bmr

bmr>ARTIST db>Luke James

ARTIST db

Luke James

ルーク・ジェイムス

米ニューオーリンズ出身のシンガー・ソングライター。フルネームをルーク・ジェイムズ・ボイド(Luke James Boyd)と言い、以前はルーク・ボイドの名でアーティスト活動を行っていた。

元々はクエンティン・スピアーズ(Quinten Spears)とのR&Bデュオ、ルーク&Q(Luke & Q)として活動をスタートさせ、タイリース(Tyrese)のバックコーラスを経て、アンダードッグズ(The Underdogs)のUnderdog Entertainmentと契約。2004年にJ Records所属のアーティストとなる。2007年にようやく公式1stシングル“Turn It Around”をリリースするも、ルーク&Qのアルバムはお蔵入りに。その後ソングライターとして活動を続け、クリス・ブラウン(Chris Brown)の“Crawl”ほか、ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)やブリトニー・スピアーズ(Britney Spears)といったスターに楽曲提供を行う。

ケリ・ヒルソン(Keri Hilson)のデビューアルバム『In A Pefect World…』制作に関わった縁でデンジャ(Danja)とマーセラ・アライカ(Marcella “Ms Lago” Araica)と知り合い、彼らが立ち上げたレーベル New Age Rock Star Recordsとソロ・アーティストとして契約。2011年12月22日に、‘プレ・デビュー’アルバム『#Luke』を発表した。デビュー・シングル“I Want You”ではいきなりグラミー賞の候補にもなっている。

なお、ビヨンセ(Beyonce)の“Run The World”やメラニー・フィオナ(Melanie Fiona)“4 AM”のミュージックビデオにも出演、それぞれの相手役を務めている。