bmr

bmr>ARTIST db>D.I.T.C.

ARTIST db

D.I.T.C.

D.I.T.C.

90年代NYを代表するアーティスト集団、その名もDiggin’ In The Crates=「エサ箱を掘る」略してD.I.T.C.クルー。そうそうたるメンバーが集結し、特に日本やヨーロッパではいまだに根強い人気を誇る。

構成メンバーはリーダー的存在のロード・フィネス(Lord Finesse)を中心に、ダイアモンド・D(Diamond D)、OC、ショウ&AG(Show & A.G.)、ファット・ジョー(Fat Joe)、ビッグ・L(Big L)、バックワイルド(Buckwild)ら。ジャズ、ファンクなどからシンプルで美しく味のあるサンプリングを見つけ出し(=レコードを掘り出す)、ストレートで巧みなラップと結びつける作風で知られる。それぞれソロ活動を主体とする面々だが、2000年にはクルー名義のアルバム”D.I.T.C.”をリリース、ライブアルバム”Live at Tramps New York in Memory of Big L”2部作も発表された。