bmr

bmr>ARTIST db>PJ Morton

ARTIST db

PJ Morton

PJ・モートン

マルーン5(Maroon 5)の「第6のメンバー」とも言われる鍵盤奏者で、グラミー授賞プロデューサー/シンガー・ソングライター。米ニューオーリンズ出身であり、Young Money Recordsの社長であるマック・メイン(Mack Maine)とは高校の同級生という関係で、2011年末にYoung Money入りして大きな反響を呼んだ。フルネームはポール・モートン・ジュニア(Paul Morton, Jr.)。

高名な牧師でゴスペル・シンガーであるポール・モートン(Paul S. Morton)を父親に持ち、幼い頃から教会で育つ。8歳でピアノを弾きはじめ、14歳からソングライティング、プロデュースをするようになったというPJは、若くしてインディア・アリー(India.Arie)のグラミー最優秀R&Bアルバム賞に輝いた“Voyage To India”(2002年)収録の“Intersted”を手がけ、注目を集める。

そのスティーヴィ・ワンダーからビートルズ、スティングまでを思わせる耳なじみのよいメロディと豊穣なサウンドで人気を博し、ジャーメイン・デュプリ(Jermaine Dupri)から目をかけられてジャギド・エッジ(Jagged Edge)、モニカ(Monica)らを手がけるほか、ウォーリン・キャンベル(Warryn Campbell)と組んでミュージック・ソウルチャイルド(Musiq Soulchild)をプロデュースするなど活躍。2010年にはマルーン5のツアー・メンバーに選ばれ、「第6のメンバー」とも言われるなど才能を高く買われ、2011年3月にはコカコーラの企画でマルーン5 featuring PJ・モートン名義で“Is Anybody Out There”という曲を発表もしている。

歌手としては、フリースタイル・ネイション(Freestyle Nation)という集団を結成、2002年にアルバム“freeversation”を発表し、デビュー。インスピレーショナルな歌詞ながら、ゴスペルの枠は超えてネオソウル、ヒップホップを組み合わせたサウンドを展開した。その後、2005年にソロ作“Emotional”を発表し、あたたかみのある「ソウルフル・ポップ」が注目され、翌年収録内容を追加したスペシャル・エディションとして再発された。2007年にはPJ・モートン・バンド(PJ Morton Band)名義で“Perfect Song”を、2008年にはライブ盤“Live from LA”を発表と精力的にリリースを続け、2010年には準メジャーといえるインディ大手eOne Musicと配給契約しての新作“Walk Alone”を発表。また同年12月には無料作品“Independently Major”を公開と自由に活動を続けている。

2011年7月にリル・ウェイン(Lil Wayne)“How To Love”のカバーを無料公開したが、同年12月にYoung Money / Cash Money Recordsと契約したことを発表、世間を驚かせた。2012年3月に予告どおりYMCMB入り第一弾作となる無料EP“Following My First Mind”を公開。同作にはウェインのほか、マルーン5のアダム・レヴィーン(Adam Levine)、ジャズミン・サリヴァン(Jazmine Sullivan)らが参加している。