bmr

bmr>ARTIST db>Steve Arrington

ARTIST db

Steve Arrington

スティーヴ・アーリントン

スティーヴ・アーリントンはカリフォルニア、オハイオなどを拠点としながら1970年代から長く活躍するファンク・ミュージシャン。

ダンス・クラシックとなった“Just A Touch of Love”をはじめ数々の傑作を残したバンド、スレイヴ(Slave)の中心メンバーで、パーカッション/ドラム/ボーカルを担当していたが、1982年に脱退。スティーヴ・アーリントンズ・フォール・オブ・フェイム(Steve Arrington’s Hall of Fame)として活動を開始し“Weak at Knees”などのヒットを生んだ。その後、1990年に信仰に目覚めて音楽活動を停止。説教師となったが、2009年にキャリア復帰、アルバム“Pure Thing”を発表。さらにStones Throwに迎えられ、デイム・ファンク(Dam-Funk)とのコラボ作を制作している。