bmr

bmr>ARTIST db>Jesse Boykins III

ARTIST db

Jesse Boykins III

ジェシー・ボイキンス三世

ジェシー・ボイキンス三世(発音としてはジェシー・ボイキンズ・サード)は、00年代に登場、「ロマンティック・ムーブメント」を標榜し、心に残るメロディとファルセットを生かしたスタイルで聴かせる男性シンガー。ネオ・ソウル調のサウンドでシーンに登場したが、ダンス~エレクトロ・サウンドも積極的に取り入れ、独自の立ち位置を築いていっている。

1985年シカゴ生まれでマイアミなどを経由してNYを拠点に活動。2008年のEP『Dopamine: My Life on My Back』に続き、洗練されたデトロイト的で硬質なヒップホップ・ビートに細めの歌声、強力なメロディにセクシーな歌詞という強力なファースト・アルバム『The Beauty Created』を2009年にリリース。このアルバムのリミックス盤もリリースされた。ロマンティックかつセンシティブな歌詞とそれにぴったりの歌声、現在進行形のサウンドを取り込んで独自の世界観を作り上げることに成功している。

ラッパーのメロー・X(Melo-X)、スターリー(Stalley)やオランダのトラックメイカー、フル・クレイト(Full Crate)らとの共演、Redbull Musci Academyへの参加など活躍の場を広げつつ、2011年にはエレクトロニック・ミュージックよりのEP『Way of A Wayfarer』をネット公開。2012年にはメロー・Xとのコラボ・アルバム『Zulu Guru』をNinja Tuneから発表予定となっているほか、幅広い先鋭的なサウンドを展開する人気プロデューサー、マシーンドラム(Machinedrum)とのコラボ作『Love Apparatus』も制作中とのこと。