bmr

bmr>ARTIST db>Scooter Smiff

ARTIST db

Scooter Smiff

スクーター・スミフ

米ボルティモア出身のダンサー/ラッパー。かつてクリス・ブラウン(Chris Brown)のCBE Recordsと契約していたことで知られる。

5歳でダンス番組「Showtime at the Apollo」に出演、そこで出会ったB2KのJ・ブーグ(J Boog)に気に入られて彼の支援を受けて8歳のときに家族共々ロサンジェルスに移住。グラミー賞でのパフォーマンスのためにキッズ・ダンサーを探していたクリス・ブラウンのオーディションを受けて見事合格し、クリスのCBE Recordsと契約、弱冠9歳でグラミーの舞台に立つ。そのままクリスが参加した「Up Close and Personal Tour」に同行、また“Kiss Kiss”や“Wall To Wall”のミュージックビデオに出演した。そして転機となったのは彼のMySpaceにアップされていたラップしている映像をクリスが観たことで、このラップをクリスは気に入り、Interscope Records会長のジミー・アイオヴィン(Jimmy Iovine)に引き合わせ、見事メジャー契約を勝ち取る。2008年にクリスをゲストに迎えたシングル“Head of My Class”を発表し、本格的にラッパーとしての活動をスタートさせるも結局デビューは実らず、CBE/Interscopeを離脱。

その後もインディペンデントで活動を続け、2012年2月、16歳で、マリオ(Mario)やケヴィン・マッコール(Kevin McCall)らが参加したデビュー・ミックステープ“First Period”を発表し、シーンに舞い戻っている。