bmr

bmr>ARTIST db>Ester Dean

ARTIST db

Ester Dean

エスター・ディーン

1986年生まれ、オクラホマ州出身の女性シンガー/ソングライター/女優。リアーナ(Rihanna)の“Rude Boy”、“What’s My Name”、“S&M”、“You Da One”、“Where Have You Been”などを始め、ニッキー・ミナージュ(Nicki Minaj)“Super Bass”、ケイティ・ペリー(Katy Perry)“Fireworks”、ビヨンセ(Beyonce)“Countdown”など数々のヒット曲のソングライターとして知られる。以前はEstherと表記されていたが、現在はEsterで統一されている。

ロサンジェルスに引っ越した際にポロウ・ダ・ドン(Polow Da Don)と知り合い、ポロウのZone 4およびInterscope Recordsと契約。ティヤーナ・テイラー(Teyana Taylor)のデビュー曲“Google Me”や、メアリー・J.ブライジ(Mary J. Blige)の“The One”、“Stronger”などを手がけるなどしばらくソングライターとして活動し、リアーナの2009年作『Rated R』でソングライティングを担当した“Rude Boy”が2010年にシングルカットされ、全米チャート1位の大ヒットとなる。以降リアーナを筆頭に数々の楽曲のソングライターとして活躍する。一方で、2009年には映画『More Than A Game』のサウンドトラックに、クリス・ブラウン(Chris Brown)をゲストに迎えたデビュー曲“Drop It Low”を提供し、アーティスト・デビューも飾った。

ポロウのZone 4からは離れることになるが、Interscopeにはそのまま所属し、2012年1月にはリアーナも所属するRoc Nationとマネジメント契約を締結。この年、公開されたCGアニメ映画『アイス・エイジ4/パイレーツ大冒険』で声優を務めたほか、大学のアカペラ・サークルを舞台にした青春コメディ映画『Pitch Perfect』で女優デビューを果たす。この映画は好評を博し、2015年公開の続編にも引き続き出演予定。

Roc Nationとの契約も後に解消されるが、Interscopeには引き続き在籍。2012年にはニュー・シングル“Bam Bam”をリリースし、デビュー・アルバム『Story Never Told』の準備を以前から進めているものの、2014年4月現在、リリース日は未定。