bmr

bmr>ARTIST db>Mila J

ARTIST db

Mila J

Mila J

ミラ・J

ギャル(Gyrl)、デイム・フォー(Damn Four)などのグループ活動を経て、ソロとして活動している女性R&Bシンガー/ラッパー。本名をジャミーラ・アキコ・キロンボ(Jamila Akiko Chilombo)といい、同じくソロで活動しているジェネイ・アイコ(Jhene Aiko Chilombo)は妹、元ギャルのミヨコ(Miyoko Chilombo)は姉。母方の祖父が日本人で、母親が日本、スパニッシュ、ドミニカの血を引くミックス、父親がアフリカ系アメリカ人という多様な人種的背景を持つ。ジャポロニア(Japollonia)という異名も持つ。

1982年生まれ。幼少期、プリンス(Prince)が1991年に発表した“Diamond and Pearls”のビデオにカメオ出演してクリス・ストークス(Chris Stokes)に目をかけられ、ストークス率いるTUG Entertainmentと幼くして契約。イマチュア(Immature)の“Munchies”のミュージック・ビデオに出演するなどしてイマチュアのバックダンサーを務め、姉のミヨコ、後にアイシス(Isyss)のメンバーとなるポーレット・マックスウェル(Paulette Maxwell)の3人でティーンズ・ガールズ・グループ=ギャルを結成、MCA Recordsから1995年にシングル“Play Another Slow Jam”でデビュー。ポーレットの脱退によるメンバーチェンジなどを経たが、ギャルとしてのアルバム・デビューは実現しなかった。その後は4人組女性グループ、デイム・フォーを結成して活動。こちらも2005年にシングル“How We Roll”などを発表したが、デビューは成らなかった。

ミラ・Jと名乗ってソロに転向した彼女は、オマリオン(Omarion)のアルバム『O』などに参加し、2006年にシングル“Complete”を発表。マーカス・ヒューストン(Marques Houston)とデュエットした“Good Lookin’ Out”などもリリースし、2006年11月にUniversal Motownからアルバム『Split Personality』でデビューを予定するも、お蔵入りとなっている。

その後しばらく音沙汰が途絶えていたが、2012年、マーカス・ヒューストンが製作指揮を務めるダンス映画『Battlefield America』(邦題『バトル・ダンス』)に合わせた、ジャリル・ビーツ(Jahlil Beats)制作の新曲5曲を収録したミックステープ『Battlefield America Soundtrack Mixtape』を発表し、ふたたび表舞台に。ここに収録された“Blinded”は、後にプリンス(Prince)の目に留まり、2014年9月に発売された『Art Official Age』の“U Know”でサンプリングされる。これを受けてか、2014年5月には、その“Blinded”を始めとした『Battlefield America Soundtrack Mixtape』の楽曲に、未発表に終わった『Split Personality』の楽曲も追加収録したミックステープ『Westside』を発表している。

前後して2013年にはMotown Recordsとのメジャー契約を獲得し、2014年3月にエリック・クロフォード(Eric Crawford)がプロデュースした“Smoke, Drink, Break-Up”で再デビュー。続けてタイ・ダラー・サイン(Ty Dolla $ign)参加、DJマスタード(DJ Mustard)制作の“My Main”を発表したほか、恋仲と噂にもなったトレイ・ソングス(Trey Songz)の『Trigga』などに参加し、同年10月にメジャー・デビューEP『M.I.L.A. (Made In L.A.)』をリリースした。

2015年には、ジョデシィ(Jodeci)のおよそ20年ぶりの新作となった『The Past, The Present, The Future』にゲストとして迎えられたことも話題に。また、同年5月には、ジェイムス・ブレイク(James Blake)も称賛したLAのエレクトリックR&Bデュオ=BC・キングダム(BC Kingdom)と共にミラ&BC・キングダム名義でEP『Press Start』を発表し、同年11月にはミックステープ『The Waiting Game』をリリース。さらに2015年末には、カバー中心のミックステープ『Covergirl』を発表したほか、故アリーヤ(Aaliyah)の未発表音源も収録するという触れ込みで話題になったティンバランド(Timbaland)のミックステープ『King Stays King』のオープニング曲“Get No Betta”にフィーチャーされ、翌年“Don’t Get No Betta”としてシングルカットもされた。2016年6月には、シャーデー(Sade)のリメイクも収録されたEP『213』をMotownから発売するなど、活発にリリースを重ねている。

2017年2月には、ミックステープ『MilaULongTime』をリリース。同年4月には、Motownを離れてEP『Dopamine』を発表している。