bmr

bmr>ARTIST db>Jeezy

ARTIST db

Jeezy

ジージー

ジージー、またはヤング・ジージー(Young Jeezy)は、2000年代半ば、ダーティ・サウス隆盛のなかあでも特にハードコアなイメージで人気を高めた、アトランタを拠点とするラッパー。2013年頃から「ヤング」を取り、ジージーと名乗っている。

1977年サウスカロライナ州コロンビア生まれでジョージア州メイコン育ち。本名はジェイ・ジェンキンス(Jay Jenkins)という。家庭環境や従兄弟とのつながりから、わずか12歳でドラッグを売り始め、17歳だった94年に逮捕され9ヶ月矯正施設に入れられたという経歴の持ち主。

キャリア当初はリル・J(Lil’ J)と名乗り、インディからアルバム『Thuggin’ Under the Influence』(2001年)と『Come Shop Wit’ Me』(2003年)をリリース、ギャング組織BMFとのつながりを誇示し、コカインのディーラーとして活躍した武勇伝をラップするスタイルで人気を博した。その後ボーイズン・ダ・フッド(Boyz N Da Hood)のメンバーとしてBad Boy Recordsと契約を獲得、2005年にアルバム『Boyz N Da Hood』をリリースし、全米チャート5位のヒットとなった。これを受けてDef Jam Recordsとのソロ契約を獲得し、同年ソロとしてメジャー・デビュー・アルバム『Let’s Get It: Thug Motivation 101』を発表、こちらも大ヒットとなり、彼の仇名であるスノーマン(Snowman)をあしらったデザインのTシャツまで流行した。2006年にはメジャー2作目となる『The Inspiration』を発表、全米チャート初登場1位を獲得するなどさらに人気は拡大。翌年には自らのレーベル、Corporate Thugz Entertainmentから、2人のラッパーとのグループ=USDAとしてアルバム『Cold Summer』もリリースしている。