bmr

bmr>ARTIST db>M.I.A.

ARTIST db

M.I.A.

M.I.A.

M.I.A.

レゲエはもちろん、グライム、エレクトロ、ヒップホップなど多彩な音楽を吸収したかのような強烈で刺激的、カラフルなビートの上でラップし、歌うそのサウンドは世界でも他にないものとして注目されている、イギリス出身のタミル系スリランカ人の女性アーティスト。ロンドン生まれながら生後6ヵ月でスリランカに引っ越し、内戦激化のため11歳でイギリスに難民として戻った過去や、父親がタミル族の自決権を獲得するため武装闘争を行う「タミル・イーラム解放のトラ」の一員だったことでも知られる。本名はマータンギ・アルルピラガーサム (Mathangi Arulpragasam)と言い、M.I.A.という名は父親がMissing In Action(戦闘中行方不明)であることに由来する。自らの作品のアートワークも手がけており、その個性的な色彩感覚でも知られている。

イギリスへ亡命後、アートの世界で活躍するが、ダンスホール・レゲエとの出会いからトラックメイキングを開始。シングル“Galang”のヒットを経て2005年、デビューアルバム”Aruler”をリリース。ジャンルを超えて高い評価を得たこのアルバムに続き、2007年にはセカンドアルバム”Kala”をリリース予定。またそのバックに控える人物として知られるDJ、ディプロ(Diplo)はブラジル産のパーティミュージック、バイレ・ファンキの紹介者としても知られており、M.I.A.のサウンドの背景に、この音楽の影響があることも有名。

2007年にはティンバランド(Timbaland)のソロアルバム”Shock Value”に”Come Around”で参加、さらにインドで撮影したという”Bird Flu”、ジャマイカで男性ダンサーを多数起用して撮影した”Boyz”などをネット上で発表。これらを収録したセカンドアルバム”Kala”をリリースしている。

このセカンドアルバムからはシングル”Paper Planes”がダンスミュージックシーンからヒップホップ、ポップsなどジャンルを超えて大ヒット。さらにこの曲をサンプリングしたT.I.らによる”Swagga Like Us”のヒットもあって世界的スターの1人として認められている。