bmr

bmr>ARTIST db>Lupe Fiasco

ARTIST db

Lupe Fiasco

Lupe Fiasco

ルーペ・フィアスコ

ルーペ・フィアスコ(Lupe Fiasco)はコモンなどコンシャスなアーティストを多く生んできたシカゴの系譜に連なる新世代のラッパー。言葉遊びのようなリリックの巧みさが特に評価が高い。

本名Wasalu Muhammad Jaco、アフリカンドラマーを父に持つ9人兄弟の末っ子としてシカゴ西部で育った。早い時期にラップを始めた彼は高校卒業後にダ・パック(Da Pak)というグループを結成、Epicとディールを結び、シングルをリリースするもすぐにグループ解散の憂き目を見る。しかしこの時点で多くの音楽業界関係者にその才能を認められ、特にジェイ・Z(Jay-Z)のお墨付きを得てバックアップを受けるようになったという。

その後、飛ぶ鳥を落とす勢いのカニエ・ウェスト(Kanye West)のセカンドアルバム”Late Registration”に収録されたシングル”Touch the Sky”にゲスト参加、ソロデビューへの道筋を順調にたどり、Atlanticからアルバム”Food & Liqur”のリリースを決めた。

しかし2006年はじめにリリース予定だったこのアルバムが全曲ネットにリークされるという事態を受け、発売は延期。しかしメインストリームで主流のギャングスタ・ラップやパーティラップとは一線を画す内容の素晴らしさに「コモン(Common)”Be”に続く2000年代の傑作」との呼び声を巻き起こすことになり、同年後半に”Lupe Fiasco’s Food & Liquor”として正式リリース。Def Jam CEOであるジェイ・Zが別レーベルからリリースされるアーティストのエグゼクティブプロデューサーを務めたこの異例のアルバムは、発売初週のセールス1位を獲得するなど人気を呼んでいる。