bmr

bmr>ARTIST db>Vic Mensa

ARTIST db

Vic Mensa

ヴィック・メンサ

シカゴのラップ・バンド=キッズ・ジーズ・デイズ(Kids These Days)のメンバーだったことで知られるラッパー。2014年にはXXLが期待の新人を選出する恒例企画「XXL Freshman」のひとりに選ばれ、翌年にはジェイ・Z(Jay Z)率いるRoc Nationとのレコード契約を手にした。フルネームはヴィクター・メンサ(Victor Mensa)。

1993年生まれ、シカゴ出身。後にダニー・トランペット(Donnie Trumpet)とも名乗るようになるニコ・シーガル(Nico Segal)らと共にキッズ・ジーズ・デイズを結成し、2009年頃から活動をスタート。2011年にはデビューEP『Hard Times』を、2012年にはウィルコ(Wilco)のジェフ・トゥイーディー(Jeff Tweedy)がプロデュースしたフリー・アルバム『Traphouse Rock』をリリースするなど活躍したが、2013年に解散した。

ソロ・ラッパーとして再始動したヴィック・メンサは同年、デビュー・ミックステープ『INNATAPE』を発表。チャンス・ザ・ラッパー(Chance The Rapper)、アブ・ソウル(Ab-Soul)、BJ・ザ・シカゴ・キッド(BJ The Chicago Kid)、サー・ラーのオンマス・キース(Om’Mas Keith of Sa-Ra)、サンダーキャット(Thundercat)、ジェシー・ボイキンス三世(Jesse Boykins III)らも参加した同作は高く評価され、Complexの2013年ベスト・アルバム・ランキングで34位に、米Rolling Stone誌の2013年ベスト・ミックステープ・ランキングで7位に選出された。2014年には、毎年ニューヨークで開催される〈Governors Ball Music Festival〉のゴリラズ(Gorillaz)のステージにゲストとして招かれ、共演を果たしたほか、「XXL Freshman」のひとりに選出されるなど注目度をさらに高め、Virgin EMIからメジャー・デビュー・シングル“Down On My Luck”をリリースしている。

2015年2月には、人気番組『Saturday Night Live』の40周年記念特別番組に出演したカニエ・ウェスト(Kanye West)による“Wolves”のパフォーマンスに参加し、4月には、ジェイ・Z率いるRoc Nationとのレコード契約を結んだことが発表され、同時にカニエ・ウェスト参加の“U Mad”がリリースされた。また同年には、スクリレックス(Skrillex)らプロデュースの“No Chill”も発表しているほか、カニエ・ウェストが発表した“All Day”にソングライターのひとりとしてクレジットされている。

2016年にはカニエ・ウェストが“Wolves”収録の『The Life Of Pablo』を発表。また、デビューEP『There’s Alot Going On』をリリースしている。ゴリラズの久々の新作となる『Humanz』のレコーディングにも参加したが、翌年リリースされた『Humanz』には最終的に収録が見送られた。