bmr

bmr>ARTIST db>Smif-N-Wessun

ARTIST db

Smif-N-Wessun

Smif-N-Wessun

スミフン・ウェッスン

テック(Tek)とスティール(Steel)の2MCユニット。ココア・ブラヴァズ(Cocoa Brovaz)というグループ名でも知られる。

ブラックムーンが中心となったプロジェクト=ブート・キャンプ・クリック(Boot Camp Clik)と、ビート・マイナーズ(Da Beatminerz)のバックアップを一身に受け、1995年に『Dah Shinin’』でアルバム・デビュー。“Bucktown”、“Sound Bwoy Bureill”、“Stand Strong”等、メロウな曲からハードなビートまで、全てにおいてビートマイナーズ色の濃い、煙たいサウンドで彩られた『Dah Shinin’』は、2人のMCの、ハードだが決して詰め込みすぎないフロウでも人気を呼んだ。特に大ヒットシングルの“Wrekonize”では、グローヴァー・ワシントン・ジュニアの人気曲“Just The Two of Us”をネタに使い、従来のファン層に加え女性リスナーの人気も得、結果ブート・キャンプ勢全体のファン層を底上げすることになった。

2ndアルバム『The Rude Awakening』(1998年)をリリースする前に、名前の元になった銃器メーカー=スミス&ウェッソン社から訴えられ、グループ名をココア・ブラヴァズに改名。レーベルも、Nervous Recordsから、Priority配給のDuck Downに移り、環境を一新した。2ndアルバム『The Rude Awakening』は、ファースト・アルバム『Dah Shinin’』ほどのインパクトは残さなかったものの、ドキュメンタリー映画『Soul In The Hole』のサウンドトラックにも収録されたヒット・シングル“Won on Won”や、“Spanish Harlem”等の人気曲が収録されており、『Dah Shinin’』の路線を踏襲しつつも、さらにそのダークさを前面にフィーチャーした彼ららしい作品となった。

その後は2000年にリリースされた『Lyricist Lounge 2』に収録された“Get Up”や、日本古謡の「さくらさくら」をサンプリングした“More Fire”、スーパーマリオのBGMをサンプリングした為に発売後すぐに問題となってしまった“Super Brooklyn”等、シングル単位でクラブヒットを飛ばしており、以後もブート・キャンプ名義の作品などで活動中。

2005年にはテック&スティール名義で待望の新作『Smif ‘n’ Wessun: Reloaded』をリリースしている。