bmr

bmr>ARTIST db>dj honda

ARTIST db

dj honda

dj honda

dj honda

世界的な人気を確立している伝説的な日本人DJ/プロデューサー。そのロゴをフィーチャーしたファッション・ブランドの成功でも知られ、音楽とファッションの融合にいち早く手をつけた存在でもある。

1992年、単身ニューヨークに渡り、同年、DJ Battle For World Supremacyに出場し、準優勝を獲得。ヒップホップのアンダーグラウンド・シーンにおいて日本人DJが初めてその実力を認知された歴史的瞬間だった。95年には、ビートナッツ、レッドマン、グールー、DJプレミア、ファット・ジョー、コモン、エリック・サーモンら錚々たるアーティストが参加したデビュー・アルバム『dj honda』をリリース。2ndアルバム『h II』ではデ・ラ・ソウル、キース・マーリー、KRS・ワン、モス・デフ、キャンプ・ローらが参加、この2作で一躍世界的に注目された。特にモス・デフを迎えた“Travellin’ Man”は、米BillboardのHot Rap Singlesチャートで最高17位、16週以上にわたってチャートインを記録するというアジア人初の快挙を成し遂げている。

その後も順調にキャリアを重ね、2009年にはモス・デフ、フレッド・ダースト(リンプ・ビズキット)、クール・G・ラップ、EPMDらを迎えた新作『dj honda IV』を世界同時リリースし、2011年には日本を代表するジャズ・トランペッター、日野皓正の『Aftershock』の全曲のビートをプロデュース、国内最大級のジャズの祭典「Tokyo Jazz Festival 2011」などで共演するなど活躍の幅を広げている。