデーらの前座を務めるなどし、2015年末になってAtlantic UKからメジャー・デビューEP『Never Change』をリリースした。17歳だった。同EPには、ナインティーン・エイティファイヴ(Nineteen85)やスティーヴ・フィッツモーリス(Steve Fitzmaurice)らが制作で参加している。前後して、同年9月にはルディメンタル(Rudimental)の『We the Generation』に表題曲でゲスト参加した。

2016年にデビュー・アルバム『Diary Of Me』を発表。“Silly Girl”や“I Remember”が反響を呼ぶ。そして2018年に発表した“I Wish I Missed My Ex”はミュージック・ビデオが4000万回再生を超える人気となった。こうした活躍もあり、英BBC放送が毎年、今後の活躍が期待される新人を選出する「Sound of」企画で2019年版の候補となったほか、YouTube Musicが注目すべきアーティストを選出する「Ones To Watch」の2019年UK版で1位になるなど注目を集めている。