bmr

ARTIST db

MØ

ムー

メジャー・レイザー(Major Lazer)のヒット・シングル“Lean On”でボーカルを務めたことで知られる、デンマーク出身のポップ・シンガー。アーティスト・ネームは自身の名前(カレン・)マリー・エルステッド(Karen Marie Ørsted)の略から来ている。

パンクなどの影響を受け、元々はピーチズ(Peaches)のような、エレクトロ・ビートにラップを乗せるようなスタイルで活動していたという。ところが、ロビン・ハンニバル(Robin Hannibal)と共にブーン・クラップ・バチェラーズ(Boom Clap Bachelors)を組んでいたデンマークのプロデューサー、ロニ・ヴィンダル(Ronni Vindahl)が彼女が歌うアカペラ音源を耳にし、これにトラックを付けたことで“Maiden”が誕生。これに可能性を見つけたマネジメントは、ロニ・ヴィンダルをプロデューサーに据えた歌手活動を勧め、シンガーとしてのムーが始動し、2013年1月にデビュー・シングル“Glass”が発表された。

2013年にはアヴィーチー(Avicii)『True』収録の“Dear Boy”に参加し、ディプロ(Diplo)制作の“XXX 88”を収録したデビューEP『Bikini Daze』を発表。アルーナジョージ(AlunaGeorge)の全英ツアーの前座を務めるなど、徐々に国際的な注目を集めるようになる中、2014年3月にデビュー・アルバム『No Mythologies To Follow』を発表。同年6月には米人気TV番組『Jimmy Kimmel Live!』に出演し、全米TVデビューも果たしたほか、イギー・アゼリア(Iggy Azalea)“Beg For It”にゲスト参加。こうした活躍もあって、〈Danish Music Awards〉では年間最優秀アルバム、年間最優秀ソロ・アーティストなどに輝いた。

ディプロとの交流により、アリアナ・グランデ(Ariana Grande)が参加したメジャー・レイザー“All My Love”でソングライティングを担当し、続いて2015年3月にはムー自身がフィーチャーされた“Lean On”がリリースされた。フランスのエレクトロ~トラップ系プロデューサーのDJスネーク(DJ Snake)とメジャー・レイザーが組んだ同曲は、全米チャートで最高4位、全英チャートで最高2位など世界的に大ヒット。音楽業界における国際的な業界団体であるIFPIの発表によれば、2015年のデジタル・シングルの世界セールスで年間5位となった。この成功を受けて、同年10月にはディプロが手がけた新曲“Kamikaze”を発表、セカンド・アルバムの制作を進めている。